フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

今年初♪パスタ・アル・ペスト

f0106597_1883710.jpg
畑をやり始めてから、少しずつ旬の野菜が食卓に上るようになり、スーパーで野菜を買うことが殆どなくなりました。こうしてみると、いわゆる「野菜」と呼ばれ、スーパーのメインの売り場に堂々と飾られている野菜の殆どが夏野菜であることに気づきます。

もし冬場に日本のスーパーの売り場から、えんどう豆、ナス、キュウリ、トマトが全く姿を消したらパニックになりますよね。イタリア野菜のズッキーニも夏野菜。例えばこれらの野菜のうち、我が家で5月末から採れ始めたのは、ズッキーニくらいで、トマトもキュウリもナス、えんどう豆もまだまだです。
イタリアのスーパーにはやや季節感はあり、真冬はキュウリやトマト、えんどう豆などは完全に姿を消しますが、春には早い時期から南イタリア産の野菜が並び始めます。

畑のものを努めて食べるようになってから、夏野菜が一年のうちで3ヶ月ほどしか食べられないこと、そしてそれ以外の季節に育つ他の野菜の美味しさに気づきました。ポロ葱、キャベツや菜花、グリンピースや春先に採れるソラマメなどの豆類、早い時期から育つサラダ菜、砂の中で保存が出来る人参、保存が利く玉ねぎ、ジャガイモなどなど・・・。結構、夏以外の時期にも食べられるものは色々あるのです。
お料理雑誌などを見て??と思うのは、たまに材料の季節感が合っていないこと。夏が旬の食材を使ったレシピに、真冬の食材が使われていたり、またはその逆だったり・・・。
以前、冬場に珍しくアントネッロと見ていたお料理番組では、イギリス人の有名なシェフが、r「このフレッシュなバジルを使って・・・」と言いながら、明らかに徒長してしまったヘナヘナのバジルの鉢を見せていました。イースターの頃だったかな?(苦笑)


f0106597_18104186.jpg
考えてみると、私たちは、瓶詰めやオリーブオイル漬けなどを除いては、トマトやナスを去年の秋頃から、かれこれ7ヶ月ほど食べていません。最近やっとズッキーニを食べ始めました。
こうして自然のリズムに体や食卓のリズムも合わせていくことって、人間の健康にとって大事なんじゃないかな?と思います。そして、夏野菜の採れ始めを格別に嬉しく感じます。

先日は、今年初のバジルペーストでパスタを作りました(←アントネッロが・笑)
バジルはトマトの味を良くするので、トマトの畝の横に沢山植えています。

アントネッロ風のバジルペーストは至って簡単。

松の実、アーモンド(なければ胡桃)、ニンニク、オリーブオイル、パルメザンチーズの摩り下ろしを、ぐるりとハンドミキサーで混ぜます。これを茹でたスパゲティーに混ぜて出来上がり♪

胡桃やアーモンドなどのドライフルーツを入れると少し甘みがでてとっても美味しいんですよ。


f0106597_1813113.jpg



やはりフレッシュなバジルで作るペーストは美味しいなあ♪ 

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by yasuragimyhome at 2009-06-10 18:52
こんにちは~。
旬のものを食べるってとっても豊かだと感じます。
心が豊かでないとできないのか、やるから豊かになるのか?!

わが家でも少~しずつガーデニングをはじめています。
バジルがぐんぐん育ってます。バジルソース試してみますね。
たくさん葉を摘んでも、またぐんぐん育つのですか?
Commented by futuro ora at 2009-06-10 19:24 x
私も全く同感です。
去年から南イタリアで野菜作りを始めてからは、ナスやトマトなどをその季節以外にはまったく買いたくなくなりました。

アーモンドをバジルペーストに入れるのはいいアイデアですね!
今度試してみます^^♪
Commented by organvita at 2009-06-10 20:51
こんにちは!わかります!スーパー、便利ではありますが、最近の子供たちって、野菜に時期があるなんて中々知らないのではないでしょうか。
季節に合わせてお食事も変えていける一年のリズム、豊かですね!
田舎に住んでいると、自分も自然の一部なんだって感じられることが多いですよね^^。
Commented by トロムソ at 2009-06-10 21:56 x
こんばんは!
うちも、畑をやっています。自転車で15分ほどの距離のところなので、さぼりがちですが。。。
これまで、ほうれんそう、えんどうを採りましたが、今は、いちご、トマト、ピーマン、オクラ、じゃがいも、コーンを植えています。
いちごはすぐたべられちゃって、失敗。。。
じゃがいもが、今後の期待の星です。

