フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

夏のフィレンツェ散歩

f0106597_1711129.jpg



北イタリアは雨が降ってちょっと涼しくなったようですね。フィレンツェでは、期待した雨は降らなかったのですが、気持ちの良い風が吹いて、やっと過ごしやすくなりました。
昨日は一日、フィレンツェで仕事でした。午前中の仕事が終わり、次のチェックインは夕方。山の家に一旦帰るのも億劫なので、日中はフィレンツェでウフィッツィ美術館に入ったりしながら過ごしました。


f0106597_173109.jpg



こちらは私が大好きなシニョリーア広場の「ランツィのロッジャ」。ヴェッキオ宮殿の真横にあり、すばらしい彫刻が並んでいます(←彫刻好き)


f0106597_1752999.jpg



ロッジャの上から眺めるシニョリーア広場もまた美しいです。外壁の色や形、高さもまちまちで賑やかなのに、何とも調和しているところが好き。


f0106597_17531020.jpgf0106597_1753478.jpg


ウフィッツィ美術館の回廊の真ん中あたり右側の路地を曲がると、壁にこんなものを見つけました。
PER LE SUPPLICHE (嘆願書用)と書いてあります。市政に熱心だったハプスブルグ&ロレーヌ家支配時代の名残りなのかもしれません。今度、調べてみよう。長くフィレンツェに居るのに、まだまだこうした発見が沢山ある不思議な街です。


f0106597_17565856.jpg



ちょっと誰も居ない路地に入るとまるでタイムスリップをしたかのようです。


f0106597_18195075.jpg
f0106597_18203286.jpg


さて、私が向かった先は、最近たまに行くジェラート屋さん、カラピーナ。
ここもグロムと同じように、着色料なしで、季節のフルーツにこだわってジェラート作りをしているお店です。
今回食べたのは、Crema di Artusi(クレーマ・ディ・アルトゥーズィ)とNocciola(ノチョーラ=へーゼルナッツ)。アルトゥーズィとは、Pellegrino Artusi。1800年代後半にトスカーナ料理のレシピを書いた人です。きっとこの人が残した卵クリームのレシピを使って作ったのでしょうね。
このボリュームで1.5ユーロ!これでもpiccolo(小)です。

後口がサッパリしていて、美味しかったです。グロムとどちらが美味しいか食べ比べをしてみるのも良いでしょうね。ウフィッツィ美術館、シニョリーア広場近辺で、「うう・・・ジェラートが食べたいっ!」と思ったらお勧めです。ウフィッツィ美術館の回廊をアルノ川に向かって進んだ真ん中くらいにある路地を右手入り、進んだ先の右側です。

carapina
Via Lambertesca 18/r, Firenze

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by woodstove at 2010-07-19 21:00
Chihoさん こんにちは~。。。
 ボクも誰も居ない路地に迷い込んで、タイムスリップしてみたいです。
とりあえず100年前ぐらいがイイかなぁ~。 次はダビンチの時代が
いいよねぇ~。。。などとおバカな事を考えてしまいましたよ。。。(^^ゞ
 でも、そんな気分にさせてくれるフィレンツェは凄いですね!!
Commented by なおこ at 2010-07-19 23:02 x
ご存知ですか?ドイツにもジェラート屋さんはたくさんあるのですが、どれもみんなイタリア人のファミリー経営なんです(日本で展開しているようなチェーン店は大都市のみで珍しいくらい)。だから写真を見るだけで、お味が想像できて・・う~ん食べたくなってしまいました・笑。
フィレンツェのような大きな、それも観光都市で1.5ユーロというのは良心的ですよね。私の住んでいるような小さな町で1.2ユーロですから。ちなみに私はいつもピッコロです。この猛暑では、舌がアイスのとける速さにとてもついていきません!!
Commented by pino-ombra at 2010-07-20 10:19
おっ、この間コメント欄でお尋ねしたジェラートの値段と実例、ありがとうございます!そうそう、2種類の味でpiccolo、そして日本よりも格安なんですよね~。このワイルドな盛り方がイタリアらしいですね。先日コメント欄で書いた都内のジェラート屋さんは、小さい紙カップに、ちんまりとお行儀よく盛られていて、本当にコレ、もとはシチリア人がやり始めたジェラート屋さんなのかしらん?と思ってしまいました(苦笑)。
Commented by fiorentino at 2010-07-21 14:45 x
次々に新しい発見のある不思議な街ですね。
誰もいない路地・・フィレンツェで街歩きをすると、こういう路地に一番惹かれます。
そうですね、本当にタイムスリップしたかのようですね(^^)
Commented by lacasamia3 at 2010-07-28 02:52
woodstoveさん>私は2000年くらいタイムスリップしてローマを歩いてみたいです(笑)
Commented by lacasamia3 at 2010-07-28 02:53
なおこさん>へえ~、きっとジェラート屋さんはシチリア出身のイタリア人、ピザ屋さんはナポリ出身のイタリア人が経営しているんでしょうね。もっと良心的なお店だとピッコロで1ユーロというところもあります。ユーロに変わってからずいぶん値上がりしましたがまだまだ安いですね。
Commented by lacasamia3 at 2010-07-28 02:55
pino-ombraさん>日本だと、シチリアのジェラートもチンマリお行儀良くなっちゃうんですね(笑)。イタリアではドッカン、大盛りです。
Commented by lacasamia3 at 2010-07-28 02:57
fiorentinoさん>私も表通りよりも、何気ない路地が好きです。どの街に行っても、ついつい、キョロキョロと脇道を探してしまいます。
by lacasamia3 | 2010-07-19 18:36 | フィレンツェという町 | Comments(8)