フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

思い出の商店街

f0106597_4352267.jpg
のんびり畑をしながら山篭りをしていた先月と打って変わり、最近は仕事で毎日フィレンツェに行っています。フィレンツェの街中も随分とツーリストの姿が増えています。今の時期は、イタリア人の修学旅行生が多いかな?
町のあちこちでイースターの巨大チョコ卵が並び始めました。左はチョコレート屋さんベストリ。毎年可愛いラッピングです。買ったことはないけれど中のオマケは何だろう?

昨日は、留学時代に住んでいたちょっと懐かしいエリアに足を伸ばしました。
17年以上前に住んでいた商店街、Via Gioberti。私は、留学時代イタリア人の大家さんのアパートの1部屋に下宿していたのです。留学を終えて、一度日本に戻り、再びフィレンツェに戻ってきてから、この界隈にまで足を伸ばす機会は殆どありませんでした。
とても魅力的な商店街なんですが、何だろう?きっと、様変わりしていてがっかりするのが怖かったのかもしれません。
17年ぶりに足を伸ばしてみたら・・・


f0106597_4364025.jpg
f0106597_4372488.jpg


スーパーがちょっと綺麗になっていたり、新しいお店が何軒かオープンしたりしていましたが、殆どのお店はあの当時と変わっていません。昔ながらのバールも外からのぞいてみると、いつものおばさんがいつもの常連さんと、いつもの会話をしています(皆ちょっとだけ歳をとったかな?笑)。
パン屋さんも、文房具屋さんも、トラットリーアも、モツ煮の屋台も・・・。変わらない良さがあります。

あの頃と同じように広場の花も満開です。


f0106597_438232.jpg



この花を見ながら、留学を終えて、日本に帰ったときの気持ちを思い出しました。
フィレンツェの街角の全てを心に焼き付けるような気持ちで、沢山の写真を撮りました。あの当時、デジカメなんてなかったから、日本の実家には、まだあの頃撮った膨大な写真が残っているはずです。

空港行きのタクシーの窓から、小雨が降るフィレンツェを見つめながら、心の1部をフィレンツェに置いていくようなそんな気分でした。

あの頃、自分がまたフィレンツェに戻ってきてこうして長く住むことになるとはまったく思っていなかったので、人生って不思議なものですね。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪
Commented by organvita at 2009-03-18 07:44
うわー!フィレンツェは桜満開ですね!旅立ちの時に見る桜、特に日本人の私たちには特別ですよね。17年ぶりの「故郷」訪問、なんだかジーンとくるお話でした^^。
Commented by あるく at 2009-03-18 07:52 x
>心の1部をフィレンツェに置いていくようなそんな気分でした。

初めまして、表現しようのない心の内面をうまく言い現しておられますね。
Commented by marico at 2009-03-18 10:41 x
フィレンツェ快晴でお花も満開ですね~。
maricoも修学旅行に行きたい気分です(笑)
Commented by nao-nokoto at 2009-03-18 14:37
桜なのですね。こちらではまだちょっぴり咲いてるくらいで、満開の日が待ち遠しいです。
私も子供の頃に住んでいた場所に20年ぶりくらいに行ってみたことがあるのですが、当時のままに残っていた家や学校や公園に、なんとも言えない愛おしさのようなものを感じたことを思い出しました。
Commented by molly at 2009-03-18 14:38 x
初めてコメントします。

>あの頃、自分がまたフィレンツェに戻ってきてこうして長く住むことになるとはまったく思っていなかったので、人生って不思議なものですね。

私も14年前に初めて海外旅行でNZを訪れて、9年後にまさか日本でNZ人の主人と出会い、結婚しNZに住むことになるなんて思ってもいませんでした。OZやアメリカ色々と旅行はしたけど、結局NZに落ち着くことになるなんて・・・人生わからないですね。
それにしてもお花キレイ!NZは秋です。紅葉が少しずつですが始まってますよ。
Commented by kayvega at 2009-03-18 16:07
こんにちわ。
なんだか切なくて温かいストーリーですね〜。
私もNYからいったん日本に帰国した時の事を思い出しました。
私の時も雨でした。
タクシーの窓を打つ雨と曇り空が私の気持ちをそのままあらわしていたように感じたのを覚えてます。