体にいいものを食べるようになると、体がいいものしか欲しなくなりますね。インスタントラーメン大好きだったんですが、全く受け付けなくなりました。いいことだと思います。

日々のしょ~~もないブログですが、書いてます。遊びに来てください!!
Commented by baru-nishio at 2009-06-10 23:33
ああ…なんかわかります。。。
買ってくる苗の値段に相応する分の野菜収穫するぞー!なんて皮算用をついしてしまう私ですが…季節の野菜にはその季節のにおいがあって それを感じたくて野菜育てている…。
この時期にはこれを作ってこの仕事をして…この野菜を食べる。
原点に戻った生活をするといろいろな潜在する人の感性を認識してしまいます。
まだ青いトマトの匂いを嗅ぎに小さい畑につい足が向いている今日この頃です。
Commented by yurararecipe at 2009-06-10 23:38
やっぱり時期のものを食べると、その本来の味がするような気がします。身体にとっても、いいと思うし。
アーティーチョーク・・・今年も硬くて食べれませんでした。(がっかり)
来年こそは、chihoさんにアドバイスもらって食べれるようにしたいものです。
ズッキーニは順調に育っています。今週末には初物が採れそうです。
バジルはまだまだなんです。そちらの畑のものの半分くらいかな?
うちも早くバジルペーストが食べれるようになるといいんですけど。
Commented by fiorentino at 2009-06-10 23:40 x
そうですね~、日本ではトマトやキュウリは年中出回ってますね★
旬のものをその時期に食べるって、大昔は当たり前のことだったでしょうに、いつからこんなふうになったんでしょうね。
バジルペーストのパスタ、おいしそう~♪
旬の味をこうして楽しめるってほんとに幸せですねっ(>▽<)
Commented by pearblossom at 2009-06-11 00:23
こんばんは。うちもバジルペーストが大好きでよく作ります。
写真のパスタが太めでとても美味しそうですね。庭で採れたてのバジルで作るなんて最高に美味しいだろうなあ、、って思います。
一度松の実をフライパンで少し炒ってから作ってみたら香ばしさがプラスされてとても美味しかったです。
写真見てると今すぐ食べたくなってきました!明日さっそく作ってみます〜。。。
Commented by MIKA at 2009-06-11 02:32 x
イタリアのお店って日本と比べるとまだまだ季節感ありますよね。
青空市場も町の野菜屋さんも旬が過ぎれば食材は無くなってしまう。
冬の間食べれなかったキュウリが4月に数ヶ月ぶりにお店に入荷になったときはすごい嬉しかった(爆)
きゅうりすごい好きなんです。

私も先週末バジルソースを作りました!
今年は初めてキッチンガーデンをしたから、うちのバジルで。
この夏ははっぱがいっぱいになったらちょこちょこ作って冷凍しておこうと思ってます。
Commented by sironekosan at 2009-06-11 06:00 x
旬のお野菜は体に良く作用すると聞きます。
理にかなっている健康法なんでしょう。
それなのに、スーパー側の品揃えからするとやはりあった方がとかで、1年中トマトやキュウリが売られ、そして買われていくんでしょうね。
農家さんの事情もあるんでしょう。
真冬のトマトを高値で買ってくれる業者があれば、作るしかないのかもしれませんし。
しかしやはり私は真冬にトマトやキュウリは体が冷えそうで食べられません・笑
バジルペースト美味しそう♪
今年は虫に食われないといいなぁ・・笑
Commented by dihiya at 2009-06-11 06:18 x
とってもおいしそうなパスタ・アル・ペストですね。家庭菜園でできた野菜をシンプルにお料理して食べる、理想的です。仕事、育児、家事をしながら野菜を作ることができるのって、イタリアという環境だからこそでしょうね。日本なら忙しいし、土地ないし、スーパーで買ってしまいそうです。でも本当、季節の野菜を食べることは身体にもいいし、何よりおいしいでしょうね。
Commented by the-city-child at 2009-06-11 08:46
おそらくはじめてコメントさせて頂きます^^

