フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

今日はフィレンツェのお祭りリフィコローナです

今日、9月7日はフィレンツェの子供のお祭り、Rificolona(リフィコローナ)です。
翌日の9月8日は聖母マリアが誕生した日と言われ、昔から多くの巡礼者がサンティッシマ・アヌンツィアータ教会を訪れていました。その機会に、9月8日、フィレンツェ郊外から農民達が、様々な農産物やチーズを運んで来て、教会前の広場で毎年、市場を開くようになります。前の日の晩から、フィレンツェに到着していた農民達は、それぞれ、提灯をぶら下げて、広場に寝泊りしていました。
これにちなんで、今でも、9月7日の夜は、子供達が火とともした提灯をぶら下げて練り歩く昔ながらの催しが、フィレンツェの街のあちこちで行われます。


f0106597_184726.jpg



フィレンツェではないけれど、我が小さな村でも、村の青年団の企画で、子供達の提灯行列が企画されています。村の文房具屋さんに寄ったら、提灯が売られていたので早速1個買いました。ろうそく付きで1個2ユーロ。


f0106597_1850227.jpg



組み立てるとこんな感じ。これを竹竿や木の枝の先にぶら下げます。
特に何かイベントがあるというわけではなく、ただ単に提灯を持って練り歩くだけなのですが、それでも子供達はとっても楽しみにしています。こんなフィレンツェの伝統行事、大切にしたいです。


f0106597_18522249.jpg



今日は村の唯一の広場に夜の8時半に集合。
これからフィレンツェで仕事なので、戻ってきてからユキちゃんを拾ってお祭りに行ってきます。

楽しみにしている子供達のためにも、お天気がもってくれると良いなあ・・・

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by woodstove at 2010-09-08 07:11
 たしか田舎でも提灯行列ってあったけど、今は聞きませんね。
廃ってしまったのかなぁ。。。。戦争の遺産という意味もあったからか。
中には祝いの行列もあったと思いますが、どうなんでしょう。
 歴史は記憶されてなんぼのモノ。 大切に育んでいきたいですね。
そして子供達には、楽しい行事になりますよね。
Commented by sayanbon at 2010-09-08 07:42
いつも楽しみに拝見しています。
リフィコローナというお祭りのお話を聞いてびっくり!
コメントをせずにいられませんでした。
というのも、私の地元、長野県松本市には8月の頭、女の子達が浴衣を着て、提灯に灯をともし、歌をうたいながら町内を練り歩くという、なんとも似通った伝統行事があるのです!
地元を離れて久しくすっかり忘れていましたが、リフィコローナのお話を聞いて、驚きともに懐かしく思い起こしました。世界中どこでも似たようなお祭りがあるものですね!(一応、関連記事のリンクです→http://local55.jp/local55/news/17802)
Commented by ポインセチア at 2010-09-08 22:52 x
提灯を持って歩くお祭りは、日本にも似たのがあるんですね。私の田舎では、夏祭りの時に灯をともした提灯が、山の上の神社までともされていたのを思い出しました。懐かしい光景だわー。イタリアのユキちゃん達が提灯を持って歩く姿が想像できて可愛い^^
Commented by lacasamia3 at 2010-09-12 03:57
woodstoveさん>きっと戦前も昔から提灯行列と言うのはあったのでしょうね。でもそれが余りに戦争と結び付けられてしまったから、今では行われないのかも。夜の暗がりに、提灯の色とりどりの優しい光がとても綺麗でした。
Commented by lacasamia3 at 2010-09-12 04:00
sayanbonさん>いつもブログを見てくださって有難うございます。日本でも似たようなお祭りがあるんですね。面白い~。ユキちゃんにそれを伝えたら、凄く喜んでいました。
Commented by lacasamia3 at 2010-09-12 04:02
ポインセチアさん>夜道に灯された提灯の明かりって本当に印象的ですよね。このお祭りでも、きっと子供たちは色とりどりの提灯の優しい灯りを、心に刻んだことでしょう。
by lacasamia3 | 2010-09-07 18:56 | フィレンツェという町 | Comments(6)