海外での生活に慣れれば慣れる程、あの頃の無知だけど一生懸命に生活していた自分が今よりも強く見えます(笑)
Commented at 2009-03-18 17:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by greenlove at 2009-03-18 18:01 x
満開の花はアーモンドでしょうか?きれいですね!
季節で昔を思い出すってありますね。その時咲いてた花とか空気や風の匂い・・・ 
こちらは「黄砂」でうっとうしいです。いわゆる春霞って「黄砂」のことかな?じゃぁ「おぼろ月夜」も黄砂でかすんだ月だ・・?あら夢がないですね!
Commented by ★ネイティヴ英語環境.com at 2009-03-18 18:04 x
咲き誇る満開の花がみごとですね

桜は日本人のDNAの琴線に触れますね

応援ポチ!
Commented by bianca at 2009-03-18 19:36 x
フィレンツェはそこを離れるchihoさんにとって、運命的な存在だったのかもしれませんね。。。どうしても引き寄せられてしまうような。。。
ん~、人生って不思議ですね~(^^)
自分の人生も遡ってみて、しみじみと考えてしまいました。
Commented by woodstove at 2009-03-18 21:03
3月ってヨーロッパでは修学旅行シーズンなんですね。
昨年行ったスペインでは、行くところ行くところ修学旅行生の姿を
見ましたよ。 ホテルがトップシーズンに比べて安いのかな?  (^^;)
Commented by woodstove at 2009-03-18 21:23
追記です。。。。
熱い心をもって過ごした町ほど、かけがえのない場所になるのでしょうねぇ。
ボクは京都かな。。。
Commented by MIKA at 2009-03-18 21:29 x
留学して一度戻るときってきっとそういう気分ですよね。
私もここ数年、ヴィザ申請で日本に戻る度にイタリアの風景を心に焼き付けていました。

でも6年前に一度挫折して日本に戻ったときの記憶があまりないんですよね。
きっと忘れてしまいたかったんだろうな。
反対に10年前、はじめて旅行でイタリアに来たとき、きっとこれから何度も何度もこうやって日本とイタリアを往復するかも!なんて期待に胸をふくらませていたときはすごい覚えているんですよね。
Commented by fiorentino at 2009-03-18 23:33 x
今回の記事、なんだかしみじみしました。
留学を終えてフィレンツェを後にするchihoさんの気持ちがすごく伝わってきました。
イタリア旅行に行って帰るときはいつも、なんだか夢から現実に引き戻されるような(笑)、故郷から離れるような(笑)さみしい気持ちになってました。
留学したりしてもっと長くいると、もっとさみしい気持ちがこみ上げてくるんだろうなぁ。
季節に変わり目って、独特のニオイがあって、そのときにあった思い出なんかを思い出したりします。
今回の春満開の写真もあわせて、だから余計にしみじみしちゃいました(^^)
そして今フィレンツェで幸せに暮らしてらっしゃるchihoさん。
本当にステキな人生ですね(*^-^*)
Commented by ijiwarupy2 at 2009-03-19 02:51
初めまして。イタリアが好きでよく読ませてもらっています。
ピストイアに友達がいるので過去に2回行きました。田舎だけれども素敵な所でした。たった2度だけだったけれど、同じように離れる時は寂しく感じました。
私も何の縁があってか、NZ人の旦那に出会い結婚をしてNZに住むようになりました。
人の縁って本当に不思議ですよね。

また遊びにきます。事後報告になりますが、リンクさせていただきました。(よかったでしょうか?不都合でしたら遠慮なくおっしゃって下さい)
Commented by べべのHARA at 2009-03-19 23:08 x
Via Giobertiにいらっしゃったんですね。
私も、数年前、数ヶ月ここにいたので懐かしい大好きな通りです。
私は、フィレンツェには買付け・旅行を兼ねて訪れるだけですが、第三のふるさとのようで来るたびに涙を浮かべてしまいます。
chihoさんはいろんな思いで、この通りに久しぶりに行かれたのですね。
だいじな思い出ですね。


