フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

夏のフィレンツェを母と散歩~石釜フォッカッチャ屋さんヴェラッツァーノ

f0106597_17165754.jpg



f0106597_17181816.jpg先日、アントネッロにユキちゃんを置いて、母と二人でフィレンツェに行きました。
暑かった~。でも楽しかったです。
↑は、シニョリーア広場前の「ランツィのロッジア」。loggia(ロッジャ)とは屋根のあるテラスのようなスペースのこと。映画「眺めのいい部屋」の冒頭のシーンで出てくる場所です。


f0106597_17191749.jpgf0106597_17212657.jpg


母が最近気に入っている文房具屋さんROMEO。ドゥオーモから目抜き通りを歩いてきて、シニョリーア広場の手前を左手に入った路地の角にあります。
5月にここで買ったROMEOオリジナルの皮製の小さな小銭入れがとても使いやすかったそうです。格安というわけはないけれど、イタリアらしいデザインのお洒落な文房具が見つかるお店。


f0106597_17244741.jpg
その後、バルジェッロ国立博物館を訪れました。何故かツアーでは外されてしまう観光スポットですが(というか大半のツアーの場合、美術館はウフィッツィとアカデミアのみなんですよね)、実は傑作が沢山揃っている彫刻の博物館です。



・ギベルティーとブルネッレスキが洗礼同の扉パネルのコンクールで競い合ったそれぞれの「イサクの犠牲」
・ドナテッロのダヴィデ2点(ブロンズのダヴィデは去年修復が終わり、現在元の姿のまま鑑賞することができます)
・ミケランジェロの「バッカス」

そしてメディチ家所有であった象牙細工、ジュエリー、コイン、陶器等。特に、ロレンツォ豪華王が所有していたアラブ文化圏のさまざまな美術品は見ごたえがあります。アラブ諸国とフィレンツェってルネサンスの時代、交流がとても盛んだったんですよね。

鑑賞しながら、絵画も良いけれど、やっぱり私はこの時代の彫刻が好きなんだなあ・・・」とづくづく思いました。


f0106597_17271189.jpgf0106597_17313115.jpg


さて、お昼は何処にしようかなあ・・・
余りに暑くて歩きたくなく、しかもこの時期、当てにして行った所で「夏休み休業中」だったらかなり悲しいので、通りがかりに開いているのを確認した石窯フォカッチャ&ワインのお店ヴェラッツァーノに入りました。


f0106597_17355171.jpgf0106597_1738421.jpg


いつも食べるTagliere di focaccia (タリエーレ・ディ・フォカッチャ 2人前より)。一口サイズに切り分けたフォカッチャの盛り合わせです。これに、冷えた白ワインをグラスで頼みました。

季節によって少しずつ具に変化があるのですが、今回はズッキーニの花がのっているフォカッチャ(真ん中)が登場。これが美味しかった!薄めに伸ばした生地に、ズッキーニの花とモッツアレラチーズをのせて石窯で焼き上げたもの。これは自宅でも応用できそうですね。

そして、もう1品、パンツァーノ・イン・キャンティの有名な肉屋、ダリオ・チェッキーニの"Tonno di Chianti"(トンノ・ディ・キャンティ=キャンティのツナ)のサラダ。豚肉をオリーブオイル漬けにしたものをツナに見立ててあります。海がないキャンティ地方で「ツナ=豚肉」ともじったもの。味は・・・う~ん、普通に美味しかったかなあ。でも、この周りに添えられていた黒オリーブがとっても美味しかったです。
olive al forno とかolive seccheと呼ばれる種類のオリーブで、オーブンでシワシワになるまで乾燥させたもの。やや歯ごたえがあり、塩気がしっかり効いていてサラダのアクセントになります。普段、オイル漬けや塩水漬けの黒オリーブは苦手な私ですが、これは結構食べられます。

母は、隣のフランス人カップルが食べていた胡桃とイチジクのタルトを見て、まだデザートを食べたそうにしていましたが、お腹も一杯になったので、次回のお楽しみにとっておくことにしました。


f0106597_19264027.jpg
あまりの暑さにコーヒーは飲む気がせず、アイスレモンティを頼みました。
冷たくて美味しかった♪

ここ数日の暑さもひと段落し、明日からは少し過ごしやすくなるそうです。
皆さんも、良い週末をお過ごし下さい♪

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by komorebi at 2009-08-22 23:09 x
大好きなヴェラッツァーノのフォカッチャ!
食べたいですw
「ラ・カーサ・ミーヤ」の現地情報を見て行ってからの大ファンで~す
最近イタリア以外へ行くことが多いので
来年は是非リベンジしてバルジェッロ国立博物館の彫刻サン達にも
お会いしなくちゃ!
Commented by lilytandog at 2009-08-23 00:07
前回行きそびれたヴェラッツァーノ。
来年は必ず行ってフォカッチャ食べてみようと思っています。。。

