フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

町を飾る人たち~マドンナーロ

f0106597_1561791.jpg



お馴染みミケランジェロ広場からの眺め。
私がフィレンツェの街を好きなのは、ちょっと見上げると、大体何処からも周りの山が見える所かもしれません。
街は随分と秋らしくなり、薄手のセーターにジャケットという感じです。昼間の日向は暖かいけれど、日陰に入ったり、夕方になると随分と涼しくなります。私は最近、首元が寒いので、薄手のマフラーをグルグル巻いています。


f0106597_157232.jpg



これは、ちょっと前の写真ですが(皆、まだ半そで)・・・レプッブリカ広場とイノシシのロッジャの間、Via Romaで、路面に絵を書いている人たちを見たことがある方は沢山居るでしょう。
こうして、路面に絵を描くアーチストのことをイタリアでは、madonnaro (マドンナーロ)と呼びます。きっと、madonna(聖母)の姿を描くことが多かったことからこの名前がつけられたのでしょう。
昔は、町や村のお祭りのときに、こうしたアーチストが地面に聖人や聖母像を描いたのだそうです。

フィレンツェ市では、madonnaroが絵をかける場所として、きちんと囲まれた場所があり、そこにチョークで絵を描くことが出来ます。アーチストたちは、市に決められた使用料を払います。


f0106597_1574114.jpg



実は、この写真の方は日本人の方なのです。マドンナーロの中には、上手な人とそうでない人といて、「あ~この絵、上手だなあ!」といつも思うのが、この方の作品だったりします。声をかけると、とても気さくに質問に答えてくださいました。
せっかく描いた絵も、清掃車が通ると消されてしまいます。でも、「そしたら新しいのが描けますからね。」と笑顔でおっしゃっていました。

普段の何気ない道が、チョーク一本で、素晴らしいカンバスに変わっていく姿は、本当に面白いです。
有難うの気持ちを込めて、コインをお皿に置きました。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by まこちゃんです。 at 2011-10-16 09:13 x
フェラガモ主催のマラソンがあり、私も、アクアミネラルウォーターを頂きました。
マドンナーロは、お上手に描かれて、確か、フェルメールの絵画(真珠の?)夫が1ユーロ・・・・。

ボローニャの旧大学の世界初の解剖実験室に行き,終身刑の遺体を
聴講生の前で、解剖・・・。

9月22日は、シェナおカンポの広場に行き(5年前に渡航した記憶が
よみがえり、近くの、美術館か博物館で、孫にお土産。
昨年、渡航しましたので、今回は、夫がアルベートの城壁、旧ボローニャ大学の教室が印象に残りました。

ローカル線でローマから移動中、千穂さんは、山奥にお住まい(何処から辺かしら)と車窓から眺めていました。

ミラノのジェノヴァに日帰り、赤い宮殿、白い宮殿博物館、
海沿いの方は、アフリカ系の方が多く、異常に感じました。
ローマ、フィレンツェ、ミラノ、とても暑かったです。

リナーテ空港からパリに移動、3日目にパリのリヨン駅(朝 7時54分)
リヨン・パール・デュー駅に到着、(永井荷風さんが東京銀行で赴任)
夫は、大好きな作家で、是非、今回、訪れたかった場所です、

Commented by salam2002 at 2011-10-16 10:49
こんにちは。
はーい、フィレンツエでこの方ではありませんでしたが、拝見しました。
結構、長い時間をかけて描いていますよね。
素晴らしい絵が出来上がっていきます。
若い方が多かったように思います。
市が認めているなんて、さすがですね。
Commented by tsugumiya at 2011-10-16 12:36
何世紀も変わらないフィレンツェの懐の深さと芸術を愛する心が伝わってくる、素敵なお話ですね。

日本だったら、お巡りさんに叱られるんでしょうね・・
文化って、こんなにも違うんだな~(T_T)。
Commented by cocopuff1212 at 2011-10-16 14:04 x
う、美しい!
Commented by EIFFEL at 2011-10-16 21:02 x
最近まで、一本300円だったズッキーニが150円くらいになり、さっそくズッキーニパルミジャーノを作ってみました。豆男さんみたいに、一時間かけて水抜きなんてはじめて・・・(笑) でも、すっごぉーく美味しくできましたよ。パンチェッタをのせてみたら更に美味しかったですよ。次回の豆男さんの料理楽しみにしています!
Commented by Giusy at 2011-10-16 21:27 x
マドンナーロ、初めて知りました。道路に座り込んで絵を描いている姿は、度々見かけていたのですが、ちゃんと認められて絵を描いているのですね。
じつは、息子も学生時代、東京で同じようなことをしていたのを思いだします。
フィレンツェの町では自然に見られるその姿、東京ではちょっと目立ったかもしれませんね。
次にフィレンツェを訪ねた時には、マドンナーロさんに声を掛けることができそうです。




Commented by morinokochaorin at 2011-10-16 22:07
綺麗ですね。こういうのって大好きです。
↓のね、私もあったら入るな。支援のSっていいな。
そう思います。そして、元気な食材は、体と心を元気にしてくれる。そうですよね!
Commented by emi at 2011-10-17 23:40 x
こんにちは。
1枚目の写真の街と山と空。きっとそこに行ったらずっと居ちゃいそう!な素敵な所ですね(惚)!

マドンナーロ、道路にこんなに繊細に描けるとは!
美しいですね。
Commented by とも at 2011-10-18 22:24 x
こんにちは。はじめまして。私も、上手だなと思うのはいつも作者が日本人の方です。大道芸(といっていいのでしょうか)はたくさんありますが、これは素敵ですよね。
Commented by shio at 2011-10-21 15:49 x
こんにちは。チョークでこんな絵がかけれるなんて、凄いです。見てみたいです。チョ-クになにかまぜるのでしょうか?

すばらしい~~~~。根気いりそうですね。やはり地面は堅いし、力も入ります。。
by lacasamia3 | 2011-10-16 02:22 | フィレンツェという町 | Comments(10)