Commented by lacasamia3 at 2009-03-24 03:09
organvitaさん>田舎道にも山桜が咲いていて綺麗です。日本は桜が綺麗でしょうね。
Commented by lacasamia3 at 2009-03-24 03:10
あるくさん>いえいえ(照)。たった1年の留学時代でしたが、何だか色んな思い出が蘇ってきます。
Commented by lacasamia3 at 2009-03-24 03:11
maricoさん>ミモザの花も満開です。幸い私は花粉症はないのですが、花粉症の方は大変でしょうね。街歩きが楽しいシーズンです。
Commented by lacasamia3 at 2009-03-24 03:11
nao-nokotoさん>これは桜じゃなかったんですが、今は桜も沢山咲いてとっても綺麗です。昔のまま残っている町並みを見ると、当時に戻ったような気分になりますね。
Commented by lacasamia3 at 2009-03-24 03:12
mollyさん>人生色々ですね。出会いって不思議だなあって思います。イタリアにこんなに長く住むことになるとは思っていなかったし。そちらはこれから秋なんですね。
Commented by lacasamia3 at 2009-03-24 03:12
kayvegaさん>うんうん、最近の出来事よりも、イタリアに来たばかりの頃の思い出のほうが強烈に残っているなあって思います。一生懸命だったんだろうなあ・・・。最近はゆるゆるすぎです(笑)
Commented by lacasamia3 at 2009-03-25 02:35
鍵コメAさん>お誘い有難うございます。残念ながら今のところは予定がなく、お力になれません。ブログを見てくださって有難うございました。
Commented by lacasamia3 at 2009-03-25 02:42
ネイティヴさん>日本は桜hが綺麗な季節でしょうね。もう終わったかな?いつか桜の季節に日本を訪れたいなあ。
Commented by lacasamia3 at 2009-03-25 02:47
biancaさん>人生って不思議ですよね。日本でもイタリアでも、きっと「ここに住もうっ」って最初から思って今のところに住んでいる人って少ないのかもなあって思います。めぐり合わせ、偶然の出会いが重なって、今の自分がこの場所にいることが多いんだろうなあ。
Commented by lacasamia3 at 2009-03-25 02:49
woodstoveさん>そうなんですよ。3月って修学旅行シーズンです。気候が良くなり始めて、でもまだローシーズンのプライスのホテルが殆どだからなんでしょうね。イタリアの修学旅行生は・・・うるさいです(苦笑)
Commented by lacasamia3 at 2009-03-25 02:52
MIKAさん>わかる~、その時の心情によって記憶に残っているかどうかって差があるよね。私も結婚前に一度ビザで挫折して、というか申請に日本に帰っていたらその間にSANATORIAがあって、全てポシャッたのですが、あの頃の思い出は薄いなあ。
Commented by lacasamia3 at 2009-03-25 03:01
greenloveさん>日本は黄砂が中国から来るんですね。南イタリアではアフリカから砂が飛んでくるんですよ。
Commented by lacasamia3 at 2009-03-25 03:40
fiorentinoさん>そうなんですよね。留学って楽しいけれどいつかは終わるもの。でもあの当時たった1年しかフィレンツェに住んでいなかったけれど、フィレンツェの街角の風景のあちこちに、何だか故郷のような愛おしさを感じたのでした。
Commented by lacasamia3 at 2009-03-25 03:40
ijiwarupy2さん>こんにちは。コメント有難うございます。ピストイアはのんびりした良い町ですね。そうそう、私もこんなにイタリアに縁があるとは、当時はまったく想像していなかったので、人生って不思議ですね。NZはこれから秋でしょうか?リンクを張ってくださって有難うございます。大感謝です。これからもどうぞ宜しくお願いします♪
Commented by lacasamia3 at 2009-03-25 03:41
べべのHARAさん>そうなんですよ。OVIESSEの先に住んでいました。小さなお店が並ぶ活気のある商店街ですよね。私も大好きなエリアです。
by lacasamia3 | 2009-03-18 04:58 | フィレンツェという町 | Comments(31)