フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

優しい魔女がやってくる夜

昨日、1月5日から6日にかけての夜は、イタリアでは、優しい魔女べファーナが子供たちにお菓子を配ってくれるエピファニーアと呼ばれる風習があります。
夜のうちに暖炉に靴下をぶら下げておくと、朝、良い子にはお菓子が、悪い子には炭が入っているという慣わし。毎年、炭を入れようと思いながら、でもこういう冗談はユキちゃんには通じないからなあ・・・後で落ち込まれても困るしなあ・・・と思いながらついついお菓子を入れてしまう私とアントネッロ。


f0106597_2204063.jpg
f0106597_2223345.jpg


↑お、たんまり入ってずっしりと重そうな靴下。
昨日の晩、ワクワクして、なかなか眠れなかったユキちゃん。だからか、今朝は逆に寝坊しました(爆)。


f0106597_227128.jpgf0106597_228389.jpg


この嬉しそうな顔が見たくて毎年お菓子を入れてしまうんですよね(←甘すぎ)
「ユキちゃん、今年のべファーナはかなりオマケだったんだからね~!!」


f0106597_2372677.jpg
中に入っていたのは、村のパン屋さんで売られている手作り焼き菓子。こんなので喜んじゃうユキちゃんです。
「一度に全部食べちゃダメだよ~」(私が見えない場所にすかさず隠していました・笑)


f0106597_2385882.jpg



さて、この後、毎年恒例の蒸気機関車を見に行きました。この日は、フィレンツェから魔女たちを乗せた蒸気機関車が小さな村の駅にやって来ます。村の子供たちがとても楽しみにしているイベントです。


f0106597_243385.jpg学校のお友達にも会えて、ユキちゃん嬉しそう。


f0106597_2455937.jpg
この後、ズンチャカとバンドの演奏にしたがって、村の小学校の体育館に移動。ここで、オヤツタイムです。飲み物とスキアッチャータは村のパン屋さんのおごり(太っ腹!)。


f0106597_2481664.jpg
f0106597_244282.jpg


今年の魔女たちは意外と動きが素早くて(笑)、写真はブレブレでした。怖がられながら、子供たちにお菓子を配っていました。

楽しいエピファニーアのお祭りでした。ユキちゃんは今日で冬休みがおしまいで、明日から新学期です。今、夕方の19時、まだ冬休みの宿題の残りをやっています(コラコラ・苦笑)

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by shinomai at 2010-01-07 05:13 x
えー残念!すっかり機関車の事忘れてた!今年は絶対乗ってユキちゃんに会いに行こうと思ったのにね~来年は絶対のりたいな!
Commented by nonnakaori at 2010-01-07 06:14 x
おお!今年も良い子のユキちゃんに、お菓子を持って魔女がやって来たんですね。
今年も蒸気機関車が村まで来て、子供たちすごく楽しそう!
雪でお友達と遊べなくて可哀想と思っていたし、学校に行けないのではと、心配してましたが、この様子では、大丈夫みたいですね。
安心しました。
Commented by mizulina at 2010-01-07 07:19 x
明けましておめでとうございます。
ユキちゃんのところにも、べファーナが来たんですね。パン屋さんの手作り焼き菓子で、あんなにもいい笑顔を見せてくれるユキちゃん。かわいいね♪
うちはアドベントカレンダーに炭の形をした砂糖菓子を冗談で入れたことがありますが、子供たち二人、喜んで食べてました。しかも、飴ちゃんよりも炭がいいと言う始末・・(汗)。ユキちゃんも最初はショックでも、意外と喜んで食べるかもしれませんよ。来年当たり・・・どうかしら?
Commented by ぎずも at 2010-01-07 10:51 x
毎日楽しく拝見しています。
東京の我家でもベファーナ行いました。妻の母がローマから靴下ごと送ってくれるのです。
東京在住のイタリア人家族に聞くと、どこの家も行っていない・・・日本でベファーナするの難しいからなかな。それとも奥さんが日本人だからあまりベファーナに思い入れがないのか、残念です。どこも「ベファーナはおばあさんだからイタリアから来られないんだよ」と言っているみたいです(笑)。

ローマでは石炭に見える飴を売っているのですが、我家も入れられないでおります(笑)。冗談がわかるようになったらぜひ入れてみたい!
Commented by bianca at 2010-01-07 12:50 x
chihoさん、こんにちは。
ユキちゃんの嬉しかったり、真剣だったりの時の「ぺろっ」と舌を出すしぐさがいつも可愛いですね♪ その下のグルグル巻きの焼き菓子と一緒に見ると、不二家のペコちゃんを思い出しました。
お友達と一緒の時のユキちゃんは何だかとてもお姉さんっぽく見えます。
思いやりのあるユキちゃんだから、沢山のお友達に愛されているのでしょうね。
Commented by fiorentino at 2010-01-08 00:05 x
楽しそうなイベントですね!!
電車やSLが大好きな2歳の息子が大興奮しそうです(^^)
Commented by lacasamia3 at 2010-01-08 02:19
shinomaiちゃん>そうなのよ~このイベントって、クリスマス、大晦日、お正月とバタバタしてふっとした時にあるのよね~。私も忘れがちで、毎年当日に思い出してワタワタ出掛けるのです。フィレンツェから乗車をするときには予約が出来るんだよ~。
Commented by lacasamia3 at 2010-01-08 02:21
nonnakaoriさん>今日、張り切って学校に行きました。朝起きるのがつらくてグズグズしていたけれど、昨日アントネッロが美味しい朝食用のパウンドケーキを焼いておいてくれたから、それを見たらシャキッとしました(笑)
Commented by lacasamia3 at 2010-01-08 02:22
mizulinaさん>あるある~、良く出来た炭の形の砂糖菓子、ありますよね。来年はそれを上のほうに入れてみようかな?
Commented by lacasamia3 at 2010-01-08 02:31
ぎずもさん>日本にいらっしゃるんですね。わざわざローマから靴下を送ってくれるなんてやさしいお母様ですね。うちの母は日本から色々と送ってくれるので、孫を想うお婆ちゃんの気持ちは世界共通ですね。
Commented by lacasamia3 at 2010-01-08 02:33
biancaさん>そうなんですよ、気持ちがちょっと何かに集中しているとき、舌がぺロッてでちゃうんです(笑)。お友達といるときはとっても楽しそうなユキちゃんです。イベントが盛りだくさんの冬休みも大いに楽しんだけれど、学校が始まって、ちょっと嬉しいみたい。
Commented by lacasamia3 at 2010-01-08 02:35
fiorentinoさん>この列車、勿論停車中は中にも乗り込むことが出来るし、予約するとフィレンツェからコレに乗って周辺の村を周遊することができるんですよ。近くで見る蒸気機関車は迫力がありますね。
by lacasamia3 | 2010-01-07 02:54 | トスカーナ山暮らし | Comments(12)