フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン
f0106597_01354477.jpg
ポルトヴェーネレはカラフルでとっても可愛い小さな街でした。
チンクエテッレの村ではないのですが、遊覧船で1つ目に訪れる街です。ここで下船して、街の散策♩城門から入り、カラフルな建物のメインストリートを抜けて、一番端っこの教会まで徒歩7分、500m程。
f0106597_01405789.jpg
ここが街の入り口、船着き場のすぐ横にあります。

f0106597_01413273.jpg
ブーゲンビリアが美しかった!
お昼に食べたTestaroli (テスタローリ)が初めての不思議な食感で、ジワジワ来る美味しさでした。予め焼いた、厚焼きのクレープの様なテスタローリを、四角く切ってお湯で茹で、ジェノバペーストをかけて食べます。モチモチして、なかなか美味しい。これはまた食べてみたい!
さすが土地柄、ジェノヴァペーストを売るお店が沢山ありました。
f0106597_03185030.jpg
村はずれにあるサンロレンツォ教会は是非訪れるべし。
階段がツルツルなので、靴は、お洒落靴ではなく、歩き易いウォーキングシューズが良いです。
f0106597_03205345.jpg
教会内部は縞模様が美しく、独特の静けさがあります。
f0106597_03222703.jpg

教会からの眺めも素晴らしい。海に面した教会って何とも言えない雰囲気があります。
f0106597_03233747.jpg
ご一緒したAさんも、金髪のシニョリーナも・・・
f0106597_03244912.jpg
眺めているのは、こんな風景。
断崖絶壁と青い海が印象的でした。

さて、再び遊覧船に乗って、いよいよチンクエテッレへ!

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

# by lacasamia3 | 2016-08-30 03:26 | フィレンツェから日帰りで行く町 | Comments(1)
f0106597_18151429.jpg
海の男(笑)。私たちはフィレンツェに戻ってから、再び、母とTさんと一緒に海に行きました。行った先は、チンクエテッレ。トスカーナ州を出て、お隣のリグーリア州に入った所にある、5カ所の小さな海辺の村です。
f0106597_18292089.jpg
今回は車で、ラ・スペツィアという街まで行き、港に車を置いて、遊覧船でまわって見ました。船が停泊するのは、ポルトヴェーネレ(ここはチンクエテッレの村ではないのですが、小高い場所にある眺めの良い教会が見所で、美しい村です)、リオマッジョーレ、凝るニーリア、ヴェルナッツァ、モンテロッソ(緑色の線)です。間、マナローラは船では行けないのですが、列車で行く事が出来ます(オレンジ色の線)。しかし、ポルトヴェーネレには、駅がないので、この村に行くには、車か船で行くしか方法がありません。列車は各駅停車で、ハイシーズンの昼間は、結構本数があるので、ポルトヴェーネレに行かない人は、列車で周る方法もあります。
f0106597_18344326.jpg
でも、海から眺める小さな海辺の街は格別な美しさでした。これを見るには、船で回るのが良いかも。ちょっとイベントっぽくて楽しかったですよ。乗り物好きの母は喜んでいました。




レンタカーで行かれる方は、ラ・スペツィアの港のすぐそばにある、Via Aldo Moroという場所の有料駐車場が便利です。
入り口を入ると正面と右横の2つの駐車場があるのですが、2階に上がる右横の方が空きがあります。ハイシーズンはそちらがお勧め。

遊覧船は、ゴルフォ・デイ・ポエーティという会社が運行していて、その場でチケットを買う事が出来ます。1人30ユーロの一日フリーパスだと、何回でも乗ったり降りたり出来るので便利です。

まだ、ページは作っていませんが、ラ・カーサ・ミーアのワンデイトリップで、ドライバーさんに、フィレンツェのご宿泊先から出発し、ラスペツィアの遊覧船の乗り場まで送ってもらい、終点のモンテロッソでピックアップをしてもらって、フィレンツェの宿に戻ってくると言う楽々プランを作ろうと思っています。時間の無駄がなくタップリ楽しめるし、万が一、海が荒れていて、船が出ない時は、ポルトヴェーネレまで車で行き、其の後は列車で他の村をまわるという変更も出来ます。
興味がおありの方は、サイトよりご相談下さい。

