フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

家族のためにパンを焼きます

f0106597_23143711.jpg



いや、パンを焼くのは、私じゃなくて、アントネッロがです(笑)。

こうして、パンやクッキーなど既製品を買わなくなり、全て家で焼くようになって随分と経ちました。我が家で買うのは、キューブ状のビール酵母と小麦粉。粉はいくつかの種類を試しています。
自然酵母(いつか使ってみたい)こそ使わないものの、ホームベーカリーなどは使わずに、頑固に手で作るパンです。


f0106597_23153196.jpgf0106597_2316082.jpg


今回使った粉は、GASで5キロ購入したCOLOMBAIAという近くの農家の全粒粉。豚肉も最近ここから購入しています。GASのお当番さん、それぞれ私の名前をCICO、CHIKO、CHICO(惜しいっ!)などと書きます。きちんとCHIHOと書けた人は、イタリア人にしては珍しく几帳面なお米担当のAさん(パチパチ、有難う~)。


f0106597_2316337.jpgf0106597_23171347.jpg


このまま使ってパンにしても、どっしりと重い美味しい全粒粉パンが出来るのですが、最近、アントネッロが凝っているのは、こうしてふるいにかけ、荒い胚芽や皮の部分を別にして、すこしキメを細かくすること。胚芽の部分は、それだけで蜂蜜を混ぜて朝食用のクッキーとして焼きます。


f0106597_23175354.jpg
コネコネ・・・


f0106597_23182953.jpg



こうして、周りの部分にナイフで1周切れ目を入れると・・・

f0106597_231971.jpg



発酵させて焼いたら、こんな面白い形になります。これで1キロ。


f0106597_23201319.jpgf0106597_23293654.jpg


「バッボのパンは美味しいよ、ホントだよ」とパンを、口いっぱいに頬張りながら連発するユキちゃん。
おすまししていますが、実は口の中には大きなパンの一切れが入っています。


f0106597_23303718.jpg



平日は結構、粗食な我が家。畑のビエトラを沢山茹でたものに初物のオリーブオイルをたっぷりかけて、美味しいパンと一緒に食べます。
セコンドは山の上の農家から届いたチーズ、デザートはシチリアから届いた有機オレンジ。

気がついたら1キロのパン、半分なくなっていました(汗)

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by ゆっこ at 2010-11-30 00:42 x
こんばんは♪

パンを焼くのはアントネッロ氏、こちらを訪れるみなさんは知ってますよ^^

確かに少し前になるけど、chihoさんもパンを焼いたという記事を載せていたような気もするけど・・。

おいしそうなパン、しっかり捏ねてあるから(たくましい腕でね!)ふくらみ具合もすごいですね!


chihoさんのお宅の温かさが伝わってきます。
Commented by cocopuff1212 at 2010-11-30 00:57 x
愛情の味がします。(画面からも。)
スローライフっておしゃれ~と思われてるみたいですが、毎日毎日のことだし本当は体力で勝負なんだろうと察します。大変なことで、時間も愛情も惜しまずに費やせる人でないと続かないですよね。
自然の恵みとご両親の愛情をストレートに受けられるユキちゃんはしあわせガール。
Commented by lacucinasiciliana at 2010-11-30 03:30
パンも朝ごはん用のビスコッティもお菓子も、、、全部自分で作りたいっ!と思いながら日常の忙しさに忙殺される私。こうして時間をかけて日常の食生活を丁寧に作るって本当に贅沢なことだと思います。
チホちゃんとアントネッロがC氏のマンマとパパに思えてきた今日この頃。とすると、、、C氏はユキちゃん!?(爆)いずれにせよ、こういう家庭で育つ子供は幸せだよね~。
Commented by Madame Cow at 2010-11-30 06:40 x
1キロ手捏ねですか?すごいなぁ。私もパンを焼きますが(ごくたまに)、捏ねるのは機械。シンプルな全粒粉パン大好きです。
Commented by miyamaea at 2010-11-30 06:55
いつも更新される、チホさん宅の料理やパン、こちらにも匂いが届いてくるようですよ。この間、チェントロでチホさんお見かけしました!でもお客様とご一緒でしたので、声をかけませんでしたが。
仕事の合間でもお時間のあるときにどうぞ、ご一緒させてくださいね!それでは、また!!
Commented by sironekosan at 2010-11-30 08:38 x
1枚目の写真、まるで絵画の様でびっくりしました。
あぁ、アントネッロさんはイタリア人なんだなぁ・・と再認識したと言うか・・・笑

