フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

マーブル紙作りを体験してきました

f0106597_2253044.jpg

先日、お友達のヨッちゃんと、ペーパークラフトの老舗「イル・パピロ」の工房に、マーブル紙作り体験に行ってきました。
イル・パピロの工房は、フィレンツェの南側、街の郊外にあります。ショップで売られている紙製の文房具は全て、ここで1つずつ手作りで作られているんです。
f0106597_2323836.jpg

マーブル紙の写真立てやペン立てって、結構なお値段ですが、本当にここの工房を見学して納得! だって、1つずつ職人さんが手で作っているんですよ。
f0106597_2324391.jpg

「イル・パピロ」のマーブル紙は、熟練した職人さんが一日がかりで160枚しか作れないのだそうです。
彼はまだ若いのですが、同じく職人のお父さんと二人でマーブル紙を作っています。
f0106597_2341855.jpg

早速、私たちもトライ! 
まずは、海藻を煮詰めて溶かした水の水面に、インクをアーチ状にたらします。
上下左右に、職人さんに教えてもらいながら、順番に各色をたらします。
f0106597_2344754.jpg

その後、櫛のような道具で水面を引っ掻く様にします。
簡単そうに見えて、実はとっても難しい!
f0106597_2413256.jpg

最後に、櫛を上下に動かします。
そうすると・・・
f0106597_245243.jpg

ジャーン! 孔雀の羽の様な綺麗な模様になりました。
f0106597_246352.jpg

更にその上に紙を置きます。
f0106597_2471611.jpg

こうして、出来上がり♩感動の瞬間。
f0106597_2475138.jpg

こちらは職人さんの作品。
f0106597_2484778.jpg

この模様もとっても綺麗。
f0106597_2491487.jpg

こんな模様もあります。
f0106597_2504871.jpg

職人さんは、1週間、同じ色を毎日作り続けるのだそうです。

マーブル紙に対する視点を180度変えてしまうような、新鮮な体験でした。
使い捨ての紙に慣れてしまっている私たちですが、まだまだ、こうして手作りで1枚ずつ丁寧に紙を作っている人達がフィレンツェに居るというのは、何とも嬉しい事です。

このマーブル紙で作った文房具は、以下のお店で買う事が出来ます。
日本の文庫本サイズのブックカバーがありました。コレ欲しい〜!今度、お店に行ってみてみますね。

Il Papiro (他にも何軒かありますが、以下が主要な4軒です)
Via Cavour 49/R
Piazza Duomo 24/R
Via Guicciardini 47/R
Via de' Tavolini 13/R

イル・パピーロの皆さん、付き合ってくれたヨッちゃん、どうも有り難う。
素晴らしいよ、マーブル紙って。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♩
Commented by mory_and_meg at 2014-10-09 06:49
とっても素敵〜です。
また今日も素敵な美しいものをご紹介して下さってありがとうございます!
職人さんも良い顔してますね♪


Commented by さるとびえっちゃん at 2014-10-09 07:41 x
マーブル紙、ほんとに素晴らしい伝統工芸ですね!私も大好きです。クラシックな豪華さと、ナチュラルさが混在する美が際立つ逸品ですね。さすがフィレンツェ! 体験されたちほさんたちの感動伝わって来ましたよ。
Commented by fumieve2 at 2014-10-09 20:54
うわああ〜、il Papilo の工房ですか、すばらしい!!!
不器用なので体験はともかく、一度見学に行ってみたいです。あ、とりあえずヴェネツィアの工房に先に行かなくては、なのですけど。
もとのブログがいっぱいになってしまいまして、新しくしました。引き続きどうぞよろしくお願いいたします!
http://fumieve2.exblog.jp/
Commented by gengen at 2014-10-09 21:19 x
本棚にある青いマーブル紙の写真立て。
そのホコリをそっと拭って
きゅっと抱きしめました(笑)
これからも大切にします。

Commented by lacasamia3 at 2014-10-09 22:16
mory_and_megさん、おおよそ彼の印象からは想像できない様な(ゴメンっ)繊細でエレガントなマーブル紙を作っているんです。
Commented by lacasamia3 at 2014-10-09 22:17
さるとびえっちゃんさん、そうそう、「クラシックで豪華で、でもどこかナチュラル」という言葉が、フィレンツェの美的様式を良く表している様な気がします。
Commented by lacasamia3 at 2014-10-09 22:18
fumieve2さん、ブログをお引っ越しされたんですね。早速新ブログのリンク頂きまーす。ここの工房を見ると、手作りって良いなあとつくづく思います。
Commented by lacasamia3 at 2014-10-09 22:19
gengenさん、お持ちなんですね。フィレンツェのかけらが一つ、お家にあるなんてちょっと嬉しい。これからも大事にして下さい。
Commented by organvita at 2014-10-10 16:01 x
こんにちは!このマーブル紙、大好きです!どうやって作るんだろうってずっと思っていましたが、櫛で引っかいてるんですねー!それにしても細かい美しい色彩ですよね!ずっと眺めていても飽きないです。この手の紙ってこの辺だと全然手に入らないんですよ。やっぱりフィレンツェの伝統工芸なんですよね。
Commented by tomomato at 2014-10-10 16:57
初めてフィレンツエに行ったときに、このお店に遭遇して本当に感動した覚えがあります。 紙は、そこで買いだめしたものが(といっても数枚ですが) まだうちにあるのですよ。見るだけでフィレンツエの思い出とともに幸せになるのです。
by lacasamia3 | 2014-10-09 02:58 | フィレンツェお薦め処 | Comments(10)