フィレンツェ田舎生活便り2

lacasamia2.exblog.jp

フィレンツェで山暮らしをするchihoの田舎便りです。フィレンツェの街歩き情報、イタリア風家庭菜園、お勧めレストラン現地情報、日帰りで行ける街の情報など。フィレンツェの滞在型アパートの紹介サイト「ラ・カーサ・ミーア」を運営しています。

ブログトップ | ログイン
f0106597_21321276.jpg
昨日の晩ご飯は、GAS(有機の農産物を共同で購入するグループ)で注文購入したオーガニックのヤギのチーズとサラダ。
美味しいパンと、このヤギのチーズ、それに畑のサラダがあれば十分満足♩

グレーヴェ・イン・キャンティ村の郊外で作っている有機農家さんのチーズ2種類です。フィレンツェのオーガニック市にも出しているので、おらが村のチーズ担当のメンバーが、皆の分を取りに行ってくれました。ヤギ臭いんですが(笑)それがクセになります。皮も食べちゃう。

今、GASで買えるもの
・チーズ(牛、羊、ヤギ それぞれ別々の農家さんから)月1回
・野菜 週1回
・牛乳 週1回
・水車小屋のパン 週1回
・果物(イチゴ、チェリー、リンゴ、桃、洋梨などそれぞれ別々の農家さんから)季節の時に数回
・肉(牛、豚 それぞれ別々の農家さんから) 年に2回
・鶏、ウサギ 週1(オーダーがある時に)
・オーガニックのコスメ 洗剤 年に2回
・乾燥パスタ 年に2回
・魚 月1回
・オーガニックコットンの子供服 年に2回
・エコ石鹸、洗剤 年に2回
・お米 年に4回

それにしても相変わらず、GASには新しいメンバーが入り続けていて、辞める人が居ないので、ジワジワと人数が増えています。皆、良く続くよね(って私もそうだけど)。一過性のあるブームではなく、いわゆる1つの社会の変化となりつつあります。




f0106597_21350178.jpg


夕方、バラの花殻を剪定を兼ねてを切り落としていたら、チクッと親指の付け根に激しい痛みが!ぷーんとアシナガバチ目の前を飛び去って行きました。そして見る見るうちに親指が腫れてしまいました。ヒー。

こんな時は生のニンニクをすり込むのが一番!早速アントネッロにニンニクを剥いてもらい、患部にゴシゴシと擦り付けると、見る見るうちに痛みや痺れが治まり、腫れもすぐに引きました。
これは、プーリアの義父さんから教わった対処法。昔、プーリアでラヴェンダーを摘んでいた時に同じ様に刺されたのですが、畑からニンニクを抜いて、剥いて、患部に擦り付けてくれたお陰で、すぐに痛みが引きました。だから私にとっては、蜂に刺されたら→すぐにニンニク(笑)。

ニンニク臭くなるけど、効果は抜群です。今の時期、ガーデニングをする時は、ニンニクをエプロンのポケットに入れておくと良いかも。万が一刺されてしまった時に、便利です。

是非お試し下さい♩


6月の更新記事のお知らせです。お読み頂ければ嬉しいです。



気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


# by lacasamia3 | 2017-06-23 00:01 | GASな人々 | Comments(0)
f0106597_02553014.jpg

先日、B&Bサンレミージョから出てきたら、何やらカラフルなフィアット、チンクエチェントが連なって走ってきました。
あはは、これ、ツーリスト用のレンタカーです。もう一台白もあって、可愛いイタリアンカラーで一緒にフィレンツェの市内から多分ちょっと郊外もドライブするんだと思います。
f0106597_02573977.jpg
イタリアでベスパに乗ってみたいとか、チンクエチェントに乗ってみたい!という夢を叶えてくれるツアーです。アクティブだなあ・・・。参加しているのは主に欧米のツーリストが多くて、ツアー会社のスタッフが同じくベスパで先導しています。なかなか楽しそうですよ。


f0106597_03022813.jpg
ヘルメットも可愛い。

気をつけて行ってらっしゃーい!

f0106597_03064089.jpg

私はその後、サンレミージョの斜め前くらいにある、ディッタ・アルティジャナーレでサクッとお昼ご飯。
ここのクロワッサンのサンドイッチがおいしいです。

f0106597_03075261.jpg

勿論、コーヒーも♩
ここのB&Bに泊まったら、毎日通っちゃうかも。お勧めのトラットリア、デル・ファジョーリもすぐそばです。

f0106597_03111372.jpg
DITTA ARTIGIANALE ディッタ・アルティジャナーレ
Via dei Neri 32R, Firenze
月〜金 8:00-0:00 土日 9:00-0:00 無休

