フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

クリスマスランチの定番~トルテッリーニ・イン・ブロード

f0106597_1513153.jpg



ちょっと遅くなりましたが、今年の我が家のクリスマスランチの主役はなんと言ってもトルテッリーニ・イン・ブロードでした。
前の日からトルテッリーニを作ったり、ブロードの出汁をとったりと、マメマメしく仕込みをしたアントネッロ。ご苦労さん・・・。


f0106597_27543.jpg
トルテッリーニは中にお肉類を詰め込んだパスタ。アントネッロは、モルタデッラハム、豚肉、生ハムを一緒にこの"trita carne"(トリタ・カルネ)で挽きました。クリスマスのトルテッリーニを作るために今回アントネッロが購入したお道具です。どっしりと重くて、かなりしっかりしたものなんですよ。こうして作業台に固定して、上からお肉などを入れ、ハンドルを回すと、横の穴が開いた円盤の部分からお肉がニューッと出てきます。私もこういうちょっとレトロなお道具は大好き♪
こうして、挽いた具+全卵を混ぜます。丸めた具を四角く切ったパスタの真ん中に乗せ、三角に折って、両端をクルッと手前で合わせて出来上がり♪ 麺は卵黄をたっぷり入れて弾力性を出し、薄めに伸ばします。トルテッリーニは小さければ小さいほど美味しいのですが、手が大きいアントネッロはなかなか小さく作れません(苦笑)。


f0106597_153673.jpg
トルテッリーニ・イン・ブロードの美味しさの秘密は丁寧にとったブロードです。今回は、子牛肉、鶏、牛骨などを入れ、前の日の晩に3時間以上、薪ストーブの上でグラグラと煮込みました。
そして食べる前に、このブロードの中でトルテッリーニを茹で、最後にお皿にトルテッリーニを盛り付け、ブロードも上から注ぎます。


f0106597_2214942.jpg



熱々のトルテッリーニ。しっかりと味が付いた具がアクセントになって、やさしい味のブロードと卵たっぷりのパスタとの組み合わせが絶妙に美味しかったです。


f0106597_2225622.jpg
f0106597_2243415.jpg


順序が逆ですが、前菜は、アントネッロが得意なクロスティー二・ネーリ。ネーリ=「黒い」と呼ぶのは、キャンティの赤ワインがたっぷりと入り、黒い色になるからです。アントネッロのレバーペーストは、パンチが効いたしっかりとした味。でも全然レバーの臭みがないんですよ。

セコンドは、カモシカ(汗)のオーブン焼き。トスカーナでは保護動物のカモシカですが、毎年頭数を調整するために、何頭かは撃ってよいことになっているそうです。これは、我が家の森へ狩りに来る猟師さんからのおすそ分け。お肉と一緒に焼いたジャガイモってどうしてこう美味しいんでしょう?(←芋好き)


f0106597_2293817.jpg
そしてデザートは、クペータ。ケーキではなく、甘~いプーリアのクリスマスのお菓子です。アントネッロのお婆ちゃんの味。
トルテッリーニ、クロスティー二、クペータは、昨日のお料理教室でも作りました。参加してくださった皆さんと一緒に、ワイワイとトルテッリーニを作るのがとっても楽しかったです。皆さん、どうも有り難うございました。

豪華な食材が並ぶわけではないけれど、アントネッロが心を込めて作ってくれたクリスマス料理を家族で堪能しました。美味しかった!