旬のもののお話、すごく共感してしまいました!
母の友人で、普段から旬のものだけを使って料理をし、お教室も開いている方がいますが、その季節の旬のものを食べるということがいかに人間の体によいかを知りました。

私は一年中トマトを食べている人なので^^;、もっと気を使っていきたいなと思っています。

バジルのパスタ、大好物です!おいしそうすぎておなかが悲鳴をあげています笑
Commented by tripleD at 2009-06-11 13:02 x
イタリアはまだ旬の感覚があるんですね。いいなあ。
オーストラリアは年がら年中代わり映えしません。リンゴなんか全部冷凍しているとか言う話ですし。。。

バジルのペーストおいしそうですね。さっそくメモしました。
庭にバジルがあるので作ってみます。
Commented by nao-nokoto at 2009-06-11 13:49
旬ではない野菜が手に入るのもどうかと思うところですね。

やっぱりちゃんと旬のものをいただきたいですよね。
バジルがおいしそうな色合い。食べすぎちゃいそうです^^
Commented by なおこ at 2009-06-11 17:48 x
私もその季節ごとに旬のものを食べるようにしています。
残念ながら、土地のものより他のEU国から輸入されたものが多いのですが・・。南の国は新鮮なものが豊富でうらやましいです。
あ~、プーリアのマーケットが懐かしい!!
Pestoはうちの娘の大好物。瓶詰めのものを買うよりもやっぱりその場その場で作ったほうがおいしいですよね。パパのレシピなんてユキちゃん幸せね。
イタリア料理の必需品であるバジルはこちらでも欠かせないハーブ。どこの家庭でも夏場は庭に、冬場は鉢植えでキッチンの片隅にいつも置かれていますよ。
Commented by canaco at 2009-06-11 19:50 x
季節感を大事にするって素敵なことですね!時々拝見しているけど自然な暮らしがとても羨ましいです。
イタリアも近年は町のスーパーでは年中トマト・きゅうりを見かけますが畑で1から育てたものとは比べ物にならないだろうなっと思います。
いつか畑チャレンジしてみたいな・・・・
Commented by hanamidk9 at 2009-06-11 20:56
旬な物は次の季節を健康に過ごすための栄養が含まれてるそうですよ
本当に、そうあるべきなんですよね
しかし、求められるままに並ぶ冬のきゅうりやトマト
ハウスのボイラーで育てられたきゅうりは1本がほぼきゅうり一本分
のガソリンを使って作るそう(苦笑)

好きな物が何でも食べられてしまう日本
でも、季節の旬を食べて生活する事の方が本当の贅沢ですね
Commented by sironekosan92 at 2009-06-12 14:18
買い出し日の今日、珍しく大盛りバジルがスーパーで売っていて、Chihoさんのブログを思い出し、思わず買ってしまいましたー・笑
レジのお母さんが「バジルは清々しい香りがしていいですねー」と声を掛けてくれたので、「ほんと!初夏の香りですよねー」と嬉しい会話も、まるでイタリア気分^^
明日のランチはジェノベーゼに決まりでっす^^
Commented by パチスロ攻略 at 2009-06-12 23:13 x
おいしそう!やってみたいですね!
Commented by lacasamia3 at 2009-06-30 04:09
yasuragimyhomeさん>今年は特に、旬の野菜の美味しさを感じています。不思議とお肉を食べたくならないのは、きっと夏野菜が美味しいからなんでしょうね。バジルはどんどん摘むとまた下からどんどん出てきますよ。摘まないと逆にすぐに花を咲かせて葉が小さくなってしまいます。
Commented by lacasamia3 at 2009-06-30 04:09
organvitaさん>うんうん、田舎に住んでいると「自分の体のリズムを自然に合わせる」ということが大事なんだなあって感じます。
by lacasamia3 | 2009-06-10 18:35 | 山の食卓 | Comments(21)