フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

そして牛は旅に出る・・・

f0106597_2343694.jpg



朝晩は冷えるけれど、昼間はポカポカ晴天続きのフィレンツェ。
ちょっとピクニックに行きたくなるような気分です。ボーっと山を眺めていたら、森の奥から「ガラン、ガラン」と聞き覚えのある音が・・・


f0106597_2331187.jpg



あっ!


f0106597_2373350.jpg

「こ、こんにちは~」


f0106597_23101258.jpg



ブログでは既におなじみ(?)山向こうの農家の牛たちです。いつもは山の斜面全体に広がる広大な敷地に放牧されているのですが、数ヶ月に1度、旅に出たくなるようで、こうしてたまに柵を壊して脱走してしまうのです。ちゃんと帰り道は知っているので、2日ほどうろうろしたら、また自主的に農家に戻ります。だから農家のおじさんも、3日ほど待って帰ってこなかったら私に「牛、そっちに行ってる?」と電話をかけてくるのです。


f0106597_23124518.jpg



古代ローマ時代のモザイク画にも描かれているキアーナ種の牛たち。その姿はとても美しいです。


f0106597_2314998.jpgf0106597_23154556.jpg


何気なく草を食べているように見えて、実は牛たちはとてもグルメ。好きな草と嫌いな草はしっかりと区別し、好きな草を見つけると、舌を巻きつけて引っ張り、口の中に入れます。
この子が大好きなのは、ブルーベリーのような黒い実がついたこんな植物。一生懸命食べていました。


f0106597_23311262.jpg



この辺りでは、一番の巨大動物(だと思う)である牛君たち。こんな牛を目の前にすると、自分ってちっぽけだなあ(実際にチビ太です・笑)とつくづく思います。


f0106597_23322884.jpg



チャオ~、あんまり遠くに行かないんだよ~。
またね。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by bianca at 2010-10-01 01:07 x
chihoさん、こんばんは。
牛君たちのカメラ目線がとてもかわいくてたまりません!
真っ白なキアーナ牛は神々しささえ感じられますね。
ちゃんと無事にお家に帰りますように。。。

余談ですが、「そして牛は旅に出る・・・」という題から「そして僕は途方に暮れる(大沢誉志幸)」を連想してしまったのは私だけでしょうか。。。(スミマセン!)
イノシシなので、中学生くらいだったかな?
Commented by sachi at 2010-10-01 03:17 x
本当に素敵ですね
素敵なところ
美しい牛
夢のようですね
ありがとうございます
Commented by woodstove at 2010-10-01 05:40
Chihoさん イイ光景ですね。
のどかで、のんびりとした。 時間がゆっくりと感じられますよね。
幸せな牛を見ていると、こちらまでほっこりとしますねぇ。。。(^^ゞ
Commented by カフェハマツ at 2010-10-01 05:49 x
チャオ~~ちほさんいつも拝見させていただいてます。
来年の今頃にまたそちらへお伺いしたいとおもいます。
                            濱津 啓子
Commented by pino-ombra at 2010-10-01 09:48
牛さんたち、可愛いですね~。
でも乳牛じゃなくて、食肉用でしたっけ?!(笑)
Bistecca alla fiorentinaって、キアーナ牛のお肉でしたっけ…?
Commented by fiorentino at 2010-10-01 14:22 x
あっ、また現れましたね~(^^)
この牛さん、顔が優しげでマイペースっぽい(笑)雰囲気がすごくあるので、なんだかとてもかわいいです。
Commented by 中西 at 2010-10-01 16:00 x
こんにちは! 
牛くん達のあまりの美しさに思わず見入ってしまいました。
日本の牛くんがこの写真を見たら、さぞや羨ましがることでしょうね!
Commented by lacasamia3 at 2010-10-01 16:13
biancaさん>きっとこの茶色い子は中学生くらいでしょうね(笑)。
Commented by lacasamia3 at 2010-10-01 16:14
sachiさん>いえいえ、ちっとも素敵になれない、大田舎です(笑)。随分と秋らしくなってきました。
Commented by lacasamia3 at 2010-10-01 16:15
woodstoveさん>ガランガランと山に響くカウベルの音は、不思議と心を落ち着けてくれます。「せかせかせずに、のんびり行きましょう」と牛に言われているようです。
Commented by lacasamia3 at 2010-10-01 16:16
カフェハマツさん>その後、如何ですか?また来春、お会いできるのを楽しみにしています♪また皆さんで?
Commented by lacasamia3 at 2010-10-01 16:17
pino-ombraさん>はい、お肉用です。トスカーナでは普通の畜産農家でも、こうして殆どが放牧で、干草を食べさせて家畜を育てているので、お肉は本当に美味しいです。
Commented by lacasamia3 at 2010-10-01 16:18
fiorentinoさん>本当にマイペースです。でも結構怖がりでもあったりするので、この時はアントネッロが庭先で石釜に火をつけていたので、怖がって庭の方には寄ってきませんでした。
Commented by lacasamia3 at 2010-10-01 16:20
中西さん>日本の今の高級和牛をどういう風に肥育しているのか、調べたことがあります。かなり複雑な心境になりました。最近は、霜降り肉をそれ程食べたいと思わなくなりました(あ、食べたら「美味しい~!」って思うでしょうが・笑)
Commented by うー at 2010-10-01 17:50 x
はじめまして^^
とってもすてきなブログでいつも見てます。
イタリア情報、とても参考になります^^
今度、プーリアへ行くのですがチステルニーノは町中には
ホテルなどの泊まるとこはないのでしょうか?
調べたけど遠いとこしかなさそうで。。
または、駅などで荷物あずかってもらえるのでしょうか?
Commented by lacasamia3 at 2010-10-01 18:44
うーさん>いつもブログを見てくださって有難うございます。チステルニーノの(というかsud-est線全体)、駅には荷物預かり所はないと思います。調べたら、村の中心の広場にピアッツァ・グランデというb&bがありました。
http://www.bbpiazzagrande.it/home.html
↑良かったら見てみてください。楽しい旅行になると良いですね。
Commented by pescevinon at 2010-10-01 21:26
青空とポカポカ陽気に誘われて、
牛さんたちも、ピクニックへ出掛けたくなったのでしょうね(。◠‿◠。)ニコニコ
ホントに長閑な景色ですね(◡‿◡*)ポッ❤

でも、突然!目の前にこの牛さんたちが現れたら・・・
ちょっと怖いかも^^;;
Commented by kaede-natural at 2010-10-02 21:07
農家のおじさんも慌てずのんびりおおらかなところは、やっぱりイタリアっぽいんでしょうね~。
最初の画像、たまたま今朝撮影したうちの近くの景色に似ています~!
市街地までは時間がかかるのでしょうか?
Commented by lacasamia3 at 2010-10-06 02:04
pescevinonさん>確かにね~巨大動物だから、どいてくれるわけでもなくて、忙しいときに車で、山道で遭遇すると非常に困ります(笑)
Commented by lacasamia3 at 2010-10-06 02:05
kaede-naturalさん>こんにちは。そうですね、下の集落(家が数軒ある)まで約1キロ、まともな村(新聞屋&バールがある)まで3キロといった感じです。
by lacasamia3 | 2010-10-01 00:17 | トスカーナ山暮らし | Comments(20)