フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

フィレンツェで可愛いポストカードのお店を見つけました

f0106597_20154750.jpg



イタリアで郵便物が届くのに時間がかかるのは、もう慣れっこなのですが、先日、こんなことがありました。
あるフィレンツェ在住の日本人の方が、私宛の迷子になった郵便物をわざわざ転送してくださったんです。彼女の住所と私の住所がやや似ていたことで、何故か郵便屋さんがグリグリとテキトーに住所を訂正してしまい、日本からの手紙だからと思ったのか、彼女の郵便ポストに入っていたのだそうです。
ブログを読んで下さっているので、実際には面識は無いのですが、すぐに判って、転送してくださいました。
丁寧に、封筒に入れてメッセージまでつけてくださって。Jさん、本当に有難うございました。
お礼のお手紙、書きますので、ちょっと待っていてくださいね~。

そうそう、余談ですが、旅行中、フィレンツェから日本へポストカードを出す時の切手の値段が随分上がりました。葉書も封書も共通で、20gまでは1.60ユーロです。
中央郵便局の場合は、入って一番奥の右側で切手が売られていて、ここは確か番号札を取らなくて良い唯一の窓口だったと思います。
小包の場合は、入り口近くにある黄色い機会で、SPEDIZIONEというボタンを押して、自分の番を待ちます。
話がそれましたが・・・

写真は先日、フィレンツェに行った時に見つけた、PAPIERという可愛い文房具屋さんで買った葉書。
フィレンツェの街の紋章と、ヴェッキオ宮殿。ちょっと浮き彫り風になっていて、いかにも手作りと言った感じの葉書です。額縁に入れて飾っても可愛いかも。


f0106597_2026324.jpgf0106597_20263027.jpg


ヴェッキオ橋を渡って、左に行った先、川沿いにあります。
ピッティ宮殿に向かう道はとても混んでいるのですが、こちらの川沿いの道は何だかとてもノンビリしています。向かい側は、ウフィッツィ美術館。

f0106597_2029485.jpg
ARTI & MESTIERI PAPIER
Piazza di Santa Maria Soprarno 1

明日、月曜日の夜22:30からNHKのBS2で「トスカーナで山暮らし」の再放送が3夜連続であります。これで最後の再放送かも?良かったら見てください。






人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by at 2011-02-06 20:50 x
ポストカードってついつい買ってしまいますね!
&の旦那さんは 鳥写真をとるのが趣味でデジカメと共に果てしなく歩き回ってます。
ポストカード大に写真をやいて写真たてに飾って鍼灸院に飾ってます。
今 フィレンツェに行ったら 写真撮りまくりだろうな。
イタリアのコーヒーが 恋しいです。
Commented by blengin at 2011-02-06 22:00 x
懐かしい!このお店、6年前フィレンツェに行ったときに寄ったんです。今もここのマーブリングの手帖とペン使ってるんです。
奇遇☆
その時にはお店の犬でキッラという毛の長い中型犬がいて、とても可愛かったのですが、まだいるのかしら。
Commented by ballad at 2011-02-07 01:08 x
はじめまして。以前からちょくちょくブログは拝見させてもらっていましたが、コメントさせていただくのは初めてです。
明日のテレビ番組欄をみて驚きました!『フィレンツェ』と『ユキちゃん』というキーワードが!!もしやと思ったら、やはり、chihoさんのことでした。ちょっとした事情で、PCを開いたのが久しぶりだったので、chihoさんご家族のことがテレビ放送されるとは知らず。
もう少しで見逃してしまうところでした。しかし、さすがNHK!再放送があってよかった。(予約済みです。)
いつもブログ楽しませてもらっています。これからもトスカーナのお話、いっぱい聞かせてください。
Commented by mikan at 2011-02-07 03:50 x
私もポストカード集めてます!今はメール時代ですが、昔から手紙を書くのが大好きです!ポストに手紙が入ってた時の嬉しさ、封筒を開ける時のドキドキ感がたまりません(^O^)/ 私は結婚してから、母親とずっと文通をしています。とても楽しいですよ~
Commented by Sirius at 2011-02-07 06:19 x
こんにちは。
ユリの紋章のポストカード、フランスのかと思いました。
町にも紋章があるんですね~。
あ、そうか、貴族ごとに持ってたからその支配下の町は同じ紋章なんでしょうか??

