フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

山の家は雪です

f0106597_17401798.jpg



ローマ話の途中ですが、こちらは今日の我が家。
昨日は朝からずーっと雪が降って、今朝は晴れたもののどっかりと積もっていました。幸い気温はそれ程高くなく、時折陽も差しているので、きっとすぐに溶けてしまうでしょう。


f0106597_17404575.jpg



この辺りの人は、"Sotto la neve pane, sotto l'acqua fame"という諺をよく口にします。直訳すると、「雨の下には飢え、雪の下にはパン」、雨は飢えをもたらすけれど、雪は恵みをもたらしてくれるという意味。激しく地表を叩きつけるような雨は、種を流し、土を固くしてしまいます。一方、優しくふんわりと地表に積もり、少しずつ溶けて、土の間にゆっくりと入り込む雪溶け水は、土を肥やし、新たな生命をもたらしてくれます。
3月の雪ははかなくすぐに溶けてしまうというし、そんな気持ちで雪景色を眺めると、何だか有難いような気持ちになります。

先ほど学校からユキちゃんが「勉強道具のリュック忘れた」と電話してきました。
今日は遠足なのですが、昼に学校に戻ってきて、午後からは授業があるようです。やれやれ、これから学校に行かなくては・・・

あ、タイヤチェーンつけなきゃ。行って来ます!

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by woodstove at 2011-02-28 19:06
いい諺があるんですね。。。。(^^ゞ
 日本だったらどんな諺があるんでしょうねぇ。

「朝のぴっかり 姑の笑い」ですとか。。。

「春の雪と叔母の杖は怖くない」ですとか。。。

「夜の鳶に雨具を貸すな」なんてのが出てきますが、
どれも意地悪な感じですよね。。。。どこか大らかさに欠けるものばかり。  「秋なすは嫁に食わすな」もそんな感じ。。。(^^ゞ
国民性がでているんでしょうかねぇ。。。。(汗) 
Commented by shigezo09 at 2011-02-28 20:20
雪景色はとても好きですがトスカーナの山並みは穏やかでこれまたとお〜ってもいいですねえ〜・・・写真には枯れた葉をまとった広葉樹が目につきますが日本のように植林しまくらなかったようですね、うらやましい!(ちなみに関西の紀伊半島は杉だらけで「暗い暗緑色の森」ばかり)

諺じゃないけど「雷が鳴ったら(落ちたら?)豊作になる」と聞いたことがあります。そちらではどうかな???
Commented by gardenview at 2011-02-28 20:59 x
chihoさん、こんにちは!
ユキちゃんのローマでのシリアル初体験!可愛いですねー。
アメリカ人(子供も大人も)のシリアル好きが異常に思えてくるエピソードでした。ホームメイドのパンでの朝食は本当に素敵!
ユキちゃんに生まれかわりたいわ!(笑)
chihoさんの、動と静のバランスの取れた生活スタイル、参考になりますー。私もお庭に畑を作ろうかな(迷)
あ!私の知り合いにもランドセル持たずにルンルン学校行っちゃう子いました、凄く優秀な青年に成長しましたョ!
ユキちゃん目線のエピソード、またご紹介くださいね!(楽しみ♪)
Commented by ななまりん at 2011-02-28 23:06 x
こんにちは。 雪~!!! こちらもまた寒くなるとかで
警戒中です(笑)
ゆきちゃんのローマ記、可愛いらしくてニコニコして読みました。
角砂糖は私が見ても大きいです!!!
都会に行くと新鮮で楽しい物も多いのですが
子連れには危険なことも多く
子育ては田舎がいいな、って田舎者は思いました(笑)
Commented by gastronomique at 2011-03-01 01:22
chijoさんへ
こんばんは。どうもご無沙汰しております。
最近ようやく少しはブログをする気が戻って来ました。
まぁいつまで続くやら・・・(苦笑)

凄い雪ですね!流石山奥(笑)京都はだいぶ暖かくなりました。
こんなに雪だと大変でしょうに・・・どうぞお気をつけて。

そうそう。いつだったか、テレビで拝見しましたよ。
親父が偶然テレビをつけていて、僕は仕事から帰ったところで夕飯を食べていました。
すると、ある子供が郵便ポストを覗きに行くところから番組がスタート。
そして直ぐchihoさんだと解りました。もうビックリしましたよ(笑)
一方的ですが、お初でしたね(笑)

じゃぁまた伺います(笑)

やす
Commented by tomoko at 2011-03-01 02:02 x
chihoさん、こんにちは。
トスカーナの雪景色、絵葉書みたいに綺麗!
私は神奈川と東京の境目に住んでいますが
昔は山が見えて雪景色も綺麗でしたが
最近ではマンションが建ち山も少しになって
ちょっと寂しい感じです;;;
可愛い鶏さん達、雪の中元気にしてますか?
雪道お怪我しませんように…(*^^)v
Commented at 2011-03-01 04:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Sirius at 2011-03-01 06:30 x
なるほど。話は少し違ってくるかもしれませんが、
たとえば日本の白菜なんかは、ユキにずっしり埋もれていれば、
畑に生えたまま保存がきく上に、ぐっと甘くなっておいしいですよね。そういうことも含まれてるんでしょうか。
日本はもうそろそろ本格的な春です。
東京では春一番が吹いたとか。私の住む大阪ではどうなのか知りませんが、私は春眠暁を覚えず、冬の5時半起床より、春の五時半起床の方が、出来なくなってしまいます。温くなってベッドから出やすいのに、眠くて出られない。季節っていろいろ影響してくるなぁと実感しています。
Commented by hi-vison_1103 at 2011-03-01 11:22
>"Sotto la neve pane, sotto l'acqua fame"
思わず、書きとめてしまいました!
いい言葉ですねー!これからも時々、いろいろと教えてください!雪が大変なことも多いけど、この写真もすごく素敵で、空気しんしんと美味しいだろうなぁって眺めてます。byくろべー
Commented by tamscafe at 2011-03-01 15:51
きれいな雪景色!
ところで、ゆきちゃんの忘れ物で思い出しました。
長男が小1の時、隔週の土曜休みだったのですが、なんと!忘れて
って、私が忘れて学校に出したら、お休みで泣きながら帰って来たことがありました(笑)それも、2回も。トホホ・・・
思い出してしまいました。
「他に誰かいた?」って聞いたら、「もう1人いたよ~」って。
思わず、「よかったね」って言ったら、「うん」・・・素直な良い子でした。

