フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

文房具屋のカティア

先週の金曜日は夕方、ユキちゃんの幼稚園のお友達、ロレンツォ君のお誕生日会でした。
子供たちが、夕方、幼稚園から戻って来たあと、16:30から簡単なおやつ会といった気軽なものでした(連れて行く親としてはとっても気が楽なスタイルです)。
さて、プレゼントをどうしよう?と思いながら、結局、直前まで用意ができなかった私、「そうだ!カティアの文房具屋さんに何かあるかもしれない」と、行きがけに村で唯一の文房具屋さんに寄りました。半径10キロ以内で唯一の文房具屋さんであるこのお店は、ごちゃごちゃと商品が並んでいる「田舎の文房具屋さん」という見かけによらず、結構繁盛しているのです。私も何度かコピー用紙やプリンターのインクを買いに走ったことがあります。
カティアはこの文房具屋さんで働きながら、朝は園バスの引率のアルバイトもしているために、子供たちに大人気です。そしてそれぞれの子供のことをよく知っている!
「カティア、お誕生会に呼ばれたんだけど、プレゼントになるようなものある?」と私が聞くと、彼女は、「誰のお誕生会?」と聞き返しました。「ロレンツォよ。」「あ~ロレンツォね。さっきラウラのマンマもプレゼントを買いに来たわよ。ロレンツォにはねえ・・・・」とごそごそ店の奥のほうに行ってしまうカティア。荷台がついたトラクターの玩具を大小数台もってきました。どれも数ユーロの手ごろなもの。「ロレンツォはトラクターとか、シャベルカーが好きなのよ」。なんだかとても説得力があります。
結局、荷台がついたトラクターを選んで包んでもらいリボンを飾ってもらいました。
さて、ロレンツォは皆からのプレゼントに大喜び。で、包み紙は全く別なのですが、どの包みにも良く見ると、カティアの文房具屋のシールが貼ってあります。そっか~、皆、カティアのところに寄ったのね。包み紙の模様をそれぞれ全く別にして、リボンの色まで変えている。そして、玩具同士がかち合うことなく、しかもロレンツォの好みをそれぞれ押さえている!
こういうサービスは、田舎の文房具屋ならではです。

カティアの文房具屋は今日も繁盛!

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by komorebi at 2006-06-12 19:50 x
う~ん!まいりました。
中身もさることながら、包装紙もリボンも替えてって素敵ですねー!!
私も今日スリランカの里子チャンの誕生日プレゼントを買いに行ったのですが…。
マー、ナンか文具とはいえあまりの種類とキャラクターがありすぎて…。
「いいのかなー日本はこんな事でー」と思ったりしたのでchihoさんのお話は胸にしみましたw。
Commented by みどり at 2006-06-13 07:20 x
初めまして、16歳のみどりともうします。98~01年までローマに住んでいました。フィレンツェには日帰りで1回だけ行きました。
外国って、何歳になっても盛大な誕生日会やりますよね。
私は今、ブラジルに語学留学しています。外国大好きです。
留学ブログを付けているので、良かったら遊びに来てください^^
またローマに行きたいです。
Commented by ms_fragrance at 2006-06-13 09:59
ジーンと熱くなる話ですね。
お客さんに喜んでもらえるように気配り。
なんだか商売の原点を見るようです・・勉強になります(笑)
そう言えば、小学校前にあった文房具屋さんでも、「飴をおまけ!」「鉛筆は1本おまけ!」
おば様のサービスに、子どもながら嬉しかったことを思い出しました・・
Commented by ニコラの阿蘭陀主婦生活 at 2006-06-13 16:48 x
それこそ、心温まる文具屋さん!それだけ地元に根付いている証拠ですね!やっぱり都会にはないだろうな~。
それだけ顔馴染みってことだし。ほのぼの・・・いいお話をありがとうございます!
Commented by ろいやる at 2006-06-13 17:09 x
はじめまして。
いつも楽しく拝見させて頂いてます。
私はロンドンで主人と出会い、彼がフランス人だった為今はフランス暮らしです。
で、ロンドンでホームステイをしていた時に私と一緒にいたのがフィレンツェから来てた娘で、私達本当に仲がよかったんです。
1度だけ彼女の家に遊びに行ったのですが、その時車でかなり山道を登ったような記憶が・・・
なのでいつもここに来てその頃を懐かしんでます。
もう10年も前のことだけどね。

お誕生会、こちらもよくありますよー。
プレゼントがかち合わないようにするのは確かにたいへん。
ここにもカティアのような人がいればいいんだけど。(*^_^*)
ユキちゃんだんだん大きくなってきましたね。
これからも楽しみにしています。
Commented by chiho at 2006-06-13 18:17 x
komorebiさん>イタリアもキャラクターものや、プラスチック製のオモチャが溢れていますが、日本ほどではないかなあ。毎回、日本に帰る度に、モノが溢れていてビックリします。
Commented by chiho at 2006-06-13 18:18 x
みどりさん>ブラジルからイラッシャイマセ!イタリア語からポルトガル語へ転向されたのですね。後程、是非みどりさんのブログにもお邪魔させていただきます。留学が楽しいものとなりますように・・・
Commented by chiho at 2006-06-13 18:22 x
ms_fragranceさん>イタリアの田舎にいると、人とのふれあいがとても直接的だなあと感じる瞬間が多々あります。お店に入っても、店員、お客という関係だけではなく、それを超えたふれあいを感じます。
Commented by chiho at 2006-06-13 18:25 x
ニコラさん>こういうお店は、凄く助かるんです。大型スーパーの方が割安であることもありますが、膨大な量のオモチャを目の前にして、何をプレゼントに選んでよいのか途方に暮れてしまったことがあり、それ以来、カティアの文房具店オンリーです(笑)。
Commented by chiho at 2006-06-13 18:28 x
るいやるさん>初めまして。フランスにいらっしゃるんですね。そちらの気候は如何ですか?トスカーナはやっと今週末から初夏の陽気になるようです。フィレンツェは、ちょっと離れるとビックリするような田舎なんですよ。これからもどうぞ宜しくお願いします♪
Commented by 菜雪 at 2006-06-14 21:44 x
うーん、カティアかっこいいですね!
まさにプロの仕事だ~。そこに一軒しかないことも、引率のアルバイトを
していることも、全部意味がありますね、その仕事っぷりは。
一流ホテルのコンシェルジェみたい♪
Commented by chiho at 2006-06-15 00:28 x
菜雪さん>こういうサービスは田舎の文房具やならではですよね。朝の園バスでは、朝、ぐずって泣いている子供を抱っこしてあやしている優しいカティアです。
by lacasamia3 | 2006-06-12 18:43 | トスカーナ山暮らし | Comments(12)