日本は文房具店も本屋さんも、個人のものはかなり少なくなり、大型全国展開チェーン店みたいなお店ばかりで、
どこに行っても同じものが同じように陳列されています。

ただ、京都に行くと、小さな文具屋さんはまだがんばってるようでした。
でもあんまり売れてなかったけど……。
私は古いものが好きなので、LOFTなどの最新のお店で扱ってる商品もいいけど、このポストカードのようなこういう伝統を感じさせるものが大好き。
いい国にお住まいですね。
Commented by shiho at 2011-02-07 13:45 x
はじめまして、初めてコメントさせて頂きます。
NHKの番組で拝見して以来毎日ブログ拝見しています

とても素敵な山暮らしで、私も大人になったらこういう生活がしたい!と思ってしまいました
あと、私もすごく美術が好きなのでジオットや教会のお話はとても興味深かったです
フィレンツェは私の中では「初期ルネサンス」というイメージですが、実際に住んでみるともっと奥が深いんでしょうね。
これからも素敵なブログ、楽しみにしています*
Commented by yukii at 2011-02-07 20:53 x
はしめまして(o^^o)
私も初めてコメントさせて頂きます。
お正月の番組リアルタイムで見させて頂き、アントネッロさんのファンになってしまいました!笑

このお店、去年の春に訪問しました~マーブル模様のしおりをお土産に買い、喜ばれました。
この近くにある教会の前で絵がお上手な方がいらっしゃって、その中の1枚をなけなしのお金で(大げさですが19歳学生だったので)買ったのが良い思い出です(^-^)