いまでは、高校2年生です。
あっという間です。
子育ては、ゆっくりゆっくり、大事に楽しんでいきましょう。
Commented by mayolica at 2011-03-01 21:46 x
先日はお皿の質問に対してご丁寧にお返事をありがとうございました。
手描きの陶器がアントネッロさんのお料理によく似合っていていつも素敵だなって思ってました。
ユキちゃんのローマ滞在記とても面白かったです。
ユキちゃんの初めての体験や感動がよく伝わってきましたよ~!
ローマはやっぱりすごいですね~。パンテオンの迫力、トレヴィの泉の豪華さ、何を見ても大きい。
サンタンジェロも素敵でした。
ふ~!なんだか私までイタリアにいるみたいな気分です。
ありがとうございます。

この時期の雪は恵みの雪なんですね。
日常の生活は大変だと思いますが春が近いと思うと、うれしいですね。
Commented by Kayo Tao at 2011-03-01 23:37 x
お元気ですか?フェラガモ本店近くの新しいアパートは小さくても立地最高で良さそうですね~。ユキちゃんが四角い角砂糖をはじめて見たなんて!ユキちゃんの言動すべてがまるで山の妖精が町に降りて来たのようで可愛らしい。chihoさんのブログの妖怪のページのひとつはパラッツォベンチの扉ではないですか?10年以上前ですが、あのレジデンスに滞在していたので見覚えがあります。chihoさんのフィレンツェの写真が大好きです。いつも楽しい気持ちになります。ありがとうございます。
Commented by lacasamia3 at 2011-03-03 19:37
woodstoveさん>わはは、嫁と姑のバトルが諺にも表れていますね(笑)。イタリアにもこんな諺あるかな?結構、農耕作業に関係するのが多いような気がします。
Commented by lacasamia3 at 2011-03-03 19:38
shigezo09さん>雷が鳴ったら豊作かあ、イタリアでは聞いたことがないです。余談ですが、3月は天気が安定しないから、「気ちがい3月、傘を持って外に出よう」なんていう諺があります。
Commented by lacasamia3 at 2011-03-03 19:40
gardenviewさん>きっと遠足が楽しみで、すっかり忘れていたんでしょうね(爆)。まったく、ノンビリさんです。シリアルとか、ホットドックとかピーナッツバターとか余り食べたことが無いんだけど、ドナルドダックの漫画でよく見ていて、いつか食べてみたいなあと思っているようです。
Commented by lacasamia3 at 2011-03-03 19:41
ななまりんさん>昔、もっと小さかった頃は、フィレンツェに連れて行っても「早く山に帰ろう」とソワソワし始めちゃうんですが、今回は随分と大きくなったからか、それなりに街を楽しんでいました。
Commented by lacasamia3 at 2011-03-03 19:43
やすさん>ご無沙汰しています。久し振りにお伺いしたら、素敵なお写真が沢山!これからもたまに紹介してください。番組を見てくださったんですね。有難うございます。何だか私は逆に、やすさんとお父さんの団欒のお時間にお邪魔したような気分になり、ちょっと嬉しくなりました。
Commented by lacasamia3 at 2011-03-03 19:45
tomokoさん>ニワトリ達はさすがにこの雪では、開けても、鶏小屋から外に出ませんでした。そっか~日本は風景がすぐに変わってしまうものね。この辺りは、建物が建っていないところには基本的に何も建てられないので、山の風景はこのまま変わらないと思います。
Commented by lacasamia3 at 2011-03-03 19:46
鍵コメmさん>勿論ですよ~。私も読みたい(笑)。是非是非、お願いします。楽しみにしています。
Commented by lacasamia3 at 2011-03-03 19:47
Siriusさん>5時半起床~!!凄いです。偉い。私も朝、頑張って起きなくては。6時50分の目覚ましにへーへー言っています。
Commented by lacasamia3 at 2011-03-03 19:48
クロエさん>今朝も雪でした。もう慣れっこですが、早く畑をやりたいです。
Commented by lacasamia3 at 2011-03-08 03:10
tamscafeさん>わはは、間違って学校に行っちゃったんですね。私も小さい頃、そんな経験があったような気がします。「うん」って答えたお子さん、可愛い。
Commented by lacasamia3 at 2011-03-08 03:12
mayolicaさん>いつも山に篭ってばかりだけれど、たまにはこんな感動を一緒に味わうのも良いかな?と思い、連れて行きました。良い刺激になったようですよ。
Commented by lacasamia3 at 2011-03-08 03:15
Kayo Taoさん>当たり~。パラッツォ・ベンチの横の扉です。いつかまたフィレンツェにいらしてくださいね。変わったところもあれば、10年前と全然変わらないところもありますよ。
by lacasamia3 | 2011-02-28 17:49 | トスカーナ山暮らし | Comments(24)