フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

ヴェネト州からトスカーナ州に戻ってきて・・・

f0106597_705066.jpg



もう既にヴェネツィアから戻ってきて1週間が経ったのに、まだまだ気分はヴェネツィアで、図書館から沢山、ヴェネツィアに関連する本を借りてきてしまいました(笑)。ここ数日は、溜まった仕事を終わらせるべく、結構しょっちゅうフィレンツェに行っています。
トスカーナに戻ってきて、ほっとするのは、やはり山の風景を眺めるとき。ヴェネツィアの海の風景も好きだけれど、住むのであればやはり私は「山派」です。山を見るとホッとするんだなあ。
さて、ヴェネツィアでは、ヴェネツィア人から「君、喋ると、トスカーナから来たのがバレバレだよ」と言われました(苦笑)。南イタリア、プーリア出身のアントネッロは、家では全く癖のないアクセントのイタリア語を話すので(というかプーリア弁で話されると、私にとっては理解不能なのです)、アントネッロからイタリア語のイントネーショの影響を受けると言うことはないのですが、きっと村の人や近所の友人達と喋っているときの癖が出てしまうのでしょうね。私は良く、percio'(訳「だから」) の代わりにsicche'を使いますが、こうしたちょっとした言葉の選び方がトスカーナなのだそうです。

同じ日本人でも、イタリアのどの場所に住んでいるかで、イタリア語を話したときに微妙にイントネーションが違ったりするものですよね。昔、1年ほどベルガモに住んでいた旧友のNさんは、1年後にはすっかりベルガモ弁になっていました。

日本でも地方によって色々とイントネーションが違いますが、イタリアでも同じくです。
ユキちゃんは、フィレンツェ弁とも微妙に違う「トスカーナの田舎弁」を学校から習ってきてます(苦笑)。本人も、それが正しいイタリア語ではないというのは判っている様で、こちらが首をかしげると、慌てて「正しいイタリア語」で言い直します。

最近のユキちゃんは、mi'babbo (正しくはmio babbo またはmio padre 私のお父さん)、conigliolo(正しくはconiglio ウサギ)なんて言うんですよ(苦笑)。
まあ、方言も生きた文化の一つ。「正しい言葉で話そうと思えば話せる」というのであれば、お友達同士は方言で喋っていても良いのかもね。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by pino-ombra at 2010-01-21 09:54
ヴェネトは波打つような喋り方、ナポリは鼻にかかった喋り方。
住んでいた場所、両方の方言のアクセントは思い出せます~(笑)。
イタリア語は、村ごとに方言があるとよく言われますよね。
sicche'がトスカーナっぽいというのは初めて知りました!
Commented by sironekosan at 2010-01-21 10:08 x
神奈川で産んで来た子供達は今、微妙なイントネーションになる時もあり少し焦るのですが、オット曰く「あなたも最近訛っている」だとかで、生活の場の言葉は影響力が大きいですよね。
そうでなくても、大阪へ行けば似非大阪弁、長崎へ行けば・・・と、影響されやすい私ですから、子供達も・・・ですね・苦笑
でも、方言、私は好きです^^
Commented by Yoko at 2010-01-21 10:38 x
第二ヶ国語で方言を話せるのってかなり話せる証拠ですよね!
siccheって言うんやぁ・・♪

ここで知り合ったイタリア人(全員プーリア)でも方言を嫌がる人と積極的に使う人半々ぐらいだなぁと実感してます。意外に嫌がる人も多くてびっくり。
確かに方言を使われると普通でも分からないのに、さっぱりわからなくなります。でも「チェスタッ ファーシ(どう書くのかしりません)che stai facendo(確か)」とか皆が皆本当に使うので習わずにはおれず・・でも私も方言ってなんか愛着持てて好きです♪
一度ターラントの近くの友達が方言でハッピーバースデーをうたってくれておお笑いしました。
Commented by A at 2010-01-21 10:58 x
こんにちわ(>_<)
今年、初コメです。

ヴェネツィアの風景素敵ですね。

宇都宮は訛ってるってよく言われます。
特に最近ではお笑いの『U字工事』が栃木弁まるだしで
テレビに出てて、私自身ビックリするくらい訛ってて
何を言ってるか解らないくらい!

栃木県の人は方言もあるけど、言葉の語尾を上げて話す人が多く、
方言と言うよりイントネーションが違うって思います。

同じ県内でも、北と南では方言はもちろん、イントネーションも違っておもしろいくらい!!
今でも忘れられないのが、高校の初登校日。マンモス校で有名な学校だったので、県内外各地から生徒が通学するんです。

で、自分は正しい日本語と思って話してるみたいでも、こちらが首をかしげると『えっ』と逆に不思議な顔をされて、私の日本語が間違えてると思う位だったのを・・・・方言て、外に出ないと気づかないものなですよねぇ~  
Commented by fiorentino at 2010-01-21 14:35 x
う~ん、やっぱりトスカーナの山の風景も素敵ですねぇ(^^)
ユキちゃんの『正しいイタリア語』に言い直すところ、なんだか想像してしまいました☆
カワイイ♪
Commented by ちびすけ at 2010-01-21 16:00 x
こんにちは。雪が積もっていたと思ったけど、溶けてしまったのですか?
素晴らしいではないですか!CHIHOさんにとっては外国語でしょ?それでいて方言で喋れるなんて。

