フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

次の世代へ残していく街づくり~フィレンツェの場合

f0106597_1918377.jpg



昨日のフィレンツェはお天気でした。でも空気がヒンヤリして、そろそろ冬物のウールのコートが必要です。
手袋や真冬のダウンはまだ必要ではないけれど、今までのようにコートなしで歩けていた日々から比べると、少し寒くなってきました。

写真は、ブランド店が多く並ぶVia Tornabuoni。
近年、ほぼ歩行者天国になったのに加え、現在、工事のためにタクシーなどの車両もブロックされています。道が広く感じる~。


f0106597_1922635.jpg



ブランド店が入っているとはいえ、建物はどれも歴史ある建造物ばかりで、入り口の装飾を見るのも楽しい通りです。


f0106597_19223472.jpg



このようにフレスコ画が残っている場合、塗りつぶしたりしてはいけない、という市の法律があります。


f0106597_1923523.jpg



また、室内でも、天井画が残っている場合、間に壁を作ってはいけない(様は天井画を分断してはいけない)という法律もあります。
こうした法律はフィレンツェの街の中心部だけでなく、トスカーナ全体の多くの市町村でも制定されているんです。住む人にとっては大変だけれど、厳しい法の力で守っていかないと、こうした歴史的な建物は次の世代に残していくことが出来ないのでしょうね。


f0106597_19242992.jpg



この後、サンタクローチェエリアに新しいアパートの下見に行った帰り道。


f0106597_19245638.jpg



フィレンツェで「秋」を見つけました♪

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


Commented by waihekeparadise at 2012-11-09 19:49
こんにちは。ニュージーランド、ワイヘキ島のCocoです。
ニュージーランドは、若い国なので、イタリアやヨーロッパの国と違って
古い建物は少ないので、イタリアなどの古い建造物に憧れます。
でも、その陰には古いものを後世に残していこうとする国をあげての
取り組みがなされているんですね。とっても大切なことだと思います。
ワイヘキ島では、古い建造物はないので、そういった法律はないのですが、
自然保護の取り組みがなされています。
これも次の世代に残していかなければならないことですよね。
人の手で守っていかなければならないこと、大事にしたいですね。
Commented by mattfrafra at 2012-11-09 20:42 x
残すことの大切さを僕はイタリアに初めて行った時(1996年)から知った。Firenzeもローマも もちろん他の街も。単に観光に行って「ああ綺麗だ」で終わるのではなく、そこに非常な努力があることも忘れてはいけないといつも思うのだ。
Commented by ぽん at 2012-11-10 10:46 x
フィレンツェの空気にどっぷりつかりたい気分です。
Commented by hi-vison_1103 at 2012-11-10 10:51
こんにちは!
リンクさせて頂いてます。千穂ママにもよろしくです♪
m(__)m  byくろべ〜
Commented by ソラノ at 2012-11-12 13:40 x
いつも楽しく拝見しております。
今年の9月に1週間ほどフィレンツェに行って、街をぐるぐる歩いていました。なので千穂さんのブログの写真をみて、「あっ、あそこだ」ってわかるのが楽しいです。
因みにこの通り、友人のアパートがあり、滞在中何度も通った道です。
by lacasamia3 | 2012-11-09 19:36 | フィレンツェという町 | Comments(5)