フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

鴨のオレンジ煮

f0106597_3372080.jpg



イタリアでは10月から3月末までがオレンジの収穫シーズンです。今年も冬から春にかけて月に一度のペースで、GASを通じて、シチリアから美味しいもぎたて有機オレンジが届いています。1箱12キロが1ヶ月できっちりとなくなる我が家。家族3人で、毎日ムシャムシャとオレンジを食べています。この時期食べられる数少ない果物の1つなので、冬の大切なビタミンC源です。
先日、ユキちゃんの同級生S君のお母さんが育てた鴨を、GASを通じて購入しました(ちなみに、この農家の担当はユキちゃんの小学校の算数の先生)。鴨一羽、1.5キロで18ユーロです。

日本では鴨は葱を背負って来るけど、イタリアでは鴨はオレンジを抱えて来ます(ウソウソ・笑)。
でも、鴨料理に合わせるにはやはりオレンジ。


f0106597_3374565.jpg



アントネッロが、トスカーナ料理の本で、Anatra all'arancio (鴨のオレンジ風味)を見つけたので、作ってみることにしました。


f0106597_338011.jpg



鴨のオレンジ風味は、フランス料理が有名ですが、素敵に調理されるフランス料理版と違い、トスカーナ風はかなりワイルド。
鴨のお腹に切り分けたオレンジ、セージなどを詰め、そのままオーブンで焼きます。鴨から出た脂で、セロリ、人参を炒め、更に剥いたオレンジも加えて炒めます。それらを野菜漉しで漉して、粗いピュレー状にし、焼いた鴨を食べやすい大きさに切り分けて、更にオレンジソースの中で煮込むのです。


f0106597_3384449.jpg



ドーン(笑)。
見た目はイマイチですが、いやいや、髭があったら猫みたいになめちゃいたい位、美味しかったです。


f0106597_3392721.jpg



ユキちゃんも、真剣に食べていました。
美味しかったね。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by はるか at 2012-03-08 05:00 x
はじめまして、千穂さん。
日本の福岡県に住むはるかと言います。NHKの番組が大好きで必ず録画していました。番組が終わり、もう大好きなユキちゃん、千穂さん、バッボにも会えないんだ…;< と、寂しく思っていました。たまたまこのblogを発見し今、まさに舞い上がってます!本もいくつか出版されてるようでとても嬉しいです!
またコメントさせて下さい。
遠い日本のファンより:)
Commented by lacasamia3 at 2012-03-08 05:05
はるかさん>番組がきっかけで、ブログを見つけてくださって有難うございます。のんびりブログですが、こちらは最終回なしでずーっと続きます(笑)。これからもこちらでどうぞ宜しくお願いします♪
Commented by 亜由美 at 2012-03-08 06:57 x
コメントの返信ありがとうございました。とっても嬉しかったです。
鴨料理…家では全くしませんね…鴨南蛮蕎麦も進んでたべないし!
アントネッロさんの手料理はいつも本当に美味しそうです。作ってる姿も楽しそうですしね(^-^)/

私は、掃除や片付けは大好きで色々ひらめくんですが…料理はニガテでひらめいても家族からヒンシュクをかってます(^^;;
この歳になると、人間得意・不得意があるんだから、私の料理は諦めてもらっています。へへへへ。
Commented by pierre-de-lune at 2012-03-08 09:50
日本では鴨はコンフィやローストして木苺ソース‥そして鴨鍋(定番)が多いように思います。オレンジもいいですよね^^ 鴨好きです♪♪
Commented by ゆきっぺ at 2012-03-08 18:05 x
千穂さん、コメントありがとうございます!
今日桜に蕾が付いているのを発見しました。昨日から少し肌寒いのですが、春が来てますね~。千穂さんのブログを見るようになってから、自然に目が行くようになってきたように思います(^-^)
鴨とオレンジ、合いそうですね。ユキちゃんの一生懸命食べている姿が可愛いです。
Commented by marcheselli at 2012-03-08 18:41
お料理も冬の煮込みから春っぽくなってきたのですね!!おいしそうです。↓の蜂の冬眠(?)ってあの箱ほっとくだけなのですか。それとも冬の間なにかしてあげなければならないのですか。ヤギの乳ってどうやって搾るのですか。なんだかとっても興味があります!
Commented by peacebranch at 2012-03-08 19:20
はじめまして!
九州の大分県在住の絵描きです。

現在、非常勤講師を勤めさせてもらってる絵画教室のブログがエキサイトブログなのですが、そのエキサイトブログのマイページにてchihoさんのブログ『フィレンツェ田舎頼り2』をおすすめされた事がきっかけでこちらのブログを知りました。

今日から「フィレンツェ田舎便り」の2005年 02月 28日に書かれた記事から順に、じっくりと拝見させていただく楽しみができました!