空と海の青さがまだ目に焼き付いているチンクエテッレの旅便り、まだまだ続きます・・・

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

# by lacasamia3 | 2016-08-27 12:35 | フィレンツェから日帰りで行く町 | Comments(1)

母とフィレンツェ

f0106597_01061821.jpg

さて、私たちがプーリアから帰って来た日の夜、日本から母と、母のお友達のTさんがフィレンツェに到着しました。
最初の1週間は、フィレンツェのど真ん中にあるアパートメントに滞在。イタリア語を習っている母。文法の宿題を沢山抱えてきました(爆)。結構真面目で、毎朝4時半に起きて宿題をやっています。これは上達が結構早いかも。
f0106597_01084648.jpg
先日、お友達に頂いた「ジヴェルニーの食卓」を読んで以来はまってしまった、原田マハの「楽園のカンヴァス」と「カフーを待ちわびて」を持って来てくれました。ヤッター!
f0106597_01111254.jpg
二人が泊まっていたのは、アパート、サンフィレンツェ。テラスからの眺めが素晴らしいアパートです。
f0106597_01130149.jpg
ここのアパートのベッドは分けられないダブルベッドですが、お婆ちゃん達は、ダブルベッドで仲良く寝てました(笑)。
f0106597_01135440.jpg
毎朝、6時30分の日の出を見に、二人でテラスに出ていたそうです。
そしたら、ある日、ドローンがブーンって飛んで来て、この、バルジェッロ美術館の塔に激突して、バラバラに大破したんだそうです。凄い瞬間を目撃!
f0106597_01154101.jpg
勿論、念願のリストランテ、アロマにも一緒に行けました!
シェフのマルコさんの性格が表れている様な、優しい、でもアクセントが利いたお料理はどれも絶品です。見た目も美しくて、素晴らしい時間を過ごす事が出来ました。
f0106597_01172525.jpg
特に美味しかったのが、このセコンドのカンパチ。カリカリに焼いた野菜と、甘い赤玉ねぎのジャムが添えてあります。
Ricciola con le verdure croccante
f0106597_01214157.jpg
勿論、デザートも♩
桃のタルトの生地が薄くて、余りにサクサクで、新たな食感。

AROMA 月曜定休 ランチ、ディナー
Via Ghibellina 67/r, 50122 Firenze
055 226 0038
週末は予約を入れられた方が良いと思います。

・・・というわけで、プーリア話の後は、日本のお婆ちゃん話が始まります。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

# by lacasamia3 | 2016-08-26 12:21 | フィレンツェお薦め処 | Comments(2)

海にさよなら

ラツィオ州の地震では、ご心配を頂きましたが、我が家は全く揺れず、トスカーナ州は何も被害はありませんでした。
かなり大雑把な地図で見ると確かに近い様に見えてしまいますが、被災地からは300キロ以上離れています。

美しかったであろう村が、この様に地震で崩壊してしまい、尊い命が、そして特に小さな子供達の命が奪われてしまった事に心が痛みます。近々、村祭りも予定されていたそうで、地元に帰省していた人々も多かったとか。地震や津波の自然の驚異は人の力ではどうしようもない事。でも少しでも被害が少ないに、そして、まだ生存者が救出される奇跡を祈っています。
f0106597_21065683.jpg

長く引きずってしまったプーリア滞在記ですが、今回でおしまい。
浜辺の野花達にもお別れをしてきました。

f0106597_21135563.jpg
美しく輝いていた海。

f0106597_21164921.jpg
今年も楽しい思い出を有り難う。
f0106597_21175380.jpg

また来年。

人気blogランキングへ
気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


# by lacasamia3 | 2016-08-25 21:19 | ユキちゃんと海 | Comments(2)