6月の更新記事のお知らせです。お読み頂ければ嬉しいです。



気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪





# by lacasamia3 | 2017-06-22 03:16 | フィレンツェという町 | Comments(4)
f0106597_07034678.jpg
ラーラは待ってます・・・

f0106597_07054136.jpg

ユキがピッツァを切り分けるのを(あげないけど・笑)

f0106597_07074625.jpg


今晩は久しぶりにピッツァでした。
夜9時頃、まだ明るいけど、ふっと涼しい風が吹いてきます。
f0106597_07090134.jpg

畑では、10日ほど前から、キュウリ、ズッキーニが採れ始めました(嬉)。
今回は、ピッツァを少なめにして、それぞれ1人ずつにガスパチョを1杯。去年から、もはや我が家の夏の定番メニューに仲間入りしたガスパチョ。畑で沢山採れるキュウリとトマトを利用出来る便利な一品です。

キュウリ、トマトをミキサーにかけて(我が家はキュリ多め)、レモンを絞り、オリーブオイルと塩で味付けします。これを冷蔵庫で冷やして、トマトの角切り、赤玉ねぎ、パプリカ、ミントやメリッサ、イタリアンパセリなど好みの野菜をトッピングとしてたっぷり目にのせて出来上がり♩

これを飲むと、何だろう・・・体の中からエネルギーが湧き出る様な、野菜のパワーを頂く感じ。見た目は青汁みたいなのに(笑)ユキはこのスープが大好き。毎日ガスパチョでも良いんだそうです。暑かった昼間を忘れさせる様な、心地よい冷たいスープ。スッと胃に入ります。

明日は始発列車である所に行くんですが、アントネッロが寝室から「おーい、明日の朝早いんだろ。早く寝ろよなー」と言った10秒後にzzz..といびきをかいて寝落ちしていました。早く寝たかったのは君だね。

はい、そろそろ寝ます。おやすみなさい♩


6月の更新記事のお知らせです。お読み頂ければ嬉しいです。

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪


# by lacasamia3 | 2017-06-21 07:15 | フィレンツェで畑 | Comments(2)
f0106597_19591468.jpg
ここ数年、サイトで紹介しているフィレンツェのB&Bは、定番で落ち着いていましたが、今回、縁があり、新たなお勧めB&Bを見つけました♩
全部で6部屋という小さな宿、B&Bサン・レミージョです。
f0106597_20022409.jpg
お部屋のインテリアが所々、とっても可愛くて、気に入りました♩
ゲストを迎えるのは、体が大きくてとっても親切な旦那様、シモーネさんなんですが、インテリアは全て奥様が選ばれたのだそうです。カーテンとかリネンの趣味が素敵。しモーネさんとこの可愛い内装のギャップが可笑しい(笑)。
f0106597_20042722.jpg
全部屋にシャワータイプの浴室が付いています。オープンして、まだ2年なので、全てがピカピカです。
f0106597_20062025.jpg

そして、いつも宿を選ぶ時にこだわるのが朝ご飯。「ベッド・アンド・ブレックファースト」なので、朝ご飯は重要です。
昨日は、B&Bの朝ご飯を試食しに行ってきました(役得!)
f0106597_20071199.jpg
ここには、大きなダイニングテーブルがあって、朝8時〜11時の間の好きな時間に、宿泊客が皆でテーブルについて朝食を食べます。勿論、お一人様テーブルもあるけど、こんな風にして皆で「ボンジョルノ!」って言いながら朝ご飯を食べるのも楽しいかも。
f0106597_20085368.jpg
ここは、トースト用のハムやチーズも用意してあるけれど、カスティリオーネと比べると、甘いものベースのイタリア式の朝ご飯。
勿論,ブリオッシュも各種置いてあって,セルフサービス。
f0106597_20102959.jpg
そして、ここの朝ご飯の一番の魅力は、奥様が毎日日替わりで焼く手作りケーキ。365日毎日焼くのは本当に大変だと思うのですが、美味しいケーキが置いてあります。



中で食べるも良し、
f0106597_20115738.jpg


トレイを借りて,外のテラスに持って行って食べるのも良し♩

f0106597_21403985.jpg
このケーキ,しっとりしていて本当に美味しかった♩
上はチョコレートが少しかかっています。

奥様はB&Bにはいらっしゃらないのですが(お掃除のシニョーラは居ます)、宿の所々に奥様のセンスや気配りが感じられて、内助の功だよねーと感じたのでした。
この宿の詳細はこちら、フィレンツェのB&Bサン・レミージョからご覧下さい。


6月の更新記事のお知らせです。お読み頂ければ嬉しいです。


気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

# by lacasamia3 | 2017-06-20 05:17 | フィレンツェのお勧めB&B | Comments(0)