素晴らしいブログと出会えた事に感謝!(嬉)
Commented by kanata at 2012-03-08 20:14 x
手がこんでておいしそう〜
(((o(*゚▽゚*)o)))
わたしもこんなお料理を作ってくれる旦那さんが欲しい〜。
Commented by beau_cheminマダム at 2012-03-08 20:27 x
chihoさんへ

はじめてコメントします(^^)
マンマとバッポとゆきちゃんと、からずーっとTV &ブログ見させてもらってます。
うちは、田舎の山里で小さな小さなフレンチレストランをしています。
そして、実はうちも鶏・ヤギ・蜜蜂を飼っていまして、もうすぐ赤ちゃん山羊が産まれるんです。
先日、キツネに鶏をやられこの機会に山羊と鶏を一緒に放牧しょうと言う計画が持ち上がり、うちも柵作りを考えていたところ。
そんな時に先日からのchiho さんのブログ(笑)
あまりにもオンタイムで思わずコメントしてしまいました。
そして、今日のこの記事。

今月のうちのお肉料理。
八朔と地元産の鶏肉を使った一皿。
発想は、鴨とオレンジからだったので(笑)

あまりに共通することが多かったので。
レストランの裏の畑では野菜も作ってますよ~!!

一つ質問なのですが、
先日の種まき用の土。
野菜などで作る堆肥ですか?
もしよろしければどうやって作るのか教えていただけませんか?

うちもいろいろ試行錯誤しながら野菜作ってるもので(汗)

これからも、ブログ楽しみにしてまーす。




Commented by なつき at 2012-03-08 21:17 x
見ただけでよだれがでちゃいました(笑)
アントネッロがハマってる中世の料理ですか?
イタリアは野菜もお肉も美味しいから羨ましいです(^-^) 味が濃い気がします 。
ちなみにグロムのジェラートもイタリアで食べた方が美味しかったです。日本のはかなり甘く感じました。空気や気候の違いなんでしょうか…
イタリアのジェラート食べたいな…
あっボンボローニも(笑) 今度ボンボローーニのリポートもお願いいたします(*´∇`*)
Commented by MARIA at 2012-03-08 21:21 x
Chihoさんこんにちは! 一瞬、ほぉーイタリアの鴨はオレンジかぁ(゚o゚) と信じてしまいました(笑)しかも、次を読む前に、家族にイタリアの鴨はオレンジを抱えてるらしいよ~と言ってしまいました(*≧m≦*)(笑)その後、違うと気づきみんなで大爆笑!!鴨とオレンジのお料理食べてみた~いっ!美味しそう♪
いつも楽しいレポありがとう!!!
Commented at 2012-03-08 21:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ルリ at 2012-03-08 23:12 x
千穂さん、こんにちは☆

ユキちゃんの真剣な横顔が、お料理の美味しさを伝えてくれてますね
☆彡^^
ユキちゃん、バッボが作ってくれる本物の味で、どんどん舌が肥えて、
将来のユキちゃんが作るお料理も、きっと素敵なんだろうなぁって思います☆
小さい時に身につけた味覚って一生の宝ですね☆彡
(そういえばTVの中で、ユキちゃん、「これは確かに有機栽培の味です」なんて食卓で言ってましたね♪ あれはトマトだったかな?かわいいなぁ^^)


Commented by la_mia_coccolina at 2012-03-09 00:34
chihoさん、こんにちは。
美味しそうですね~♪
作り方を読んでいるだけで美味しそう過ぎますっ!
本当、ユキちゃんものすごく真剣^m^
Commented at 2012-03-09 00:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by lacasamia3 | 2012-03-08 03:51 | 山の食卓 | Comments(15)