手を掛ける生活って、リズムにしてしまえば意外と落ち着くと言うか、なんて言うか・・・私の両親がそう言う人達だったので、私はそういう生活、落ち着くなぁ・・と思うのです。
外食も旅行も殆ど無い幼少時代だったけど、だから帰省は大イベントで本当に楽しく、あの時見た海の青さ、満点の夜空は忘れられない記憶になっているし。

何気ない家族の記憶には、いつも何かしら働いている両親がいるかな。台所で枝豆を枝から取ったり、トウモロコシのひげを抜いたり、ゴマをすったりのお手伝いは楽しくて、母の作るご飯は本当に美味しいと感じていたっけ。

私も手を掛けたいと思いつつ欲張りで、アレもコレもと手を広げ、やる事が薄くなってるなぁ・・と最近思っていたばかりだから、手捏ねでパンを焼く事を普通にしているアントネッロさんの気持ちを、温かく感じたよ。

そそ、“叱る”と“怒る”は違うと思う。
きちんと叱りたいのに、気持ちに余裕がないと怒る体制になっちゃうんだよね。うん、そだね、ある意味日々真剣勝負だ。
Commented by mari at 2010-11-30 08:55 x
こんにちは。幸せというのはこういう時間の事をいうんだな~としみじみ思います。これこそ、お金では買え無いものですね。
変な質問かもしれませんが、chihoさんは20代の頃自分にとっての幸せが見えていましたか?
Commented by pino-ombra at 2010-11-30 09:48
イタリア語ってHの音を発音しないから「チホ」と耳で聞いたのを
正しくつづるのって、イタリア人には難しいんですよね~(笑)。
ハヤシさんがアヤシさんになっちゃったりしますもんね。ははは。

アントネッロのパン、本当においしそうです!
トスカーナのパンは味がうすくてあまりおいしいとは思わないんですが(苦笑)、
アントネッロの作るのは、しっかり味がする南イタリアのパンなのでしょうか?ピッツァもパンも、粉モノはやっぱり南のほうが美味しい!と個人的には思います。
Commented by woodstove at 2010-11-30 12:38
いいなぁ。。。今日のアントネッロは頑固な顔つきですね。。。。
それも真剣そのもの。。。。
きっとこのパンは美味いに違いない!と読んでいくと、やっぱり
美味そうなできあがりじゃないですか!! (^^ゞ
 「チホ」って言う名前はイタリアでは珍しいのでしょうかねぇ?
ボクの「ショウスケ」もおそらくですが「ショスケィ」になってしまうんでしょうね。。。。(^^ゞ
Commented by mamadance at 2010-11-30 16:37
おいしそ~~~匂いまで薫ってきます。
今夕方でお腹空いているので尚更です。

やはり暖炉の横(?間取り知らない)のオーブンで焼くんですか?
何分くらいでこんなにふっくら?

胚芽のクッキーもジャムつけて食べたいな~。
Commented by souslarose at 2010-11-30 20:14
chihoさんへ。
chicoさん、こんばんは!(笑)
旦那さま、いい顔していますねぇ……。
ガッチリ作るんですもん、パンが美味しいハズですね。
匂いは勿論、歯応えも感じられそうです。
日本のメーカーの柔らかければいいみたいな、
歯応えゼロの軟弱なパンは飽き飽き(笑)
是非、一口でいいから食べてみたいです。
所で、そちらの全粒粉5キロって、
日本の米5キロみたいな感覚ですか?

