フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

ヴァザーリの回廊レポート

先月、フィレンツェ市民のために開かれた特別ツアーでヴァザーリの回廊を見学しました。現在、回廊は一般公開はされておらず(年に不定期で数回一般公開がされます)旅行会社や現地のエージェントが企画するツアーに参加しないと入ることが出来ません
。一般公開がされない理由は、美術館側の万年予算不足(苦笑)と回廊の保護、見学者の安全のためだそうです。確かに狭く、大勢の見学者の訪問に耐えることはできないんでしょうね。

今回の企画はツーリストだけではなく、一般のフィレンツェ市民にも見学の機会を与えるためにフィレンツェ市が予算を組んで行ったもので、予約はウフィッツィ美術館の入場料のみでした。但し、半年前に予約し「日時はお任せ」というもので、予約時にフィレンツェ市の住民であるかどうかを聞かれました、次回いつこうした企画があるかは判りませんが、フィレンツェに住んでいる人にとってはなかなか興味深いツアーだと思いますよ。

参加者は私以外、全てシルバー世代、コテコテのフィレンツェ人(笑)20人弱でした。一番前と一番後ろに係りの人がつき、1列になって説明を聞きながら、見学をします、。回廊の中は写真撮影は禁止ですが、窓から外を撮る事は許可されています。但しこれもフラッシュは厳禁です。


f0106597_1101491.jpg
回廊はウフィッツィ美術館の25室と34室の間(写真のピンクの矢印のあたり)から始まります。
1565年、コジモ1世がジョルジョ・ヴァザーリに依頼して作らせた過程についてや、外から見た様子は、こちらで書いていますが、今回は、内部がどうなっているのかをレポートしますね。
回廊の入り口は普段は扉が閉められているので、気が付かないのですが、開かれると、そこにはまず1階分をまっすぐと降りる急な階段があります。回廊が作られた当時、ウフィッツィ美術館はまだ2階建てだったので、当時は2階部分につなげられていたのです。その後、3階部分(現在の常設ギャラリー)が増築され、回廊もそれに伴って階段で3階部分につなげられたのです。
展示されているのは、16、17世紀のフランドル派、カラヴァッジョ派の作品、そして後期ルネサンス期から近代にかけての肖像画のコレクションが収蔵されています。
回廊の内装がいたってシンプルなのは、メディチ家専用の通路であったとはいえ、当時はいわゆる通路として利用されていたためだそうです。
その後、1865年にフィレンツェにイタリアの首都が置かれた際にやっと一部、天井の装飾が施されます。1970年、ウフィッツィ美術館の収蔵作品の増加に伴い、回廊をギャラリーとして利用すべく現在展示されている大多数の絵画がこの時に移されたそうなので、本格的な展示スペースとしての歴史は浅いんですね。


f0106597_1192775.jpg
f0106597_1204392.jpg


写真左:回廊は一旦、裏の路地側へと入った後、アルノ河に出ます。丁度このあたりから、ヴァザーリの回廊が外からも見えるようになります。
写真右:地上2階の高さでアーチに支えられた回廊がヴェッオ橋のたもとまで続きます。

このあたりに展示されているのは、16世紀、17世紀の宗教画、la natura morta (ラ・ナトゥーラ・モルタ)と呼ばれる精密に描かれた静物画などです。ナトゥーラ・モルタは、ナポリ画派が有名で、数点はナポリから運ばれてきた作品もあります。面白いのは、フィレンツェで描かれたナトゥーラ・モルタには、鴨やキジなど様々な種類の狩りの獲物が描かれているのに対し、ナポリで描かれたナトゥーラ・モルタには、様々な種類の魚が描かれているところです。場所柄が良く表れています。


f0106597_1215479.jpgf0106597_123025.jpg


写真左:そろそろヴェッキオ橋に近づいてきました。
写真右:ヴェッキオ橋の手前の小さな広場にあるジェラート屋さんが見えます。

長くなりそうなので、続きは次回・・・。

追伸:次回のヴァザーリの一般公開の予定は未定だそうです。ごめんなさい!予約方法などについての質問にはお答えできません。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by pretty-bacchus at 2009-04-18 02:20
ヴァザーリの回廊レポート、拝読いたしました。
一度入ってみたいと思っていますのに、何度フィレンツエにいっても機会がありません。

