フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

消えない森

f0106597_635841.jpg
これは、我が家から見える山、モンテモレッロの尾根。真ん中にポコッと見えるのは、恐らく酪農用の草原だと思いますが、後は殆ど森に覆われています。我が家の周りも、殆ど森で、唯一、木が生えていないのは、テッサの家の裏の麦畑とそれに続いてなだらかに下る草原のみです。
何故、このような自然が残っているのか、それは市の規制によるものです。テリトリーの大部分が自然公園である我が市では、建物は、もともと建物が建っていた場所にしか建てることができないのです。従って、家の数が増えることが殆どありません。そして、廃墟となった建物跡に、再び家を建てる場合も、もともとの家の形どおり(窓の数、窓の大きさまで!)に建てなくてはなりません。何故か、40年以上前の家の記録がきちんと残っていて、それを元に家の形を再現するのです。また、土地も、もともと放牧用の土地であった場合は、利用するとすれば放牧のみ、畑であった場所のみ、そこに畑を作ることが出来るのです。
我が家の周りの土地は、放牧地として記録されているため、活用するのであれば放牧のみです。傾斜がかなりあるので、チンタ豚(トスカーナの希少種豚で、黒豚のお腹の部分に白い帯状の模様があります)の放豚(?)に適していると、近所のおじさんに言われました。
ゆくゆくは放豚かな?

話がそれましたが、ともかく、我が市はトスカーナで1、2を争う「建築法が厳しい市」だそうです。隣のおじさんも、ちょっと立派な鶏小屋を建てたら、何処から見ていたのか、警察が来て、即刻、立て壊し命令を出されたそうです。

自然を守るのは大変だけれど、こうでもしないと、今の時代、森はすぐに消え去ってしまうのでしょうね。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by イタフリ at 2006-06-08 10:18 x
ユキちゃんとアントロネットさんのお散歩。後姿なんともほほえましく楽しそうですね。フイレンツエ近くで自然がいっぱい残っているのは、規制のたまものだったのですね。食べられる野草が沢山ありそうですね。日本はすぐにゴルフ場、リゾート施設にして道路拡張、自販機設置、コンビニと便利と引き換えに自然破壊。何処に行っても同じ。壊したものはもとに戻りません。
Commented by ペケ at 2006-06-08 16:36 x
建物は、もともと建物が建っていた場所にしか建てることができない...
というのを読んで思わずコメント書いてます。
私の住んでいるオーストラリア、パースにも、土地を分割して複数の家を建ててはいけない、くらいの決まりがある地域はありますが、↑には驚きました。
またフィレンチェでの生活を教えて下さいね。
Commented by chiho at 2006-06-08 16:40 x
イタフリさん>ゴルフ場の環境汚染はかなりのものがあるようですね。だって、雑草が生えずに単種の草があれだけ沢山夏場も枯れずに生えているというのはかなり不自然。イタリアはゴルフは幸いあまり一般的でないので、ゴルフ場は余りありません。コンビニもないので、日曜、祭日にお店が一気に閉まると、結構不便ですが、慣れると前日にしっかりと買い物をする癖がつきました。ホント、森を切り開くのは簡単だけれど、壊した自然を元に戻すには、気の遠くなる歳月がかかると思います。
Commented by chiho at 2006-06-08 16:43 x
ペケさん>そうなんですよ~。だから、土地自体の値段はタダみたいなもので、価値があるのは「建築可能な面積」のみなんです。ビックリするような、廃墟でも、市がその面積に建築許可を出しているのであれば、かなり高く、うちのように2ヘクタールの土地が周りにあっても、土地自体の値段はゼロに近いんですよ。
Commented by africaespa at 2006-06-10 17:50
トスカーナは土地が上がってきている今でも頑張ってるんですね。
うちの方も本当はそうなのだけれど、ブラックマネーの横行で、自然公園に何故か家が建ったり、無断で建設しちゃうと、取り壊しまでの強制はされないために、なぁなぁになってます。さらに、お金に目がくらんだ街が、農地の三分の一を宅地に変更することに決めてしまったり。スペインはどんどん森や海岸が家で埋まってきていてもうすぐ終わるかなぁと思ってるんですよね(涙)
トスカーナに引っ越そうかなぁ・・・。
Commented by yumemi at 2006-06-11 07:39 x
それは我がアイルランド・ウィックロー県の暗黙の条例より厳しいですね。 でも住む人の方を規制している訳ではないから、まだ良いです。 ウィックロー県では、まず、新たに田園地帯に家/土地を買うにはその土地の半径8マイル以内の出身者でなければなりません。 またその家は、10年間は同じ条件の人にしか売れません。 しかも悪い事にはそれでいて、今は昔の日本みたいに土地/不動産ブームで、地元の役所や建築業者はグルになってどんどん宅地を増やしています。 私もトスカーナに移住したいです^^;。
Commented by chiho at 2006-06-12 19:11 x
africespaさん>へえ~、スペインの自然環境の保護は結構キビシイ現状下にあるのですね。トスカーナに引っ越してくる?
Commented by chiho at 2006-06-12 19:15 x
yumemiさん>その土地の出身者でなければ、ってそれも厳しい法律ですね。でもそちらも宅地が増えているんですね。フィレンツェ近郊は、市指定の開発地区も一部あるのですが、ほとんどはこうした規制が守られています。
by lacasamia3 | 2006-06-08 06:19 | トスカーナ山暮らし | Comments(8)