フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

河のある風景~フィレンツェの下町を歩こう♪

f0106597_18334763.jpgピザ屋さんの手前右手には、小さな路地があり、そこを曲がるとアルノ河に出ます。この教会は、川沿いにある San Frediano in Cestello教会。フィレンツェ人からは、Chiesa di Cestelloと親しまれている教会です。


f0106597_1842466.jpg



河沿いはこんな感じ。河のこちら側は下町風なのですが、橋を渡った反対側、オンニサンティ教会からコムナーレ劇場あたりは、1800年代に建てられた大きな建物が並びます。フィレンツェの中では割と新しい建物です(でも考えてみると200年前の建物なんですよね・汗)。


f0106597_18443513.jpg



私が好きな眺め。アルノ河をはさんで眺めるOgnissanti教会。両側はホテルに囲まれた四角い広場に面しています。フィレンツェに限らず、イタリアでは、海や川に面した場所に建てられた教会を見かけることがあります。なんともよい雰囲気です。


f0106597_1847983.jpg橋を渡って対岸へ移動。この先にコムナーレ劇場があります。劇場の向かいには、サイトでご紹介しているB&Bマッジョがあります。


f0106597_18501985.jpg



フィレンツェのバロック建築の1つ、オンニサンティ教会。1200年代に建造された後、何度かの改装を経て、現在のファサードはマッテオ・ニジェッティという建築家により1637年に建造されます。


f0106597_18533842.jpg



正面についている半円形の装飾、「聖母の戴冠」はデッラ・ロッビア工房のジョヴァン二・デッラ・ロッビア(1469-1529)によるもの。ニジェッティはきっと、前身のファサードについていたこの装飾を利用して、現在残るファサードに盛り込んだのでしょうね。


f0106597_18553776.jpgf0106597_1858010.jpg


オンニサンティ教会を右側に曲がると、フィレンツェには珍しいアールヌーヴォー様式の建物があります。イタリアではリーベルティと呼ばれる1900年代初めの建築様式は、こうした周辺エリアに良く見られます。

ちょっと素敵な額縁屋さんもありました♪


f0106597_18592679.jpg



今回のお散歩は、こんな感じです。

出発点 サンタ・トリニタ橋(フェラガモ本店が袂にある橋です)を渡った場所
Via Santo Spirito→Via San Frediano
Piazza dei Nerliの角 ピザ屋さん(ピンク印)
Via S. Onofrio →Ponte A. Vespucci→Piazza Ognissanti →Borgo Ognissanti
終点 Piazza Gordoni

カルミネ教会も近くなので、ブランカッチ礼拝堂(予約制)の見学ついでに、このエリアをお散歩するのもよいですよ♪

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by happydesigncafe at 2009-11-27 21:06
Piazza Ognissanti →Borgo Ognissanti
まさに住んでいた場所、景色、なつかしい!!!
額縁屋も可愛いですよね
私たちが引っ越す直前にオープンしましたよ。
水色、強烈だけれどなじんでますもんね〜
なつかしい〜 ぽちっと今日も応援しています☆
Commented at 2009-11-27 21:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ★カレー鍋 ランキング.com at 2009-11-27 22:57 x
街の景観が大切に保存されているんですね

いつか旅してみたいです
Commented at 2009-11-28 09:42
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fiorentino at 2009-11-28 14:47 x
やっぱりアルノ河沿いの景観は、どこをとっても雰囲気がよくてため息が出ます。
建物なんて何百年前からのものばかりで、本当に時代をタイムスリップしたような錯覚にさえ陥ります☆
フィレンツェ・・本当に素敵な街です。
Commented by Summer at 2009-11-28 15:03 x
NZの1900年代初めの建築様式は、ビルの一番上にビジネスの名前と、ビジネスがオープンした年が刻まれています。看板ではなく、ビルの壁の一部として。もちろん現在は100年前のビジネスが存在するわけも、同じビルでやっているわけでもなく、住所として健在。中身は全く違う会社が開業しています。ってそんなビルはフィレンツェやイタリアにはありますか?
Commented by kapibara at 2009-11-28 19:51 x
CHIHOさん、こんばんは!
わたくしごとですが、今年一年、新しい住まいを探し続けてきましたが
しっくり来ず、今日もめげて帰って来た所です(+_+)
大阪とフィレンツェを比べてしまうのは、凶暴でしょうが
本当にフィレンツェに住みたい!!
今回、お散歩されている界隈は、訪れたことがありません。
川のこちら側は、ピッティ宮辺りまででしたので、興味しんしん!
仕事やら家探しやら、はたまた今後の生き方(!)やら、
やたら考えて悩んでいるうちに完全に迷路状態。
又、そちらへ旅したくなってきました(;_;)
ゆっくり、行った事のないフィレンツェを歩いてみたいです。
は~。こころが弱っています(T_T)
今回、愚痴愚痴で、すみませんm(__)m
Commented by lacasamia3 at 2009-12-01 19:41
happydesigncafeさん>懐かしいでしょ~。普段はサンタクローチェの方に行くことが多いけれど、改めて、この辺りも良いなあって再確認したのでした。
Commented by lacasamia3 at 2009-12-01 19:42
鍵コメPさん>そうそう、この額縁屋さんの向かいにタイルや陶器を売っているお店がありましたよ。陶器の薪ストーブは北イタリアやオーストリアのスタイルなんですよね。
Commented by lacasamia3 at 2009-12-01 19:43
カレー鍋さん>フィレンツェって10年経っても余り風景が変わらない街なんですよ。
Commented by lacasamia3 at 2009-12-01 19:45
鍵コメKさん>文中リンク有難うございました。ふふふ、栗が食べたくなっちゃったんですね(笑)。そちらはもう寒いですか?今年のトスカーナは何だか暖かくて拍子抜けです。
Commented by lacasamia3 at 2009-12-01 19:46
fiorentinoさん>うんうん、フィレンツェで「この建物って古いよね」という建物は1300年代のものだったりします。だから100年、200年前の建物って新しく感じるんですよね。
Commented by lacasamia3 at 2009-12-01 19:47
Summerさん>イタリアにも看板が残っていますよ。多くの場合は石に刻んだものです。銀行なんかはそのまま同じ銀行が残っていて営業していたりします。
Commented by lacasamia3 at 2009-12-01 19:49
kapibaraさん>早くお気に入りのおうちが見つかると良いですね。うんうん、人生の岐路に立つこと、誰にでもありますよね。勇気を出して新しいことにチャレンジする時期なのか、じっくりと自分を成長させる準備期間なのか、冷静にそれを見極めることも大事ですよね。頑張って!
by lacasamia3 | 2009-11-27 19:33 | フィレンツェという町 | Comments(14)