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by mika at 2009-12-29 04:18 x
いつも本当においしそう!!ご主人、お料理で失敗するっと事はないのですか??chihoさんの〜おいしかった〜の一言、いつもほのぼのと感じています。
Commented at 2009-12-29 09:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 史緒 at 2009-12-29 11:14 x
いつも同じ食器で貧乏臭い。料理に合わせて食器やテーブルクロスを変えているチェントロの裕福な家庭との格差が笑えるかな。
Commented by mukkoT2 at 2009-12-29 12:31
Chihoさん、アメリカからはじめてコメントします。あなたは私より随分年下だと思われますが、あなたの生活は私の憧れそのものです。ブログ写真のために食器やテーブルクロスを料理ごとに変える必要なんてありませんよ。
これからも、無駄を省いた生活、ご主人の素朴で心のこもった料理、可愛いゆきちゃんとの日常、このブログを楽しみにしています。
良いお年をお迎えくださいね。
Commented by fiorentino at 2009-12-29 14:57 x
こんなに本格的なお料理がおうちで食べれるなんて、ほんとうらやましいです(^^)
お肉を挽く道具が家庭であるのは驚きです☆
アントネッロさん、本当にお料理がお好きなんですね~(^^)
我が家もジャガイモ大好き家族です(笑)
常に大量のストックがないと落ち着かないのです★
カモシカってどんな味かなぁ。
ずいぶん前に食べた、『エゾシカ』すごくおいしかったです♪
Commented by lacasamia3 at 2009-12-29 16:29
mikaさん>いや~たまに失敗もありますよ~。パンやクッキーを焦がしてしまったり、塩加減を間違ったり。でもパスタ系は結構確実です。
Commented by lacasamia3 at 2009-12-29 16:30
鍵コメpさん>いよいよ日本はお正月料理ですね。きっと美味しい手作り御節を作られていることと思います。
Commented by lacasamia3 at 2009-12-29 16:34
史緒さん>史緒さんはフィレンツェのチェントロに住んでいらっしゃるんですね。いや~久しぶりに聞きました「貧乏くさい」という言葉。そうですね。そうかもしれないけれど、目指している食卓は、「豪華な食卓」ではないので、我が家はこのままで良いです。これだけ価値観が違う史緒さんも私のブログを毎日見てくださっているとは、随分、見てくださる方の層が広がったのかな?と思います。これからもブログを見に来てください。
Commented by lacasamia3 at 2009-12-29 16:39
mukkoT2さん>ブログのためにテーブルセッティングをして撮った写真を載せるのは私のブログのスタイルではないので、このブログではありのままの食卓を見ていただきたいと思っています。とても温かいお言葉有難うございます。これからもどうぞ宜しくお願いします♪mukkoT2さんも良いお年をお迎えください♪
Commented by lacasamia3 at 2009-12-29 16:42
fiorentinoさん>お肉を挽く道具、とっても便利です。中途半端に残ったお肉などはこれで挽いてひき肉として使っています。うちもジャガイモは常にストックしていますよ。カモシカはかなりワイルドな味でした。でも美味しかったです♪
Commented by KIKUYA at 2009-12-29 17:09 x
はじめまして。
いつもこっそり覗いては清清しい思いをさせていただいています。
ありがとうございます。
Chihoさんの生活スタイルが、素敵で、私にもうひとつの人生があったらこういう風に暮らしたい、と思わせてくれます。
トルテッリーニ!
昔、ニューヨークのイタリア人家庭のクリスマスでいただいたものを思い出しました。
あのときのブロードは焼いた七面鳥の骨を使うんだと言ってました(リサイクルです・笑)
これからもいろいろな記事を楽しみにしております。
良い年をお迎えください。
Commented by lacasamia3 at 2009-12-29 17:55
KIKUYAさん>いつもブログを見てくださって有難うございます。細々と山での田舎暮らしを楽しんでいます。そして最近、特に楽しみが増えてきたような気がします。そうそう、焼いた七面鳥の骨はとても良い出汁が出るんですよ。我が家でも七面鳥の骨をリゾット用にいつも冷凍してストックしてあります。KIKUYAさんも良いお年をお迎えください。また来年もどうぞ宜しくお願いします♪
Commented by happydesigncafe at 2009-12-29 22:43
chihoさん こんばんは
クリスマスも
家族みんなで暖かい素敵な食事だったんですね〜☆
愛情がこもっていたら、何でも美味しいですものね。

それでは、良いお年をおむかえくださいね!
アントネッロにもよろしくお伝えください!!
Commented by こころ at 2009-12-29 22:53 x
はじめまして。
いつもブログ楽しく拝見しています。
わたしも主人の仕事が落ち着いたら、こんな山の暮らしを
してみたいなぁと思っています。
家庭菜園とか憧れます。
Commented by sicilia_trapani at 2009-12-30 01:33
むむむ、アントネッロはトルテッリーニか~。プーリアの実家では何を食べたんだろうか?シチリアって意外とクリスマスの特徴ある料理が少ない気がするんだよね。ドミンゴ家は毎年オーブン焼きパスタ。トルテッリーニ イン ブロードは食べた事がないのよ。クペータは白くない版のTorroneみたいなものかな??
Commented by ミラノのおばちゃん at 2009-12-30 01:57 x
とても素敵なおうちでのお教室に参加出来てとても幸せでした。
飾らない優しい人柄がそのままご家族の暮らしに出ていて、
とても好感が持てます。
教えて頂いたお料理は必ずやミラノで、そして日本で作ります。
春になって空豆が出来る頃〜又伺いたいです。
ありがとうございました。
Commented by lacasamia3 at 2009-12-31 03:34
happydesigncafeさん>お二人も来年は新しいスタートですね。お忙しいかもしれないけれど、楽しみながら少しずつ家作り、頑張ってください。
Commented by lacasamia3 at 2009-12-31 03:36
こころさん>いつもブログを読んでくださって有難うございます。今の畑にはソラマメとグリンピースがすくすくと育っています。来年の収穫が期待できそうです♪また1月に畑の様子をアップしますね。
Commented by lacasamia3 at 2009-12-31 03:48
Reiちゃん>そうそう、プーリアの義母さんも毎年、パスタ・アル・フォルノ+子ヤギのオーブン焼きかな。それじゃあ普段の日曜日のファミリーランチと変わらないかもという感じ(笑)クリスマスはお菓子に特徴があるかな。クペータの材料は砂糖とアーモンドだけ。アーモンドをキャラメルで固めたといった感じの素朴なお菓子です。
Commented by lacasamia3 at 2009-12-31 03:51
ミラノのおばちゃんさん>いやいや「おばちゃん」だなんて・・・素敵なマダムですよ~。この度は、お料理教室に参加してくださって有難うございました。私もとっても楽しかったです。ソラマメの季節は5月です。季節になったらブログで成長振りをレポートしますね。次回は是非ご主人といらしてください♪
by lacasamia3 | 2009-12-29 02:36 | 山の食卓 | Comments(20)