フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

胡桃のお酒をつくりました

f0106597_5384870.jpg



毎年、フィレンツェの守護聖人サンジョヴァンニのお祭りの日、6月24日に漬け込む胡桃のお酒アマーロ。今年も24日に漬けようと思い、その数日前にスーパーに、リキュール用のエチルアルコールを買いに行ったら何処も売り切れでした。きっと皆、この日にアマーロを漬けようと思っていたのでしょうね。
やっと一昨日、遅ればせながら、エチルアルコールを入手したので、アントネッロが庭の胡桃を拾ってきました。

ラーラもお手伝い(というか、周りをうろうろしていただけですが・笑)


f0106597_539451.jpg



今の胡桃はこんな色です。


f0106597_541911.jpg



包丁がスッと入ればOK! 丁度良い硬さです。

ちょっと引きずりますが、この続きはまた明日... ブォナ・ノッテ!

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by みんみん at 2013-07-02 11:47 x
え~これがくるみですか?
でも、よく考えれば、どんぐりだって緑色ですよね、最初は。
くるみのお酒と聞いて、あの茶色いクル時を漬け込んで?
と思いましたが違うんですね。
出来上がりが楽しみです。
ラーラさん、白ソックスお似合いですよ!
Commented by lacasamia3 at 2013-07-02 23:35
みんみんさん>青い状態の胡桃って余り見ないですよね。秋になると、この断面の白い部分が、いわゆる胡桃の殻と核の部分になり、緑色の果肉の部分は銀杏みたいに腐って外れます。
by lacasamia3 | 2013-07-02 05:54 | 山の食卓 | Comments(2)