フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

ミケランジェロの酔っ払いバッカス~バルジェッロ国立博物館

f0106597_23314034.jpg先日、母と訪れたバルジェッロ国立博物館には、中庭に面した地上階の展示室に1500年代の彫刻が展示されています。ここに、私が大好きな作品、ミケランジェロ作の「酔っ払いバッカス」(←私が命名・笑)があります。
ミケランジェロの彫像の中には、未完の作品が多い中、珍しく完成した彫像の1つ。

1496年にフランス軍のフィレンツェ侵攻を恐れ、ローマに逃げ帰ったミケランジェロは、ローマの有名な美術コレクターであった枢機卿ラッファエッレ・リアーリオの招きを受け、彼の古代彫刻のコレクションを見せてもらいます。リアーリオ枢機卿から、これらのコレクションと一緒に中庭に飾るためのバッカスの像が依頼され、ミケランジェロは制作にとりかかります。
ところが、ミケランジェロが制作したのは、人間の理想像のようなダヴィデと違い、酔って立っているのがやっとというこのバッカス。こういう人は終電前の新宿駅のホームに居そうなタイプ(服は着ていますが・笑)。既に酒太りしてしまっている若者という感じ。
リアーリオは完成作を見て、依頼を撤回し、購入することを拒否します。きっと、もっと健康的にお酒を飲むバッカスの像が欲しかったんでしょうね(笑)。こうして、枢機卿が買い取らなかったバッカス像は、その後、当時ミケランジェロの作品を売買していた美術商ヤコポ・ガッロの自宅に保管されます。


f0106597_2356635.jpgf0106597_23565970.jpg


後ろから見てもちょっと太り気味(笑)
足元のケンタウルスが葡萄を美味しそうに食べている仕草は、カラヴァッジョの葡萄を食べる青年の絵を思い起こさせます。時代的にはカラヴァッジョが随分後なので、もしかしたら彼はミケランジェロのバッカスを見ていたのかも知れません。


f0106597_0281037.jpg
同じ展示室内にある、ヤコポ・サンソヴィーノのバッカス(1510年 写真左)とミケランジェロのバッカスを是非比較してみてください。足元のケンタウルスの配置がほぼ同じだから、恐らく、サンソヴィーノもローマかフィレンツェでミケランジェロのバッカスを見ていたはずです。

サンソヴィーノのバッカスは「健康的にお酒を飲む」タイプのようですね(笑)

フィレンツェでバルジェッロ国立博物館を訪れたら、是非この2体のバッカス像を見比べてみてください♪

追伸:現在、バルジェッロ国立博物館内での写真撮影は、フラッシュの有無に関わらず、厳しく禁止されています。この画像はネットで使用フリーのものを使いました。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by ハマダトモヨ at 2009-08-24 07:13 x
こんにちは、初めてコメントいたします。
いつも楽しく拝見させていただいております。
ミケランジェロのバッカス像、まるでうちの夫とそっくりなので吹き出してしまいました(特にお腹が(苦笑)
うちの夫は今会社の健康診断でメタボと診断されダイエットにいそしんでおります。
お酒ばかり飲んでいるバッカスがメタボであったとしてもおかしくないですよね。
また、フィレンツエからのお話楽しみにしています。
Commented by woodstove at 2009-08-24 07:49
chihoさん こんにちは~^^
 このバッカス像、ボクには目にも耳にも痛いモノがありますわ。。。。
あの脇腹と下腹あたりの表現は、実にリアル~。。。。。(^^;)
 この作品を病院のロビー(メタボ検診コーナー)に置かれる事を
オススメします。。。。(´▽ `;)>
Commented by mjmnomama at 2009-08-24 08:12
ミケランジェロとドナテッロ、ふたつのDavid像は絶対観ると決めてました。(笑)
フィレンツエに着いた次の日は、何かの祭日でバルジェッロの国立博物館は入館無料でした。
ドナテッロのディヴィド像の前で心ゆくまで眺めて来ました。
バッカス像も観ていますが、酔っ払いバッカスという印象は残ってません(笑)
毎日、絵画、彫刻、見続けてると、最初のわぁー!すごい!がだんだん普通になってくるから、なれって恐ろしいものですね。

それから撮影禁止ってサインがあるのに、パチパチ撮ってる人がいるんですよね・・・・あれ、どうかと思います。(汗)
Commented by komorebi at 2009-08-24 10:13 x
エ~?
「どこかでミケランジェロに酔っ払った所を見られたかしら…」
というカンジの酔っ払いバッカス像ですw

見たい!行きたい!食べたい!買いたい!
物欲の塊になりそうですw
Commented by fiorentino at 2009-08-24 15:16 x
ミケランジェロの作品でこんなにおもしろい彫像があるなんて・・(笑)
ぜひ実際に見てみたいです♪
Commented by hatton1971 at 2009-08-24 17:35 x
バッカスにウエスト周りで勝ちました(誇れるかい…)。
至福の表情というか,ヘラヘラした表情でブドウを食べているケンタウルスの顔が何ともいえない様子です。

それにしましても,同じ500年程度前の日本の美術作品は絵画も彫刻なども今ひとつ写実的な印象に欠けるのですが,なにか理由があるのでしょうか?
Commented by lacasamia3 at 2009-08-26 01:51
ハマダトモヨさん>ははは、ご主人、ちょっとバッカスなんですね。美術館の作品も健康診断をしてみると、メタボな彫像も沢山ありそうです・・・
Commented by lacasamia3 at 2009-08-26 01:52
woodstoveさん>うんうん、お尻のタレ具合とか、わき腹のちょっと緩んだ辺りが妙にリアルですよね(笑)。さすがにミケランジェロだなあ・・・
Commented by lacasamia3 at 2009-08-26 01:56
mjmnomamaさん>この博物館はかなり頑なに写真禁止なんですよね。博物館によっては「フラッシュなしだったら撮っても良い」という所もあるんですよ。私はいつも係りの人に聞いています。
Commented by lacasamia3 at 2009-08-26 01:58
komorebiさん>なんだか表情もうつろですよね。後ろからみてもフラフラしているし(笑)。
Commented by lacasamia3 at 2009-08-26 01:59
fiorentinoさん>ミケランジェロの作品ってそれぞれ曰くつきで面白いんですよ。
Commented by lacasamia3 at 2009-08-26 02:05
hatton1971さん>写実性って必要に駆られないと発達していかないんですよね。人体表現はギリシャ・ローマの時代に発達していたものがルネサンス期に再発見され、更に遠近法と共に急速に発展していくのです。日本のその頃の中世芸術には写実をする必要がなかったからだと思いますよ。その時代の日本人は実際の写実よりも、物語を語る時間表現や独特の空間表現を追及していたんですよね。その頃の日本の芸術にも素晴らしい作品が沢山あります。
Commented by hatton1971 at 2009-08-26 14:53 x
詳しいご説明ありがとうございます。
安土桃山〜江戸時代にかけて見かける絵画は,おっしゃるとおり「写実をする必要がなかった」と感じさせられます。
歴史上の人物の肖像画のことばかり考えているから西洋の肖像画と比較してしまうのかもしれません。
Commented at 2013-08-05 00:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lacasamia3 at 2013-08-05 02:32
鍵コメkさん>こんな写真で宜しければ、どうぞお使いください。卒論頑張ってください
Commented at 2013-08-07 23:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by lacasamia3 | 2009-08-24 00:10 | フィレンツェお薦め処 | Comments(16)