フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

今日のフィレンツェ

f0106597_3611100.jpg今日は市バスのストライキがありました。
こんな日に限ってフィレンツェに行かなくてはならない用事があり、下の村の駅から数少ないローカル電車を利用しようと思っていたら、お財布を忘れたのに気づき、家に戻ったので電車にも乗れず(トホホ)、最後の手段、車でフィレンツェに行きました。
月末、金曜日、スト、雨とあって市内は大渋滞。「東京の渋滞に比べたら、こんなの渋滞じゃないわよ」と母がよく言っていますが、確かに、混んではいても、ずーっとそこに詰まっているわけではなく、暫くすると流れていきます。
バスが動かないので、街中では歩いて移動している人が沢山居ました。イタリアに居ると、ストには慣れっこになってしまいます。皆、不便だなあと言いながらも社会がそれで普通に機能しているからイタリアって不思議な国です(笑)。


f0106597_104415.jpg



町の中を徒歩で移動中、ヴェッキオ橋を上流側の橋から見ていたら、アレレ?随分の水かさが減っていて、橋の下側と水面の間から、更に下流側の二つの橋の橋脚が見えていました。


f0106597_382571.jpgf0106597_310183.jpg


フィレンツェって町の中を歩いていると、赤屋根の間からドゥオーモのクーポラがちらりと見えたり、ヴェッキオ宮殿の塔が見えたりします。
ふと見ると、アルノ河沿いの建物の上にヴェッキオ宮殿の塔がニョキッと見えました。塔の上には、、banderuola(バンデルオーラ)と呼ばれる風見がつけられています。マルゾッコと呼ばれるフィレンツェを象徴するライオンの形をしていて、風によって向きを変えるような仕組みになっています。今漬けられているのはレプリカで、1453年に作られたオリジナルはヴェッキオ宮殿の入場チケット売り場前に保存されています。
以前、タクシーに乗って川沿いを通っていた時、運転手のおじさんが、「マルゾッコがアルノ河の方に向いていたら雨がふるんだぜ」と教えてくれました。
確かに、今日のマルゾッコはアルノ河の方角に向いていました。ということは・・・明日も雨かな?

皆さんも、良い週末をお過ごしください♪

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by dihiya at 2009-06-27 04:23 x
こんばんは、一度だけしか行ったことのないイタリアですが、なんとストライキに遭遇しました。運が悪いな・・・・。確か夜7時にはもうバスが一本もなかったような覚えが・・・・。そして表示はすべてイタリア語・・・。「えっ、旅行者にはなにも情報がわからないじゃないの!!」とびっくりしました。イタリアって食べ物もおいしいしきれいだし、愉快だし、大好きです。でも、なんとなくストはフランスよりも更にすごそうだから、絶対アリタリアには乗らないと決めています。でも、ストがあるくらいの国のほうが、労使の関係のバランスがよさそうで、意外とストの理解はできます。でも、やっぱり、ストは困りますね。
Commented by azusa_hirose at 2009-06-27 05:59
はじめまして。
いつもロンドンから読ませて頂いています。
ご主人お手製のパスタ毎回とても美味しそうです。
ゆきちゃんも可愛い・・畑のことや鶏のこと、和みっぱなしです(笑)
にしても、ストは本当に困ります。こちらでも同じですよー。
こんな脅しみたいな手段・・なんなんだぁーって毎回思います(笑)
Commented by fiorentino at 2009-06-27 14:21 x
日本では、少し電車が遅れたり止まったりするだけでニュースにもなりますし、大混乱です(^^;)
イタリアの方はおおらかで楽観的な方が多い印象があります。
だからそんなに大騒ぎにならないのかもしれないですね☆
フィレンツェの街を歩いていると、ふと景色を眺めたときにクーポラの一部が覗いていたりする場面に何度か遭遇しました。
泊まったホテルの部屋からも見えてました♪
フ~っとため息をついて、『私、フィレンツェにいるんだ~』とうっとり(笑)したのをよく覚えています。
Commented by hudsonmiu at 2009-06-29 18:55
こんにちは。昔ボローニャに縁があったりその際イタリア語をかじったりしたのでイタリアには親しみがあり、いつも楽しく読ませていただいています。先週旅行で久しぶりにイタリアに行きました。初めてイタリアに行った際はショーペロ(スト)って言葉をすぐに覚えた私でしたが、今回ミラノの地下鉄ホームで「あとO分で電車がきます」という表示が出るのを見つけ、驚きました・・!時間通りに動くんだ。また駅の券売機も以前は「動きません」という貼り紙だらけだったのに、今回は1台しか見ませんでした。ただしこれはミラノでの話し。こちらを読んで変わらぬイタリアにちょっと懐かしくなりました。また時々寄せていただきますね^^
Commented by lacasamia3 at 2009-07-02 16:58
dihiyaさん>イタリアに住んでいるとストは慣れっこなんですが、旅行中は不便ですよね。う~ん、ストの凄さはフランスとどっこいどっこいかな(笑)。随分前にパリ空港の荷物係のストが2週間ほど続いたことがあり、お客様の荷物が届かなくて大変でした。結局、その間にイタリア滞在は終わってしまい、日本に送り返してもらったようです。ははは、アリタリアは去年よりは落ち着きましたが、たまにあかな(汗)
Commented by lacasamia3 at 2009-07-02 16:58
azusa_hiroseさん>こんにちは。へえ~イギリスでもストがあるんですね。そっか、イギリスも労働組合は強そうですもんね。ウンウン、会社側はストなんかなんとも思っていないから、結局、不便を被るのはユーザーだったりするんですよね。でも表現しないと労働状況の厳しさはわかってもらえないしねえ。
Commented by lacasamia3 at 2009-07-02 16:59
fiorentinoさん>多少の遅れには慣れっこなイタリア社会です(笑)。かえって時間通りに全てが動くと歪みが発生するかも(爆)。うんうん、街を歩きながら教会の鐘の音が聞こえると、フィレンツェってやっぱり良いなあと思ったりします。
Commented by lacasamia3 at 2009-07-02 16:59
hudsonmiuさん>こんにちは。ミラノはきっとフィレンツェとはまたリズムが違うんでしょうね。フィレンツェは相変わらず・・・です(笑)。
by lacasamia3 | 2009-06-27 03:22 | フィレンツェという町 | Comments(8)