うちは主人が福岡なので、先日も電話で友人と喋って終わっても福岡弁が残っていて、わたしはいまだに「???日本語で喋ってください。」です。

でも私にも下町弁?(東京弁?)があるようで、「ひ」が「し」になっているようです。
私の父に「東の振り仮名は「ひがし」か「しがし」か「しがひ」かと聞かれた時は、さすがに凍りつきましたが。
Commented by MIKA at 2010-01-21 20:28 x
あります、あります、これ!
私もときどき去年まで暮らしていたアルテーナ弁を使うらしく、相方に直されます。
日本人の友人Kちゃんは、彼女はローマで暮らしていたのでローマ弁を話しますが、彼女のお姉さんはジェノバで暮らしているので、姉妹でもお姉さんはジェノバ弁だそうです(笑)
Commented by Summer at 2010-01-22 09:44 x
ヴェネツィアのお写真はチホさんのブログではとっても新鮮に写ります。チホさん家族はお元気ですか? 私も山派かもしれません、というか緑派(?)緑をみているとほっとします。やっぱり山派なのかな?

NZには方言はほとんどなく、あったとしても町と田舎の農家の家の人のアクセントがあるくらいです。方言でわからなくなるくらいだと、母国語意外でお勉強するかたには大変かもしれないですね。(ポポがそうなんです。笑)
Commented by tripleD at 2010-01-22 12:01 x
我が家はイタリアの刑事物が好きでよく読むのですが、そのなかに方言のことがよく出てくるんですよ。ヴェネチア弁で喋る云々とか、ローマで北の人って言われるとかいろいろ。日本の方言への姿勢とはちょっと違う強い誇りとこだわり、さすが、ずっと都市国家だったお国柄だなあとそのたびに感心してしまいます。
Commented by lacasamia3 at 2010-01-24 05:34
pino-ombraさん>それぞれの街の訛りってありますよね。ヴェネツィアの人は結構、下から上あがりのイントネーションだなあと思いました。そう、sicche'って辞書にも出ている言葉なのですが、トスカーナ人が良く使うんだそうです。
Commented by lacasamia3 at 2010-01-24 05:36
sironekosanさん>うん、私も方言大好きです。その土地に根ざした言葉ですもんね。私自体は、小学校一年生からずっと東京だったので、特に方言とかイントネーションって気にしたことがなかったのですが、イタリア語では非常に訛っているようです(笑)
Commented by lacasamia3 at 2010-01-24 05:39
Yokoさん>そうそう、たぶん他の南の州でもそうだと思うけれど、プーリアって、「良い家庭では方言を使わずにイタリア語で喋る」みたいな区切りがあるんですよね。だから、家庭によって方言で喋る家庭とそうじゃない家庭があるみたい。私自身は、方言を否定するのは不自然だと思ってしまうけれど。レッチェの方言、私も真似できるよ~(笑)
Commented by lacasamia3 at 2010-01-24 05:41
Aちゃん>そうそう、方言って外に出てみないと気が付かないものですよね。今回、トスカーナを出てみて、いかに自分が訛っているかを実感したのでした(そういうヴェネツィア人も相当訛っていますが・・・)。うちの母は、宇都宮の人と電話で話すとき、やや栃木弁になってます(笑)。
Commented by lacasamia3 at 2010-01-24 05:42
fiorentinoさん>ユキちゃんも、方言とイタリア語は区別が出来ているようです。でもお友達同士で話すときにはトスカーナ弁です。まあ、先生達も訛っているのでしょうがないです(苦笑)
Commented by lacasamia3 at 2010-01-24 05:44
ちびすけさん>同じ九州の中でも博多と北九州だと九州弁が微妙に違うんですよね。フィレンツェでも、フィレンツェの街中と郊外、隣の町プラート、ピサ、リヴォルノなどで微妙に発音が違うんですよ。
Commented by lacasamia3 at 2010-01-24 05:45
MIKAさん>日本人でもイタリアで住んでいる場所によって訛りが違いますよね。きっと、MIKAさんはローマのイントネーションなんでしょうね。
Commented by lacasamia3 at 2010-01-24 05:47
Summerさん>同じ英語圏でもNZ独特の言い方ってあるんでしょうね。昔オーストラリア人のお友達と英語で話したら、何だか色々な言葉が違っていて面白かったです。
Commented by lacasamia3 at 2010-01-24 05:48
tripleDさん>お、モンタルバーノかな?私も好きです。1冊読むと随分とシチリア弁を覚えますよね。うんうん、都市国家ゆえのそれぞれの街へのこだわりは言葉にも表れます。
by lacasamia3 | 2010-01-21 07:35 | トスカーナ山暮らし | Comments(18)