フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

イタリアで、歯の治療はどうしてる?~トスカーナの場合

f0106597_1162017.jpg



そういえば、日本から来ていた母は、和食ディナーの日に、手作り水羊羹まで作っていました。ふ~ん、水羊羹って手作りで作れるんだ!一同、日本のマンマ二人の手作りへのこだわりに脱帽です。
後日、残った(と言うか後日おやつに食べようと思ってちょっと残しておいたのでした・爆)水羊羹を、お茶と一緒にいただきました。丁度良い甘さが心地よく、とっても美味しかったです。ご馳走様♪

さて、今日の話題はイタリアでの歯の治療。
イタリアに住み始めて15年近くになり、ず~っと「イタリアでは歯の治療に保険が効かない」と思い込んでいた私。正確に言うと、「保険が利く歯医者さんも居るけれど、1年待ちだ」と思い込んでいたのです。いえ、実はトスカーナ州では保険が利き、結構あっさりと予約が入るのです。

先日、アントネッロがホームドクターのところに行った際に、ちらりと歯の治療の話をしたら、「あ、申請したら、歯の治療は保健所で出来るよ~」とあっさり言われてしまいました(汗)。
一応、何か症状がなければいけないので、まずはホームドクターのところに行き、「この歯がちょっと痛いような気がするなあ」と言います。
するとドクターは、「chihoは歯の治療が必要」というrichiesta(申請書)を書いてくれます。このrichiestaに書かれた番号と、自分の保険証の番号を用意し、CUPという、トスカーナの各病院の中央予約センターへ電話をかけ、予約を入れます。通常、希望の病院などを伝えると、予約が入る日時を教えてくれるので、その中から選びます。

まずは、病院(私はこの時は保健所でした)に行き、診察をしてもらいます。そして、そこで歯医者さんが、治療が必要な歯などをチェックしてくれます。レントゲンが必要な場合はここで申請書を作ってもらい、同じ要領でレントゲンの予約を入れます。
私の場合は、上の歯にごく初期の虫歯が見つかったのと、まだ先ですが、今年中に歯石除去をしてもらった方が良いこと、そして日本で随分前に詰めてもらった歯があるので、これらの状態を見るためにレントゲンを取る必要があると言われました。

最後に、虫歯治療と歯石の除去をしてくれるフィレンツェの私立の歯科医院のリストと、治療のプライスを明記した紙をくれます。
今回、虫歯の治療には45ユーロ(1回で終了)、歯石除去には30ユーロのプライスが付いていました。数年前に歯石除去を、保健所を通さずに、普通の歯科クリニックで行ってもらったときの金額は70ユーロだったので、随分と安いです。

勿論、歯が急に痛くなった時には、10日や2週間など待つことは出来ないから、保険なしでクリニックに駆け込む必要があるけれど、トスカーナ州に住んでいる方は、普段何もなくても、1年に1度は、こうして保健所で診てもらうと良いですよ。

イタリアでは州によって随分と医療関連のシステムが違うので、他の州では効かないのかも知れないけれど、少なくともトスカーナ州はこんな感じ。
こうして払った料金は、税金で落とすことが出来るので、必ず領収書は取っておきましょう。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by woodstove at 2010-09-14 06:52
Chihoさん アントネッロさん こん**は~。。。
お国によって、また州によっても治療費の違いがあるんですね。
ボクもまあイイ歳になってますが、歯のケアには重点を置いてます。。。
(って言ってももう遅いですが。。。)  (汗)
 年に一度は歯科医院に行き、歯石除去はやってもらってます。
どうも歯石がたまりやすい体質なようです。。。。。(汗)
Commented by ひろりん at 2010-09-14 14:50 x
さすがトスカーナは、きちんとしてますね~。ラツィオはだめじゃないかな~???と思っているので、毎年、日本に帰った時に、歯医者さんに通ってます。虫歯、早いうちに見つかって良かったですね~。
Commented by milletti_naoko at 2010-09-14 17:44
なるほど、ペルージャの歯科医では受付の人に、「保険が利く歯科治療はごくわずかです」と言われたのですが、もしかしたら、州によって治療法が変るかもしれないという以外に、本当は、治療に保険が利くのに、その情報が一般市民まで行き届いていないのかもしれないという気がしてきました。ちなみに、わたしの周囲では、家族も知人も、皆すぐに私立病院に駆け込んでいるようです。

滞在許可証でも、法改正が端末の警官までしっかり伝わっていないので、警察署によって、解釈や対応も違うようですし……

今度、我が家のかかりつけの医者に聞いてみたいと思います。友人と話していて、「え、それも無料でよかったの」と分かることも多いですし…… ただ、わたしや夫の場合は、USLで順番待ちをして診察をしてもらう余裕がありませんでしたので、今回は私立歯科医院に飛び込むしかなかったように思います。

やはり「知ること」はとても大切だなと、イタリアに住んでいるとよく思います。
Commented by ポインセチア at 2010-09-14 21:10 x
イタリアの歯医者さんのかかり方、日本とは違うんですね。私は、とてもいい歯医者さんに通っていて、1,2カ月に一度は歯石を取ってもらってます。何しろ、インプラントを入れるくらい歯にガタが来てるので^^;昔からちゃんと歯を磨けばよかったのに・・・です(涙)chihoさんも歯をお大事に。
Commented by lacasamia3 at 2010-09-18 03:23
woodstoveさん>私も気をつけています。特にイタリアで重い虫歯になったりすると本当に大変なので。日本に居るときに親知らずを全部抜いておいて良かったです、
Commented by lacasamia3 at 2010-09-18 03:24
ひろりんさん>こういうことって州によって随分と違いますよね。私の友達の中にも、日本に帰ったときに歯医者さんに言っている人、結構居ます。
Commented by lacasamia3 at 2010-09-18 03:25
milletti_naokoさん>判る~、イタリアって「自分が知っていること」が凄く大切だったりしますよね。トスカーナのホームドクターの中にもこういうシステムを知らない人も居るだろうし。もしかすると、余り宣伝していないのかも。
Commented by lacasamia3 at 2010-09-18 03:27
ポインセチアさん>歯って大事だなあと、私も今になって思います。だから歯磨きをしっかりと正しくすることだけは、結構うるさくユキちゃんに、言っています。
by lacasamia3 | 2010-09-14 01:47 | フィレンツェという町 | Comments(8)