続きを楽しみにしています。


Commented by hatokayo at 2009-04-18 04:35 x
ちほさん、凄い! 私達もここ十数年夢見ているヴァザーリ!!
このツアー本当に難しいと聞いています。レポート楽しみです。
一生のうち一度だけで良いのに不可能に近いですものね。
あー羨まし過ぎます。
Commented by ねむりぐま at 2009-04-18 04:44 x
わ~ぉ、ヴァザーリの回廊!
ウフィッツィ美術館は予算不足なのですか。。 あれだけ入場者が多くてもダメなんですね~。
収蔵品が多いから、保管・修復費用だけでもかなりかかりそうですものね。
Vinciとか、日テレとか(笑)スポンサーがつかないと難しいのでしょうね。。 もったいない。。
Commented by piccolipassi at 2009-04-18 15:41
ヴァザーリの回廊、10年前に一度、見学しました。
ヴェッキオ宮殿から入って、ウフッツィ美術館の通って、
この回廊、最後はピッティ宮殿のお庭に出るコースだったのだけど
入場料を払ったのに、ウフィッツィを素通りしなきゃいけなかったのが、納得できなかったのよねぇ(笑)。
回廊にあるたくさん絵、じっくり見たいのに、係りの人に遅れずについていかないといけないから、いつも、急かされてたっけ。
あのお宝が、普段、一般公開になっていないのは、もったいない限りです。
Commented by ★借金リストラ離婚!生活日記。 at 2009-04-18 15:42 x
ヴァザーリの回廊・・・夢にまで出てきます

息絶えるまでに1度は行ってみたいです。
Commented by fiorentino at 2009-04-18 15:43 x
フィレンツェ好きは一度は入ってみたいと思うところです☆
本当に羨ましい・・(><)
また、回廊の窓からのフィレンツェの景色も素敵でため息が出ます。
確か、イタリアに新婚旅行に行って、次の年に日本の旅行会社の広告で、ヴァザーリの回廊ツアーを見たような気がします。(ガクッ)
これからも何度かイタリアを訪れるつもりなので、運よく機会があれば嬉しいですね~。
Commented by きんたろう at 2009-04-18 16:08 x
ヴァザーリの回廊の内側からの写真・・・珍しいですよね。興味深く、続きがとても楽しみです。
先日、有機栽培小麦で作られたパンを販売されている自然食品店の件では、丁寧なお返事を頂戴し、ありがとうございました。短期間の旅行者には、行きにくい場所ですね・・・残念ですが、行けそうにありませんが、あのお店のHPまでは、辿り着きましたよ。今回は、カーサミーアさんお薦めのパン屋さん&お菓子屋さん狙いを絞ることにしました。
Commented by usagi at 2009-04-18 17:11 x
ずっーとフィレンツェに憧れ、去年ツアーでこのヴァザーリの回廊を見学しました。 肖像画や静物画など、見ごたえがあり堪能しましたが、制限時間があり
前後に警備の人が見張ってるし、とても緊張しながら~でした。
Commented by Rottenmeier-ffm at 2009-04-18 18:11
いつも拝読しております。もうすぐフィレンツェの友人宅に遊びに行きます!(オペラ目的なんですけど。)ヴァザーリの回廊は憧れですが、見るのは難しいのですね。以前テレビで見た記憶はありますが。リポート明日も楽しみにさせていただきます。
Commented by lacasamia3 at 2009-04-27 02:42
pretty-bacchusさん>私も初めてでした。普段はとても高い現地ツアーなどでしかはいれないんですよね。
Commented by lacasamia3 at 2009-04-27 02:42
hatokayoさん>ご一緒したお爺さん、おばあさん達も、「初めて」という人が殆どでした。
Commented by lacasamia3 at 2009-04-27 02:42
ねむりぐまさん>そうなんですよね~、予算不足(苦笑)。確かに、これだけの美術品を管理するのって大変なんだろうなあって思います。美術館グッズの海外での販売、マーケティングにドバイのスポンサーがつくというニュースを最近聞きました。
Commented by lacasamia3 at 2009-04-27 02:42
piccolipassiさん>同感~!そうそう、私も早い時間の予約だったから、美術館を素通りして、待ち合わせ場所に行きました。見たい絵を横目で見ながら通り過ぎ・・・ちょっと残念。確かにゆっくりと見ることはできないよね。
Commented by lacasamia3 at 2009-04-27 02:43
生活日記さん>いつか是非!
Commented by lacasamia3 at 2009-04-27 02:43
fiorentinoさん>今も、旅行会社ではツアーを組んでいるようですね。いつか見れると良いですね。
Commented by lacasamia3 at 2009-04-27 02:43
きんたろうさん>お力になれなくてごめんなさい!そうなんです、結構行きにくい場所なんですよね。楽しいご滞在になると良いですね。
Commented by lacasamia3 at 2009-04-27 02:44
usagiさん>そうなんです。結構せかされるというか、じっくり見ることが出来ないんですよね。私も、最後の方にあった小さなミニアチュールの肖像画をもっとゆっくり見たかったなあと不完全燃焼気味です(笑)。
Commented by lacasamia3 at 2009-04-27 02:44
Rottenmeier-ffmさん>もうフィレンツェにはいらしてしまったかな?楽しい滞在になると良いですね。
by lacasamia3 | 2009-04-18 02:06 | フィレンツェお薦め処 | Comments(18)