毎日の更新楽しみに読んでいます。
Commented by nobukoueda at 2011-02-07 23:25
はじめまして、
鉄の仕事のしょうすけさんからお知らせいただき、今日、はじめてBSで視ることできました。
とても美しいところで感激でした。
ユキちゃんのかわいくてうつくしいこと!
カラーラは2年前、昨年はローマにちょっとですっかりイタリア大好きに・・・
またこれからもよろしくです。
また、これからもよろしく願います。
Commented by ラビダ at 2011-02-07 23:44 x
アンティークな感じの素敵なポストカードですね。
バルセロナにも旧市街にちょっと似たお店があります。
描かれている柄がガウディになってしまうのですが。
Commented by amanojakusan at 2011-02-07 23:46
先ほどNHKBSで再放送の初日を見ました。
ヴァーリア村での生活、山歩きで自然に接してきた私には土の臭い、草の臭い、丘陵歩きの体への負担などが身近に感じられました。
日本では最近定年後は田舎で畑でも作ってのんびり過ごしたいという人が増えていますが田舎暮らしはやはりそれなりに大変ですよね。
明日、あさっての放送を楽しみにしています。
Commented by nago at 2011-02-08 00:25 x
イタリアの郵便事情は本当にこまりものです。日本でのきめ細かいサービスに慣れてる私など、怒りすら覚えることがありました。ローマ近郊に住んでいる娘がつわりだと言うのでいろいろ詰め込んだ小包をEMSで送りました。一か月後に日本に返送されました。追跡してみると、配送し不在だったので、あるところに保管されてました。不在通知もなく、それでも娘は問い合わせすると、そのうち配達されるから待ってなさいとのこと。それから荷物はマルペンサの配送センターにもどされ、日本へ。泣きたくなりました。イタリア人のお婿さん、これがイタリアだよと。ベルルスコーニさんに怒りを感じても、公共サービスの質の向上など期待できないので慣れっこになるしかないと冷静でした。荷物が消えてしまわなかっただけ良しとすることにしました。
Commented by 名古屋のHARUO at 2011-02-08 11:06 x
お洒落なポストカードですね。このようなカードを私もフィレンツェで探しましたが、残念ながら見付けることができませんでした。ハンガリーで生活していたときは、社会主義時代だったにもかかわらず、結構お洒落なポストカードが入手できて、たくさん買い込んだものです。
それにしても、イタリアの郵便事情には困ったものですね。すべてがこんなにひどくはないと思いますが、私の妻に、この事を話したところ、「私が、1月に送った葉書、無事に千穂さんちに届いたでしょうか。」と心配していました。
イランで生活していた時の、イランの郵便事情はもっとひどいものでした。仕事上、日本からの郵便物は大使館気付と、安全策を講じてはいましたが、封書が開封されていたり、切手が切り取られていたり、航空便なのに入手できるまでに数カ月を要したり、小包みに至っては、中身がごっそりと抜かれていたりと散々でした。日本の郵便事情は世界中でもトップクラスだと思います。
Commented by lacasamia3 at 2011-02-12 03:30
&さん>私は美術館に入ると必ず、最後に、その美術館で一番印象に残った作品の絵葉書を1枚買うのです。いつかフィレンツェにコーヒーを飲みに来てください~。
Commented by lacasamia3 at 2011-02-12 03:30
blenginさん>犬は居なかったけどマダムが独りでいらっしゃいました。小さなでも可愛いお店ですね。
Commented by lacasamia3 at 2011-02-12 03:31
balladさん>番組を見てくださって有難うございます。間に合って良かった!これからもどうぞ宜しくお願いします。
Commented by lacasamia3 at 2011-02-12 03:32
mikanさん>お母様と文通をされているんですね。私も、祖母から届いた絵手紙を今も大事にとってあります。
Commented by lacasamia3 at 2011-02-12 03:33
Siriusさん>フィレンツェはアイリスなんだそうですが、確かにフランス王家のそれに似ていますよね。フランス支配下に入ったのはナポレオンの時代だから随分と後ですが、実はフィレンツェがこの紋章を使っているのは、中世の時代からなんですよ。
Commented by lacasamia3 at 2011-02-12 03:35
shihoさん>番組を見てくださって本当に有難うございました。フィレンツェにはローマ時代のものから近代のものまでそれぞれの時代の絵画や彫刻、建築物が残っているので、とても楽しい街です。バロック時代のフィレンツェもまた面白いんですよ。
Commented by lacasamia3 at 2011-02-12 03:36
yukiiさん>へえ~、絵を描いていらっしゃる方、気がつかなかったけれど、今度見てみますね。ピッティ宮殿の前かな?また是非フィレンツェにいらしてください。
Commented by lacasamia3 at 2011-02-12 03:37
nobukouedaさん>カラーラにいらしたんですね。雪山のように見えてよく見ると大理石!みたいな風景が素晴らしい場所ですよね。
Commented by lacasamia3 at 2011-02-12 03:38
ラビダさん>そっか~、バルセロナだとガウディなのね。スペインもいつか行ってみたい国のひとつです。
Commented by lacasamia3 at 2011-02-12 03:39
amanojakusanさん>番組を見てくださって有難うございました。体への負担はそれ程感じないけれど、年をとったら感じるのかもしれないですね。しわくちゃの元気なおばあさんになりたいです。
Commented by lacasamia3 at 2011-02-12 03:40
nagoさん>そうなんですよね。イタリアのそういうところは思いっきり脱力します。民間になって、更に小包は子会社が配達を請け負っているから、出来るだけ楽をしようと、配達をせずに不在にしたりするのです。
Commented by lacasamia3 at 2011-02-12 03:42
名古屋のHARUOさん>葉書届いていますよ~。有難うございます。イランも凄いけれど、イタリアの郵便事情もなかなかですよ(苦笑)
by lacasamia3 | 2011-02-06 20:36 | フィレンツェお薦め処 | Comments(24)