ブノワ。
Commented by emmanuela at 2010-11-30 22:33
ぷっくり膨らんだ大きなパン!見ているだけで豊かな気持ちになりますね。
素朴な食事パン、いくらでも食べられてしまいそうで、危険ですが、ぜひ一度お相伴にあずかりたいものです。(笑)
ユキちゃんも幸せそうですね。
Commented by kapibara at 2010-11-30 22:49 x
う~~ん、うらやましい!!
こんな、手作りのほかほかパンがあれば、それだけでも
ご馳走ですよね~~。
私は、せっかく買った自動のパン焼き機でさえも、もう
奥のほうへ仕舞いこんでしまっています(-_-;)
ダメダメヨメ・・・(*_*;

それにしても、最近のメガネのゆきちゃんは、CHIHOさんに
すごく似てきたな~と思います♪
Commented by Asami at 2010-11-30 22:51 x
こんにちは。パン好きなので、思わずお久しぶりにコメントしてしまいました!手作りのパン、いいですね。私の母もいつもパンを自分で焼いていたのですが、焼きたてのパンを一緒に食べるひと時は、本当に幸せな時間でした。こちらのパン、名前などはあるのですか?”○○地方のパン”とか・・・?イタリアのパンのことをあまり知らないので、興味津々です♪
Commented by noreizoko at 2010-11-30 23:03
こんにちは。ものすごーーーーーーーーーーーーく美味しそうですね。すごいうらやましいです。いつも思いますが、ユキちゃんになりたい。
Commented by yurika at 2010-11-30 23:58 x
ユキちゃん、 バッボのパンおいしそうね!
我が家の娘もユキちゃんくらいの年齢からピンクのメガネをかけていました。 そして今日のユキちゃんのようにピンクのフリースを着て。
あの頃の娘の甘酸っぱい香りを思い出しました。
Commented by fudangohan at 2010-12-01 00:31
コンバンハ!初めてコメントします。

ご主人が焼くパン、美味しそうですね!形がユニークなのがなんとも素敵です。私もパンを焼きますが、自分のウチで焼くパンがなにより美味しく、贅沢ですよね!!

