フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

煙突掃除も冬支度の1つです

f0106597_4462986.jpg



いつまでも温かいフィレンツェ。それでもいつかは冬がやってくるもの。
だから今のうちに冬の準備をしておきましょう。
煙突掃除も、毎年冬の前に行なっておかなくてはいけない準備の1つ。メリーポピンズのチムチムチェリーが聞こえてくる~(笑)。
↑こちら、我が家の煙突掃除人。


f0106597_453271.jpg



お道具はこちら。
先っぽにブラシをつけて、1メートルほどの長さの筒をつなぎながら煙突の中に入れて行きます。


f0106597_4485214.jpg



映画のイメージが強いので、屋根に上らなくてはいけないような感じがしますが、実際にはとても簡単(そうに見える)。
薪ストーブの一番下の部分(または暖炉の下の部分)にビニール袋を付け、横からブラシを、筒をつなぎながら上へと押し上げて行きます。
1年でも、このビニール袋の3分の1ほどの量の真っ黒な煤が出るんですよ。


f0106597_4494434.jpg



毎年綺麗にお掃除をしているからこそ、煤の量は少ないのですが、一旦煤が煙突の内部に付着してしまうと、更に煤が溜まりやすくなってしまいます。煤が溜まると、それ自体が燃え始めてしまうこともあるために、火事の原因となってしまいます。
だから、冬の前の煙突掃除はとても大事な作業なのです。

ご苦労さん!

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by ぽち at 2012-10-15 07:30 x
いつか薪ストーブのあるお家に住みたい!という夢があるのですが、煤がたまると火がついてしまうと聞いたことがあったので、みなさんどんな頻度でお掃除してらっしゃるのかなーと常日頃から気になっていました。意外に簡単そう(に見える)のでちょっと安心しました~♪
Commented by y_and_r_d at 2012-10-15 08:36
こんにちは。
そろそろ冬支度ですね。
我が家は冬服を出すくらいですが。
それにしてもアントネッロさん、
一年中何か作業をされているように感じますが・・・
本当にお疲れさまです。
Commented by aiko at 2012-10-15 11:08 x
万能選手のアントネッロさん、エントツ掃除お疲れさまでした。お写真の向こうに順調に大きくなっている葡萄の木が見えます。
Commented by たぁしゃ♪ at 2012-10-15 11:47 x
アントネッロさんが、屋根の上でステップ踏んでダンスッ!してる姿を想像しちゃいました(´∀`)♪  頼りになるアントネッロさんお疲れ様です☆
Commented by popon at 2012-10-15 13:08 x
chihoさ~ん!うちも同じ形の煙突掃除ブラシ、使っていま~す☆
上に行くたびにつなげていくんですよね~(^^)最初はビニール袋にうまく「すす」が入らなくて悪戦苦闘しましたが(^^; 6年もたつと、上手に&手早くできるようになりました。アントネッロさん、お疲れ様です♪
Commented by woodstove at 2012-10-15 20:49
煙突掃除は、まだ暖かいウチにやっておくと楽ちんですね。
僕は今度の週末、先日納めた薪ストーブの初火入れです。
その時に、煙突掃除のやり方も説明させていただいておりますよ。
冬の到来が待ち遠しく思うのは、薪ストーブユーザーだからでしょうかねぇ。。。。(^^;)
Commented by erieri at 2012-10-16 00:42 x
煙突に煤がたまると火事になるって、怖いですね。
掃除人さん、憂いのないように、きっとピカピカにお掃除してくれたでしょう♪。煙突掃除って情緒があっていいですね。
暖炉の暖かさって独特だし、薪が燃える時の匂いは、何とも言えない癒しを感じます。冬が楽しみですね。
Commented by TOMすけ at 2012-10-16 12:27 x
北海道では縦に割いた細い竹を直径2Mくらいに
ぐるぐる丸め、先端にブラシのついた専用品でやってました。
納屋の隅には必ずこれがかかってました。

煙突の外側下端にはキャップがあり、これを外して下から
ブラシを入れます。私もやりましたが、まあ、ススまみれです。
イタリア方式は合理的だと思います。
by lacasamia3 | 2012-10-15 04:59 | トスカーナ山暮らし | Comments(8)