フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

イタリアで渋柿

f0106597_06032437.jpg
お友達はそれぞれ自分が作ったカボチャを持って帰り、我が家にはユキのハローウィンのカボチャが残ったのでした。
よく見ると、結構怖い・・・

さて、先月から、村の公民館で英会話教室に通っています。近年、仕事で英語を使う機会が増え、そろそろもう一度基本から習い直してみたいなあと思っていたのです。GASの仲間、イギリス人のフェリシティが初級クラスを開くというので、参加することにしました。実は彼女、ユキの幼稚園での英語の先生だったんです。幼稚園では100%英語のみで会話をしていたフェリシティですが、ある時、GASの仲間での食事会に来て、彼女がめちゃめちゃ訛ったトスカーナ弁のイタリア語でペラペラ話しているのを、ユキとM君、D君園児3人が呆然として見ていたという笑い話があります。あれはショックだっただろうなあ(爆)。

話がそれましたが、村のお婆ちゃん達に混じっての英会話教室、笑いが絶えず、1時間40分の授業は毎回あっという間に過ぎてしまいます。宿題もちゃんと出るし、なかなか楽しい。
f0106597_06134710.jpg
昨日はお店で渋柿があったので、久しぶりに買ってみました。
これはもう熟れたもので、そのまま食べられますが、熟れていないものは暫く家の中で食べ頃になるまで置いておきます。
f0106597_06150446.jpg
中はこんな風にトロトロ。スプーンで食べます。
渋柿の美味しさは、イタリアに来て発見しました。日本では食べたことはなかったかも。
フィレンツェの大衆的な食堂では、今の時期、デザートとして、熟れた渋柿を出すお店もあります。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪




Commented by まるふう at 2015-11-05 06:36 x
あー、そういえばかつて友人がイタリアに新婚旅行できて渋柿たべて「渋かった(涙)」と嘆いてました。甘柿ってまだイタリアに種苗輸出されてないんでしょうか。うちにも種無し渋柿の木ありますが、考えてみたら渋柿ってもともと柿渋=塗料原料用だったんですよね。防腐剤&紙の強化材の。あと、家の外装塗料とか。
Commented by aizu-shirokiya at 2015-11-05 06:57
美味しそうですね。ところでイタリアでは渋柿を渋抜き(さわす)しないのでしょうか?
Commented by nonnakaori at 2015-11-05 07:17 x
イタリアは、渋柿しか無いのかな?
今日、静岡の友人から百目柿が届く予定です。
これも渋柿らしいけれど、渋がぬいてあるらしい。
楽しみです。
昔の秤で百匁(375g)あり百匁柿と言われていて、大きい柿らしいです。
Commented by chiz at 2015-11-05 10:47 x
こんにちは、はじめまして。
毎日楽しく拝見させていただいています

渋柿が登場するとは思っても居ませんでしたわ^^
画像だけ見ていると、日本の田舎発信、という趣で
ついコメントを。
新潟、糸魚川市に住むバアバです
毎朝PCを開いてここへやって来るのがとても楽しみです
何年か前に、在仏の長女がこちらのブログを紹介してくれ
それ以来ずっと拝見させていただいています

ユキちゃんが、孫のようにも思えて欠かせないのです
(自分の孫たちと重なって見えるのです)

どうかお元気で執筆なさってくださいね
いつもありがとう!

Commented by lacasamia3 at 2015-11-05 16:36
まるふうさん、渋柿じゃない柿もたまーに売られているのですが(kaki mela リンゴ柿と呼ばれています)、やっぱり渋柿が主流です。柿渋はイタリアでは余り使われないかなあ。
Commented by lacasamia3 at 2015-11-05 16:36
aizu-shirokiyaさん、そのまま部屋においておいて、熟させると渋が抜けるんです。プルプルで美味しいです〜。
Commented by lacasamia3 at 2015-11-05 16:37
nonnakaoriさん、この柿も相当大きかったです。静岡の渋抜き柿、美味しそうですね。
Commented by lacasamia3 at 2015-11-05 16:39
chizさん、あはは、柿は日本の風景という感じですよね。いつもブログを見て下さって有り難うございます。きっと新潟は既に寒くなっているでしょう。お互いに元気で冬を乗り切りましょう。
Commented by ゆうら at 2015-11-05 20:29 x
渋柿、美味しそうですね。

実家に渋柿(筆柿みたいなの)がありまして、いつも秋になるといくつかもらっています。マメな父が収穫してトロトロになるまで熟成させて美味しく食べています。

が、ことしはどうもあまり実が付かなかったようで、裏年なのかなと。
食べられないとなると食べたくなりますね。

英語のお勉強も楽しそうですね。ユキちゃんが映画を英語で見ているという記事もありましたが、イタリアでは英語は幼稚園からお勉強するんですね。それなら親しめるのかな。私は苦手意識のまま大人になってしまって。この年になると勉強しておけばよかったと思うのですけどね。
Commented by かよみ at 2015-11-17 20:35 x
イタリアでも熟し柿が食べられていることを知り、なんだか嬉しくなりました。柿の季節になると、熟し柿が大好きな父が大量に柿を買い込み、消費が追いつかなくなり、いつの間にか子バエが発生したり・・・と、正直やや食傷ぎみです。今後はこの記事を思い出し、遠いイタリアに思いをはせながら、柿を美味しくいただきたいと思います。
by lacasamia3 | 2015-11-05 06:17 | 山の食卓 | Comments(10)