フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

完璧♪

f0106597_3394054.jpg先日、15年振り位で、フィレンツェのアカデミア美術館に行ってきました。前に訪れたのは、留学時代、毎日美術館通いをしていた頃です。最近はすっかり美術館や教会から足が遠のいてしまったのですが、先日、通訳のお仕事で訪れる機会に恵まれました。
アカデミア美術館には、ミケランジェロ作のダビデ像が収蔵されています。フィレンツェを歩くと、あちこちのおみやげ物にプリントされていたり、パネルが貼ってあったりと、ちょっと食傷気味のダビデ像。ところが、今回、アカデミア美術館でオリジナルを目の当たりにし、やはりその素晴らしさを再発見しました。
左のダビデ像の写真は、ちょっとお間抜け。頭が大きすぎて、胴が長すぎ。これはカメラの視点の高さによるものなのですが、実際に美術館で見ると、台座がかなり高いので視点はぐんと下がり、バランスの取れた体つきとなります。


f0106597_3403742.jpg
リアリズムを超えた完璧な人体表現を実現したミケランジェロって当時どんな人だったんでしょうね?何を食べていたのかしら?お豆のスープとか、トスカーナの塩なしパンを食べて、素朴な赤ワインを飲んでいたのかなあ?たまにはお肉も食べていたのでしょうか?

話はそれましたが、お薦めの美術館です。ダビデ像以外にも、ジョットー派の絵画や、とても古いイコン画(私はこの絵が大好き)などがあります。
春から秋まではかなり混んでいるので予約されると良いでしょう。

注)予約口に並んでいる時、少人数であれば入り口の係りの人に、人数をアピールしてみましょう。団体客の前に入れてくれますよ。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by ppe at 2006-04-07 09:02 x
あわわわ。
この金土日と入口までいってあまりにも並んでいるので
レプリカをみてあきらめて帰国したばかりですよ。あぁぁぁ。残念です。
ちゃんと予約すればよかった。そしてその技も知っていれば!(笑)
いつかきっと・・・・!
Commented by nana at 2006-04-07 09:08 x
前のコメント、おかしな文章になってしまてごめんなさい。 落ち着いて書かないとダメですね。
ダビデ像・・・私もまじまじと、そして隅々まで見入ってしまいました。
なんと、素晴しいこと!! 血管といい、筋肉といい、その体型といい、「こんな均整のとれた人いるの?」と感動しました☆ 
chihoさんのおしゃるとおり、どんな生活をすればここまで作れるようになるのでしょうね? その時代にスリップしてみたいです。
私事ですが、考古学博物館も古代好きの私は大好きでした! 美術館や博物館の展示物が充実しているから何度行っても飽きませんね。
Commented by komorebi at 2006-04-07 09:46 x
又お邪魔します。
>注)予約口に並んでいる時、少人数であれば入り口の係りの人に、人
>数をアピールしてみましょう。団体客の前に入れてくれますよ。

