フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン

ラーラと森をお散歩

f0106597_05424064.jpg

私たちがパリに行っている間、トンマーゾ君に預かってもらっていたラーラ。帰って来てから、沢山抱っこして、マメにお散歩して、ちょっと甘やかしています。
今日も、来週のパン焼きの為の薪を集めるべく、森に行くついでに、ラーラもお散歩。
f0106597_05462208.jpg
なにせ、枯れた木が沢山倒れているから、集め放題。ホクホクしちゃいます。バシバシ斧で切り倒して、水車小屋に持って行きます。でも斧には限界があるから、太い木が切れないのが残念。普通のチェーンソーは私には重すぎて使いこなせないし、何しろ片手で持ち上げて、もう一方の手で紐を引っ張ってエンジンをかけるのが無理。電動の小さいヤツ欲しいなー。もしくは大きなノコギリ。昔の人はノコギリで切っていたのでしょうから。

ラーラは私が薪集めをしている間、勝手に森に消えちゃうけど、呼ぶとすぐ戻って来るんです。
「ラー・・・・」
f0106597_05442532.jpg
「え?呼んだ?」
f0106597_05521426.jpg

「ねえねえ、呼んだでしょ?」
この後、前足で私の膝にドンします。

明日は水車小屋隊です。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


# by lacasamia3 | 2016-12-11 05:53 | イタリア犬物語 | Comments(1)
f0106597_04205187.jpg
昨日も今日も、暖かくて穏やかな晴天のフィレンツェでした。
昨日の木曜日が祭日だったので、金曜日を休めば4連休になるということで、イタリア人観光客で賑わっています。
f0106597_04574465.jpg
昨日は、インマコラータ・コンチェツィオーネ(無原罪の御宿り)という聖母マリアのお祭り。
プーリアのアントネッロの実家では、ペットレという揚げ物を食べる日です。我が家でも、年に一度、この日は必ずペットレ。
f0106597_05004128.jpg
発酵させた緩めのパン生地を、揚げ油に握りながら落として揚げます。
f0106597_05004128.jpg
下茹でしたブロッコリーや、水でもどしておいたバッカラ(塩だら)、黒オリーブも生地に練り込んで揚げます。
f0106597_05015707.jpg
私が用意した生地を見て、アントネッロが「こんなのじゃ全然足りないっ!」と言うので、ボウル一杯に作ったら・・・
f0106597_05035798.jpg
ドーン、この通り。多すぎるよ・・・
しかも、揚げながらつまんじゃうので,テーブルについたら、結構お腹いっぱい。
f0106597_05043230.jpg
でも、2日かけて3人で完食しました!
もう暫く揚げ物はいらない。

人気blogランキングへ気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

# by lacasamia3 | 2016-12-10 05:07 | トスカーナ山暮らし | Comments(0)
f0106597_01521777.jpg

ややっ!
ブログを開き間違えたのではありません。
そう、パリで一番有名なワンコと言えば・・・

f0106597_01530908.jpg
バブー!

今回、本当にキッチキチのスケジュールだったので、お会い出来ないかと思っていたのですが、お忙しい中、わざわざ時間を作って下さり、パリ在住の有名ブロガー、パリときどきバブーのとのまりこさんとご主人、そして、最近はTwitterをやっていらっしゃるアイコさんにお会いすることが出来ました。お二人にはそれぞれフィレンツェで一度お会いしているのですが、また再会出来て感激です!
まりこさんがわざわざユキに合わせる為にバブーも連れて来てくれました。私たちがカフェでおしゃべりに夢中になっている間、バブーは足元で凄くお利口さんにしていました。
ユキに抱っこされても、この通り。ちょっと固くなっていますが(爆)

f0106597_02033929.jpg
アントネッロの手が非常に大きく見える一枚。っていうかバブーがコンパクトなのか。
必死で我慢してます(笑)。
アイコさんから素敵なお洋服を頂いたユキは、早速、フィレンツェに帰った次の日に学校に着ていっていました。これで少しユキに乙女心が芽生えると良いのですが・・・。まりこさんからはバブーカレンダーを頂きました♩早速、キッチンに飾っています。彼女セレクトのパリ発の素敵な雑貨は、東京・西荻窪のぼわっとで購入することが出来ます。私はまだ行ったことがないのですが、次回日本に行く時は是非お伺いしたいです。

まりこさん、アイコさん、Yさん、バブー君、わざわざ会いに来てくれて有り難う。
また、フィレンツェでお会いしましょう。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

# by lacasamia3 | 2016-12-06 02:13 | トスカーナ山暮らし | Comments(2)
f0106597_04335195.jpg
2日目に続き3日目のパリも美術館三昧。今回の旅行は、印象派に興味を持ったユキのためだったので、オルセー美術館に行きました。
開館時間に行ったらガラガラ。余りに空いていて入り口が何処だか分からなかった程です。
f0106597_04364664.jpg
私は、この方に会えて嬉しい。
f0106597_04383539.jpg
エドガー・ドカ「踊り子」
美術館のガラスのケースに入れられようと、周りから鑑賞されようと、そんなことはどこ吹く風という彼女。それとも、強がって、そんなフリをしているのか?

f0106597_04423494.jpg

ユキはゴッホの自画像を見て、魂を抜かれた様になっていました(爆)。いつかオランダにも連れて行きたいな。
アントネッロは相変わらず、アールヌーヴォーの展示で家具を見まくり,別行動。
f0106597_04450028.jpg
その後、一旦、アパートに戻って休憩して、今度はポンピドゥセンターへ。アパートから徒歩1分の場所でした。丁度、マグリット展をやっていたので、先にそちらを鑑賞してから、常設展へ。
f0106597_04462183.jpg
現代美術の常設展を3時間かけて見る家族って(笑)。
私は途中で疲れて休憩をしていました。ユキは、ビデオのインスタレーションで面白いのがあったのだそうです。

f0106597_04492511.jpg
そして彼女が一番刺激を受けたのは、意外にも日本人アーティストの作品でした。

田中敦子「電気服」1956年
↑こんな感じで展示されているのですが、

f0106597_04510049.jpg
実際には、こうなるそうです。
これが1956年に発表された作品であることに驚きます。絡まる電気コードと無数の電球。60年の歳月を経て、彼女のパワーが伝わって来ます。ユキはこの「電気服」にビリビリ感電したようです。
f0106597_05392353.jpg
夜は、ポンピドゥセンター近くのガレット屋さんで、ガレットとシードル♩
初めて食べたガレットは素晴らしく美味しかった!クレープとガレットの違いが、今まで良く分からなかったのですが、パリで実際に食べてみて、チーズやプロシュットを挟んだ塩味のものは、そば粉生地を薄く焼いたガレット、砂糖味の甘いものは、小麦粉の生地を焼いたクレープなのだと言うことを知りました(合ってる?)

パン屋さんでも、オヤツ用に、4つ折りにしてお砂糖をかけただけのクレープが売られていました。庶民的な食べ物である感じが、4つ折りにしたナポリのピッツァ・ア・ポルタフォーリオ(財布型のピザ)みたい(笑)。

引きずりましたが後ちょっとだけ、パリ話が続きます。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

# by lacasamia3 | 2016-12-05 05:51 | トスカーナ山暮らし | Comments(1)