フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

オリーブ畑にて

f0106597_4564249.jpg



雨の予報だったけれど、しっかりと晴れた今日、オリーブ畑に行きました。
ここは、アントネッロがジョヴァンニさんと一緒に借りているオリーブ畑。下草を刈ったり、剪定をしたりと、11月の秋の収穫以外にもやることは沢山あるのです。


f0106597_561823.jpg



オリーブの木って本当に不思議。幹が枯れているように見えても、毎年春になると、ちゃんと新しい枝が伸び、新芽が出てきます。


f0106597_592118.jpg



これがオリーブの花のつぼみ。


f0106597_510104.jpg



本当に小さなクリーム色の花が咲きます。無事に花が咲いて沢山のオリーブが実りますように・・・


f0106597_5112192.jpg



写真を撮っているよっちゃん。
猛犬に注意っ!(笑)


f0106597_5131958.jpg



アントネッロは何やら、笹のようなものを切りとっています。
どうやらこれを我が家にもってかえって、畑のトマトの苗の支柱にするのだそうです。


f0106597_5142118.jpg



アントネッロを無人島に流して、観察してみたい・・・
でもきっとフツーに色んなものを作って、結構快適に暮らしちゃったりするかも知れないから、余り面白みがないかもね(笑)。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by woodstove at 2013-05-09 06:56
 千穂さん アントネッロさん こんにちは。
オリーブって樹齢を重ねると、ほんとに凄い巨木にまで生長するんですね。我が家のベランダのオリーブとは、大違いです。
 トマトの支柱も、自然素材から作るんですね。。。エライなぁ、僕なんか毎年の事だからというわけで、市販のイボ竹を使ってます。 (^ ^;)
Commented by tomoko at 2013-05-09 08:34 x
chihoさん こんにちは、そういえばオリーブの花って香りがあるのでしょうか?美味しい香りがしたりして??
Commented by ハナ at 2013-05-09 09:45 x
オリーブはイタリアには欠かせないものですものね。
無人島のアントネッロさん…題して「猫のしっぽカエルの手 イタリア、アントネッロさんの無人島暮らし」
うーんとても見てみたいです(笑)一年経ったら、町が出来ていそうですね!
先日、猫のしっぽトスカーナ編の再放送を見ました。手作りハンモックに揺れるユキちゃん、あの頃から随分お姉さんになりましたよね。
来月はもう夏休みになるのですね。
これからも、ゆっくりと流れるイタリア時間を楽しみにしています。
Commented at 2013-05-09 15:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by みゅえり at 2013-05-09 20:41 x
確かに無人島すら楽しんで暮らせそうですよね。たのもしい!
さてアントネッロさんは軸の方を支柱用に持って帰ったみたいですが、
このあたりの畑をやるおじさんおばさんたちは、笹の、ささらほうさらの方が大事で、
さきっぽのふさふさひしているものをツルの出る豆類(グリンピースとかいんげんとか)に支柱として添えます。
冬前に苗と一緒に畑に差し込むと、さらさらした枝やはっぱにつるが絡んで
勝手に大きくなるんです。だからひもでくくったりという作業が不要です。
葉っぱが落ちても茎は残るので、笹が朽ちるまで繰り返し使える天然の支柱。
簡単便利ですよー。でも日本の笹と違うから枝振りもスレンダーすぎるかな?
今年育った我が家のソラマメは一本に7つ豆が入ってとってもおいしかったです。
ヨーロッパのソラマメって効率いいですね!甘くておいしいし。もう日本のソラマメには
戻れません・・・・
Commented by tekkoku-ya at 2013-05-09 22:47
アントネッロさん良いですね~
見習いたい!
Commented by fumiko at 2013-05-09 22:56 x
大木ですねー。実もたくさんとれそう☆
「地中海無人島暮らし」なんて~みてみたい(笑)
Commented by るー at 2013-05-10 01:49 x
以前、その猛犬にメロメロになってコメントさせていただいた者です。
なぜなのか、私はほんとうにその猛犬に釘付けなのです。
しつこくてすみません。
ああ愛くるしい。
by lacasamia3 | 2013-05-09 05:23 | トスカーナ山暮らし | Comments(8)