フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

「メディチ家所蔵のカメオ展」~フィレンツェ企画展情報

現在、フィレンツェのピッティ宮殿内、銀器博物館では、"Pregio e Bellezza" というカメオ展が6月27日まで開かれています。
300年の歴史の中で、メディチ家が所有していたカメオ。一部はハプスブルグ&ロレーヌ家がメディチ家の財産を相続した時点でオーストリアに持ち出されたり、ナポレオンによって持ち出されてしまったものもあるそうですが、幸いフィレンツェに残ったカメオも大切に保管されています。
それらのカメオは大きく分けて2種類あります。ローマ時代に作られ、後世ローマで出土したカメオ、そしてそれらのカメオを真似て、ルネサンス期以降に作られたカメオ。
今回の展示で面白かったのは、オリジナルのローマ時代のカメオの横に、それを真似てルネサンス期に作成されたカメオや彫刻、絵画などが横に並べて展示されていること。
ふ~ん、コレを見て描いたのねということが判りやすく、とても興味深いです。ドナテッロも、レオナルド・ダヴィンチも、ミケランジェロも、古代ローマの裸体表現を、彫刻からだけでなく、カメオから学んだのだということが良く判ります。


f0106597_230459.jpg



この企画展のために↑のボッティチェッリ作の女性像がドイツの美術館から貸し出されています。素晴らしい作品です。モデルさん、誰だと思いますか?
以前、ブログでご紹介した、1400年代のフィレンツェのアイドル(笑)、シモネッタ・ヴェスプッチ嬢です。良く見ると、前に結んでいるのは編んだ髪の毛なんですね。現代のヘアースタイリストもビックリの斬新なヘアースタイルです。タイトルを見ると、「ニンフに扮したシモネッタ・ヴェスプッチの肖像」と書いてあったので、これも扮装なのですね。
彼女が下げているカメオの実物オリジナル(恐らくボッティチェッリが見たであろうローマ時代のカメオ)が展示されていました。

Pregio e bellezza
Cammei e intagli dei Medici
(メディチ家のカメオ展)
6月27日まで
Museo degli Argenti (ピッティ宮内銀器博物館)

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by woodstove at 2010-05-03 07:15
Chihoさん こん**は~。。。
 カメオの作品って石でしょうか? それとも貝でしょうか?
あの薄さで立体感を表現するって、凄い技だと思いますよね。
う~む! ローマ時代のカメオですか? 見てみたいですよ。。。。^^;
Commented by paris.fleur at 2010-05-04 00:39
こんにちは!実は随分前からよくコチラのブログに寄らせてもらっていました。なんだか恥ずかしいのでコメントしてなかったのですが、数日前の記事でムスカリって食べれるの!?と、かなり衝撃を受けたので思わずコメントしてしまいました。私はパリでフローリストとして働いているのでほんとこれにはびっくりしました!いや~、ちょっと感動してしまったくらいです。これからも楽しみに読ませてもらいますね。
Commented by 1897juventus93-10 at 2010-05-04 04:07
|JUVE|・∀・)ゞCHIHOさん ユキちゃん アントネッロさん どもです☆★
↑こちら↑を読むと 美術オンチなJUVEヲでも わかるカメオヽ(´∇` )ノ わかるとゆうても・・・ 翌日にゃ カメ?!・・オカメ?!やったけか・・・?!ちゃうな~ 何か似てるねんけど(-_-)ンー 記憶に難w (笑)
詳しいコトは 知らんでも やっぱり彼女の髪型は 凄い斬新!! で 凄く気になる!! どうなってんねやろ?!o(・∇・o)(o・∇・)o自分でやったんやろか?!誰かにやってもろたんかなぁ?!?! それに ( ´艸`)自分も似合うやろか~?!とか (笑) 
この時期にITALIAは 自分的には高くて考えたコトもないですが・・・(遠い目) やはり大型連休だけあって そちらにあちらこちらと お客サンが来てはるみたいで かき入れ時なだけに CHIHOさん忙しいみたいですね!!( ̄- ̄)ゞほどよくユッタリ♪をはさんで 乗り切ってくださいねぃ♪♪ 
Commented by lacasamia3 at 2010-05-08 05:01
woodstoveさん>カメオって色んな素材で出来ているんですよ。貴石を使ったものもあるし、貝殻のときもあります。貝などの素材の微妙な色の変化を上手に使って、例えば白い部分は顔の部分に当てて、茶色い部分は髪の毛の部分に当たるようにする・・・とかそんな作家の工夫がところどころに見られるんです。そうしてみるとカメオも味わい深くなります。
Commented by lacasamia3 at 2010-05-08 05:02
paris.fleurさん>コメント有難うございます。何でも食べるイタリア人、ムスカリもムシャムシャ食べちゃうんです(笑)。花の都パリでお花のお仕事なんて素敵ですね。これからもどうぞ宜しくお願いします。
Commented by lacasamia3 at 2010-05-08 05:04
ユヴェヲさん>ね、斬新でしょ~。自分でやったのかも知れませんね。他の肖像画に描かれるシモネッタはどれも結構複雑な編みこみがしてあってきっと彼女のトレードマークだったんだろうなあと思います。
by lacasamia3 | 2010-05-03 02:50 | フィレンツェお薦め処 | Comments(6)