バルジェッロ国立博物館 中には入らなかったけれど 傑作が揃っているんですね。
次回寄ってみたいと思います。
Commented by hatton1971 at 2009-08-23 05:28 x
こういう高くて球面の天井はいいですね。
時々海外の映像を見る度憧れてしまいます。

そういえば,昨日NHKの衛星放送でフィレンツェの特集をやっていた
ようなのですが,見逃してしまいました。15時半から19時までという
長丁場でしたようで,ちょっと残念です。
Commented by woodstove at 2009-08-23 06:48
美術館と博物館はツァーでは行きたくないですね。
お気に入りの作品の前でじっくりと堪能したいものですから。。。。(^^;)
しかし、優れた彫刻がありますね。彫刻に歴史を刻む文化とでも言いましょうか、素晴らしいですよね。。。(^^;)
Commented by kapibara at 2009-08-23 14:47 x
バルジェッロ国立博物館は、毎回、行きたい!と思っているのに、なかなか叶わず(;_;)。メディチ家のジュエリー等も展示されているんですね♪
パラティーナ美術館の2階(?)だったと思うのですが、TESOROという間も、その当時のジュエリーが飾られており、長い時間見つめていました。小さな細かい彫刻なども好きなので、バルジェッロ、10月のフィレンツェ旅行で、必ず訪れます!
そして、フォッカッチャも食べますよ~^m^。
Commented by numachan at 2009-08-23 19:27 x
おいしそうですね~。”今度行けたら、是非寄るぞ!”リストに入れます。
お値段もチョコット記載していただけたら うれしいな。
もう虫の声が聞こえます。日本のおかしな夏も秋に向かっています。
来年、おいしそうなトマトが出回ったら瓶詰めトマトを作るつもりです。
(作ろうと思ったら、天候不順でトマトが高くなっちゃった)
Commented by fiorentino at 2009-08-23 22:58 x
美術館や博物館って、ほとんど有名なところしか知らないですね★
イタリアではこうした素敵な博物館がたくさんあるんですよね。
有名な物を鑑賞するのももちろん楽しいけれど、自分の『好き系』のところをじっくり見てまわりたいです。
Commented by lacasamia3 at 2009-08-25 22:43
komorebiさん>これからメインサイトのフィレンツェ情報をもっと増やそうと思っているので、是非それを見てフィレンツェ行きの気分を盛り上げてくださいね♪
Commented by lacasamia3 at 2009-08-26 00:26
lilytandogさん>ヴェラッツァーノって、いつ行っても変わらずに美味しいお店です。バルジェッロ国立博物館もオススメですよ。
Commented by lacasamia3 at 2009-08-26 00:26
hatton1971さん>私もこの空間の高い天井と上に伸び上がるような彫刻群が好きです。NHKは良く定期的にフィレンツェ特集を組んでいますよね。フィレンツェには、ハイビジョン映像が映える彫刻や美術品が多いからかもしれませんね。
Commented by lacasamia3 at 2009-08-26 00:27
kapibaraさん>次回は是非っ!10月にフィレンツェを訪れられるんですね。それまでに沢山フィレンツェ情報をアップしますね
Commented by lacasamia3 at 2009-08-26 00:27
numachanさん>お値段、覚えていないんです~。というか毎度自分で払っていないもので(苦笑)。フォカッチャは立ち食いもすることが出来てこちらはかなり割安なんですよ。フィレンツェはまだまだ暑いです。
Commented by lacasamia3 at 2009-08-26 00:27
fiorentinoさん>私は毎度、初めて訪れる美術館では、1つ必ず「これが良かった!」という作品を決めるのです。有名、無名関係なく、展示作品の中で一番印象に残った作品を、その美術館を出る前に決めて、売店に葉書が売られていたら、その作品の葉書だけを1枚だけ買うんです。こうすると結構、その時の印象を覚えているものですよ。
by lacasamia3 | 2009-08-22 19:30 | フィレンツェという町 | Comments(13)