chihoさんのおっしゃるとおりでした。
予約はしてあったのですが、ちょっと時間が過ぎてしまったので入り口の綺麗なシニョーラにアピールするも無視…。でも日本のおばさんは負けずにアピールして入れていただきました。グラッツェ!!
その後、chihoさんのラ・カーサ・ミーアおすすめのジェラート屋さんCarabeへ行きました。美味しかったですw
Commented by xthneh5d at 2006-04-07 16:57
chihoさん、こんにちは。
ミケランジェロが何をたべてたのかなあ?なんてユニークな発想ですね。
そうしてみると、フランスだって例えばナポレオンは何を食べてたんでしょうね。やっぱりバゲットにチーズかな?コルシカ生まれだから田舎のハムとかパテが好きだったかも。
フィレンツィエの美術館はどこもすばらしいですね。
去年行ったときは3時間並んでウフィッツィに入りました。(予約が取れなかったので)
Commented by vietri at 2006-04-07 18:22
私も、何年か前に訪れました。
入るのに時間がかかったこと、そして他のお客さんが、そのことでもめていたことを思い出しました^^;
イタリアには世界の芸術作品の75%ほどがある、、、パスタと並んで?世界に誇ることの出来るものなんだとか・・・何かで読みました。同列に並べてはいけませんよね。
Commented by yamanofumoto at 2006-04-07 19:51
chihoさん、こんばんわ☆1年後にイタリアに行く時に、美術館にものぞけたらいいな〜と思います☆
Commented by hi-vison_1103 at 2006-04-07 22:35
お引っ越し完了おめでとう〜(^0^)
こちらでもリンクさせて頂きました!
この彫像の「手」!私も生で見てみたいですっ。ユキちゃん、かわゆいーーーー!byクロエ
Commented by Coco at 2006-04-07 23:58 x
こんばんは!!私も10年前に新婚旅行でヨーロッパを回った時にアカデミア美術館にダビデ像を見に行きました。あまりにもすばらしかったので今でも鮮明に覚えています。今度は子供たちと一緒に行きたいな~ いつのことやら・・・・・・。
Commented by chiho at 2006-04-08 00:09 x
ppeさん>次回にチャレンジ!!!ゆっくりと美術館を楽しまれたい方は、10月後半から2月までの間においでになると良いですよ。夏場の混雑が嘘のように、空いています。お天気はイマイチですが、宿泊も安いし、町もすいているし。またいつかいらしてくださいね。
Commented by chiho at 2006-04-08 00:12 x
nanaさん>コレだけの彫像を作るためには体力もかなり必要ですよね。何を食べていたのかなあ?カッラーラにも大理石を見に行っていただろうから、コロンナータ村名物のラードも食べていたのでしょうか?
パーツで見るとちぐはぐなダビデですが、トータルで見ると完璧に近い理想的な人間像なんでしょうね。
Commented by chiho at 2006-04-08 00:14 x
komorebiさん>そうなんです~。私も今回、最初は予約口におとなしく並んでいたら、入り口の係りの人のお知り合いのような、ガイドさんたちが皆、自己申告しながら、団体ツアーのお客さんを連れて、「私達を抜かして」さっさと入っていってしまったのです。これは黙って並んでいてもダメだと思い自己申告したところ、あっさりと入れてくれました。
Commented by chiho at 2006-04-08 00:16 x
xthneh5dさん>中世の時代、今ほど豊かな食卓じゃなかったんだと思います。お豆や野菜、小麦中心でたまにお肉を食べる程度だったんでしょうね。ミケランジェロ、自分でお料理をしたりしていたのかしら?パニーニ位は作れたのかな?
Commented by chiho at 2006-04-08 00:19 x
vietriさん>余りの美術品の多さに、あまりありがたみがなくなってくるのです・・・普通のお家に、13世紀、14世紀のフレスコ画が残っていたり、ふと見上げると、建物の窓から素晴らしい室内の天井画が見えたりと町中に芸術品が溢れています。また、いつかいらしてくださいね。
Commented by chiho at 2006-04-08 00:20 x
cocoさん>私は今回、改めてダビデの素晴らしさを再発見しました。新婚旅行でいらしたんですね。今度はご家族で♪
Commented by chiho at 2006-04-08 00:23 x
みなえさん>是非見ていただきたいです。来年が楽しみですね。
Commented by chiho at 2006-04-08 00:25 x
クロエさん>今回、実物の素晴らしさを実感しました。それにしても団体さんの早いこと・・・彫像の前で、ちょちょっと説明して終わりでした。私は1時間近くいたのですが、その間に何組通り過ぎたことか。いちいち1つの美術館に時間をさいていられないのでしょうね。忙しくて大変そう。
Commented by kazgarden at 2006-04-08 09:54
何時間もとった美術史のクラスで アーティストがどういう人間だったかを感じさせてくれるような アート以外のことを知るのが大好きでした。 年代とかよりもそっちの方をよく覚えていたりするんですよね~。(笑) ダビデ像をはじめてみた時の感動をchihoさんの写真で思い出し、気持ちがちょっとタイムスリップしました。(笑)
Commented by chiho at 2006-04-08 16:43 x
kazgardenさん>私も大学で美術史を専攻していたのですが、いつも食べ物に関するエピソードにピピッと反応していました(笑)。偉大な天才たちも所詮人間、彼らが毎日、何を食べていたのかと~っても興味があります。玉ねぎ嫌いだったりして・・・
by lacasamia3 | 2006-04-07 03:44 | フィレンツェという町 | Comments(18)