これからも更新を楽しみにしています。
Commented by rondine11 at 2010-12-01 04:17
こんばんわChihoさん。
アントネロさんの手作りパン、結構どっしりしているように見えますが、ドイツのグレー/黒パンを少し思わせる、、、
住み慣れたドイツを離れ半年間ローマ生活ですが、何が恋しいかと言うとドイツの黒パン!chihoさんの写真をみていると。ライ麦の味わいと酸味を思い出しホームシックになってしまいそう!(クリスマスまでの辛抱ですが)
またユキちゃん笑顔!正に幸せのパンですね。うらやましいかぎりです。
Commented by lacasamia3 at 2010-12-01 04:36
ゆっこさん>えへへ、ナイス突っ込み!ちょっとボケて見ました(笑)。そう、大昔、私もパンを焼いていた時期があったのですが、遠い昔になってしまいました・・・
Commented by ポインセチア at 2010-12-02 23:30 x
アントネッロさんのパン、美味しそうですねー^^
私も、初歩ですがパンを焼いてますけど、中々うまくいきません^^;
こういうパパの姿を見て育つユキちゃんは、本当に幸せだわー^^
大きくなって、どんなに素敵な生活をしていたのか思い出す日が来るのでは^^
私もパンうまくなりたーい!
アントネッロさんは、どこでパン焼きを覚えたんですか?
夏にユキちゃんが、おじいちゃんのところに行った時、おばあちゃん(間違ってたらごめんなさいね)が焼いてらっしゃいましたっけ?
何でも手作り出来て、本当にすごいです!
Commented by lacasamia3 at 2010-12-05 19:14
cocopuff1212さん>スローライフと書くとお洒落な感じがしますが(笑)、実際には体力勝負のがってん田舎生活です。時間と根気が必要かな。急がないことが基本。でも楽しいです。
Commented by lacasamia3 at 2010-12-05 19:16
Reiちゃん>C氏のバッボとマンマに見えるなんて嬉しいなあ。私にとっては理想の田舎ライフです。シチリアと気候は違うけれど、もっと沢山野菜を作りたいです。
Commented by lacasamia3 at 2010-12-05 19:17
Madame Cowさん>プーリアの義母さんなんて一度に10キロくらい捏ねちゃうんですよ。10キロの生地が発酵するキッチンは壮観です(笑)
Commented by lacasamia3 at 2010-12-05 19:18
miyamaeaさん>おお~そうですか。今度はぜひ声をかけてください!フィレンツェは随分と寒くなってきましたね。お風邪など引かれませんように。
Commented by lacasamia3 at 2010-12-05 19:21
sironekosanさん>そうそう、手をかける生活って慣れてしまうとそんなに大変でもないんですよね。うちも鶏の世話とか、パンを焼くこととか、畑仕事とか、一日のスケジュールの中に組み込まれているので、それほど大変でもないです。
Commented by lacasamia3 at 2010-12-05 19:23
mariさん>そうですね~20代半ばに東京で仕事をしていた頃は、忙しすぎて幸せを見失いかけていたかも。それは、「何処にいる」かではなくて、日本でもイタリアでも、やっぱり時間があってゆっくりと「今日は幸せだったなあ」って毎日を振り返りながら過ごすことができるかどうか?っていう違いだと思うなあ。
Commented by lacasamia3 at 2010-12-05 19:26
pino-ombraさん>トスカーナのパンって塩が入らないでしょ?だから特に、パンが美味しいか美味しくないか?は粉の味、小麦の味によるのです。美味しい小麦を使って作ったトスカーナパンはやっぱり美味しいんです。いつかぜひ、美味しいトスカーナパンを焼くパン屋さんを見つけてくださいね~。
Commented by lacasamia3 at 2010-12-05 19:29
woodstoveさん>あはは、頑固親父って感じですね(笑)。章介さんは、きっとイタリアでは発音されやすいかもしれません。イタリア名shosukerino(ショースケリーノ)なんて如何?
Commented by lacasamia3 at 2010-12-05 19:30
mamadanceさん>小さめのパンだとキッチンの薪オーブンで焼くんですが、やはりこれだけ大きいと焼けないので、電気オーブンで焼いています。いつか石釜で焼いてみたいなあ。
Commented by lacasamia3 at 2010-12-05 19:33
ブノワさん>日本は何でも柔らかくて甘いものがもてはやされるようですね。硬かったり、苦かったり、渋かったりするものは市場から排除されるような気風がるのでしょう。たまには日本のフワフワのおかずパンが食べたくなったりするけれど、やっぱり歯ごたえがあるアントネッロの手作りパンは美味しいです。
Commented by lacasamia3 at 2010-12-05 19:34
emmanuelaさん>我が家のパンの消費量はかなりのものです。もちろん、ケーキやパスタにも使うけれど、大体1ヶ月で15キロの粉がなくなります。
Commented by lacasamia3 at 2010-12-05 19:35
kapibaraさん>メガネのユキちゃん、私に似てるでしょ?いつもメガネがずり落ちて、鼻眼鏡になっています。
Commented by lacasamia3 at 2010-12-05 19:37
Asamiさん>こんにちは。アントネッロが作るパンはオリジナルかなあ?塩が入るのでトスカーナパンではないです。プーリアパンみたいに硬質小麦の粉を使うわけでもないし・・・普通のpane integrale(全粒粉パン)ですね。
Commented by lacasamia3 at 2010-12-05 19:38
noreizokoさん>美味しすぎて危険なパンです。ついつい食べ過ぎちゃう(笑)
Commented by lacasamia3 at 2010-12-05 19:39
yurikaさん>子供ってあっという間に成長してしまうものですね。私は先日、ユキちゃんの赤ちゃんの頃の写真をとりだして見ながら、こんなに小さかったんだ~と懐かしく思いました。
Commented by lacasamia3 at 2010-12-05 19:40
fudangohanさん>アントネッロはたまにパンの形を変えたりして、楽しみながら作っています。自分で焼くパンって美味しいですね。
Commented by lacasamia3 at 2010-12-05 19:42
rondine11さん>ドイツの酸っぱいパン、昔、留学時代にルームメイトに分けてもらったことがあります。いろんなシリアルが入っていて美味しかった~。BIOのお店ではドイツ風のパンを売っているところもあるようですね。ローマだったらドイツパン専門店なんてありそうですが?どうだろう?ローマ生活楽しんでくださいね~
Commented by lacasamia3 at 2010-12-05 19:45
ポインセチアさん>プーリアの義母さんもいつも、自分でパンを焼いているので、マンマから作り方を習ったようです。でもいろいろと自分でもアレンジしたりしているんですよ。
by lacasamia3 | 2010-11-29 23:48 | 山の食卓 | Comments(38)